歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯の神経の治療はなぜ何回もかかるのか?実は90%が3回以内に終わる

free

歯の神経治療が長くなるといつ終わるのか不安になりますよね。また、何度も何度も通わないといけないので仕事や家事で時間が取れず、途中で挫折したくもなります。
本当にこんなに時間がかかるのか、このままこの歯医者で治療を続けていて治るのか。こんな悩みにお答えします。

歯の神経の治療の回数から、歯の神経治療が早く丁寧に終わる歯医者の見分け方まで、詳しくお話ししますので参考にして見てください。

1.90%が3回以内に終わる歯の神経の治療

1111_Gutmann_051〜3回かかる人

歯の神経の治療の90%は1〜3回で終わります。始めて神経の治療をする歯は、3つのことをします。歯の神経を取る、消毒する、お薬を詰めるです。そして歯の神経の管は1〜4本あり、この3つの治療を全ての管に行うため、管の数が多いほど時間がかかります。例えば神経の管が1、2本の場合は1、2回、3、4本の場合は2,3回かかります。

始めての歯の神経の治療の時に細菌が神経の管に残ってしまうと、何年かしてからやり直さなくてはいけなくなるので、歯の神経の治療は一回目が重要なのです。

4,5回かかる人

歯の神経の治療の7〜8%は4,5回かかります。初めの歯の神経の治療がうまく行かず、根の先に膿がたまってしまったり、歯の痛みを我慢してそのままにしていたら神経が死んで、根の中が腐ってしまうと、根の中を消毒するのに時間がかかってしまいます。

例えば、歯の神経の治療をやり直す場合、以前いれたお薬を一度取ってから、消毒をします。お薬は細菌が入らないようにするためしっかり詰まっていて、溶かしながら取って行きますので、始めての神経治療より、余分に時間がかかってしまいます。

images (8)6回以上かかる人

歯の神経の治療の2〜3%は6回以上かかります。お口の中の細菌が歯だけではなく、顎の骨まで広がってしまうと、消毒するのに時間がかかります。

例えば、神経の治療をしている途中に歯医者に行けなくなって、時間が空いてしまうと、仮の蓋のすき間からお口の中の細菌がどんどん入り、周りの骨を溶かします。歯だけではなく周りの骨も治るのを待たなくてはいけないために多くの時間がかかってしまいます。

2.歯の神経治療が早く丁寧に終わる歯医者の見分け方

MTA2-1.歯の神経をできるだけ残してくれる歯医者

歯の神経をとってしまうと、歯の寿命は短くなってしまいますし、治療回数も増えてしまいます。虫歯が深くてもできるだけ神経を残してくれる歯医者を選びましょう。

10年前とは違い歯の神経を残す方法も新しくなって、虫歯が神経まで広がっていても強い痛みが無ければ神経を再生させる薬(MTA)で神経を保護して神経を残すことができるようになりました。詳しくは「歯の神経を抜く前に知っておきたかった7つのことと最新治療法」を参考にしてください。

2-2.予約の時間を30分以上とってくれる歯医者

歯の神経の治療は細かい管をきれいにして消毒していきます。唾液が根の管の中に入らないようにするためマスクをしたり、仮のふたをとったり準備にも時間がかかります。15や20分の予約時間ではちょっとお薬を変えただけで終わってしまい、何度も通わなくてはいけません。

口を1時間、開け続けるのも大変なので大体30分くらいの予約で治療をしてもらえると治療がスムーズに進みます。もちろん治療を受ける側もキャンセルしないように約束を守りましょう。

2-3.根の中に細菌が入らないようにマスクをしてくれる歯医者

歯の神経の治療の大敵は細菌です。この細菌は唾液の中に多くいます。根の神経の管を消毒する際、唾液が中に入ってしまうと痛みが続いたり、何年かした時、やり直しをしなければいけなくなることがあります。

そのためにマスク(ラバーダム)やZOO(ストローみたいな管)を使って、絶対唾液を根の中に入れないようにして治療をしてくれる歯医者を選びましょう。詳しくは「歯の寿命はこれで決まる!歯の根の治療の根管治療と全情報を大公開」を参考にしてください。

IMG_01132-4.拡大鏡を使ってくれる歯医者

歯の神経の治療は目では見にくい細かい管を探します。肉眼では限界があり、その管を取り残してしまうと痛みが取れなかったり、根の先の膿がたまったりいつまで経っても治療が終わりません。

何倍もの拡大したレンズから見て、取り残しのないように確認してもらいながら治療をしてくれる歯医者を選びましょう。

ct-172-5.複雑な根の形をCTで確認してくれる歯医者

歯の神経の管は曲がっているものもあれば、二手に分かれているものもあります。曲がっている方向は、普段見ている2次元のレントゲンでは見ることはできません。見えないものを手探りで行っても時間ばかりかかってしまい、いつまで経っても根の治療は終わらないので、CTで根の方向を確認しながら治療を行ってくれる歯医者を選びましょう。

Tri-Auto-mini2-6.神経の汚れを早く取るための器具を使ってくれる歯医者

歯の神経治療の最後は、神経の入っていた管の中に薬を詰めることです。この薬を詰める時に管がスムーズな形をしているとしっかり詰められます。この形を形状記憶のファイル(根の治療に使う針金)で行うと手で形を整えるより、時間が1/3以下になります。治療時間を極力短くしてくれる歯医者を選びましょう。

3.歯の神経治療後に痛みが出た時の対処法

3-1.歯の神経を取る治療後に痛みが出たら

歯に痛みがあって神経を取る治療をしたのに、噛むと痛いなどの痛みが出ます。また、歯の根の中に薬を入れる時も、空気が入らないように圧を加えるために、刺激で痛みが出ます。一時的な痛みが多いので痛み止めを飲むか、噛むと痛みが強い時は噛み合わせを調整してもらいます。詳しくは「いつまで続くこの痛み!歯の治療中、治療後の歯痛の原因と対処法」を参考にしてください。

3-2.歯の根の治療中、歯茎が腫れることがある

歯の神経が死んでしまい、根の治療をすると歯ぐきが腫れることがあります。今までは根の中が腐っていたために、細菌が多くなり、膿がどんどんたまっていました。

根の汚れを取ると今度は体がその細菌を外に出したがり、根の中からだけでなく歯ぐきの方へ出そうとするために歯ぐきが腫れます。心配せずに歯医者さんで膿を出してもらい、抗生物質で悪い細菌を叩けばすぐに落ち着いてきます。詳しくは「歯茎が腫れた時、自宅でできる応急処置と治療法」を参考にしてください。

4.歯の根の治療をしても治らない時、次の一手

残念ながら神経が死んでしまい、一度膿が溜まると根の治療をしても治る確率は70~50%です。また、何度消毒しても根の先の痛みが取れない場合もあります。これは根の先が腐っていたり、割れていたり、根の中からの消毒では治らない状態になっています。だからといってすぐに抜くわけではありません。次の一手があります。

一つは根の先と膿の袋を歯ぐきの方から取る治療法(歯根端切除術)です。歯ぐきの方から膿を取り、根の先にお薬を詰めます。例えば、前歯にセラミックを被せてある場合、根の治療をするとセラミックを壊さなければなりません。こんな時にも歯根端切除術は使えます。

二つ目は歯を一度抜いて悪い部分を取り、戻す治療法(歯牙再稙法)です。奥歯は骨が厚く歯根端切除術は使えません。そこで歯牙再稙法を使い根の先に溜まった膿を取り、根の先にお薬を詰めて戻します。もちろん全ての歯に使える方法ではありませんが一度、抜歯をする前に歯医者で相談して見てください。

詳しくは「歯の根の先に膿が溜まる歯根嚢胞/8つの症状と治療法」を参考にしてください。

まとめ

近年、歯の治療も進化し続けています。歯の神経を残す為のMTAセメント、神経を取る時に使う拡大鏡、根の状態を確実に診断する歯科用3DCTなど新しい治療法や機材が増えています。

歯の神経が無くなると歯の寿命は確実に短くなり、幾ら新しい治療法が増えても歯は削れば削る程、薄くなり最後は割れてしまい、こうなると抜歯しなくてはなりません。歯医者で自分にはどの治療が適しているか、相談して見てください。きっと良い治療法が見つかるはずです。

注意:このページに記載されていることは一般的に起こることです。個人差が有りますので全ての人に起こることではありません。詳しくは歯科医院にてご相談下さい。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

おかざき歯科クリニックの根管治療の流れ

おかざき歯科クリニックでは最大限抜歯を回避する治療理念のもと治療を進めていきます。


根の治療の正確さによって歯の寿命が大きく変わってしまいます。


おかざき歯科クリニックでは、正確な診断と超精密治療により根の中の汚れをきれいにし、治療を進めて行きます。



ご予約はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. 山田 太郎 より:

    私も、近くの歯医者で50年間治療しています。そこは親子2代で歯医者をされています。
    50年間の間に他の歯医者にも行きましたが、親・子どもとも大変うまく満足しています。
    しかし治療期間が非常に長いことが問題。
    奥歯1本を被せるのに約半年。歯医者の先生いわく、「今は歯の全体のケアーを完全に済ませてからでないと保険で治療ができないことになっている」と言われるが。それ本当?
    2~3カ月間はケアー治療4カ月目でやっと奥歯の1本の治療が始まります。回数にして4回ほどで歯はかぶります。
    また、その後ケアーに2カ月、1本の歯を被せすべて終わりと歯医者言われるのに約6カ月かかります。
    それでも、大変上手なので十分満足しています。
    もっと短い期間で治療してくれる歯医者に替わりたいが他の歯医者では満足のいく治療が受けられないため(技術が下手)、期間が長くても、技術の上手な親子2代の歯医者に50年間通っています。

    1. hanoadmin より:

      いい歯医者に通われていますね。おかざき歯科クリニックでも歯茎のケアが行われないと治療を行うことができません。汚い状態でいくら治療をしても、いい治療ができないからです。そのため歯周治療で2、3ヶ月は必要となり、その後歯の治療に移ります。多くの患者さんは元の状態に戻らないように定期的にメンテナンスに通われています。これからもその素晴らしい歯医者に通い続けてください。

  2. 山下 英子 より:

    下右奥2本をインプラントをしました。それにともない上奥2本もかみ合わせが悪いと言って全く健康な歯を神経を抜いてそのあと奥の1本が違和感がありましたが1本5万円2本で10万円もする歯を痛いまま仮止めで被せてしまい2年ぐらい痛いまま使っていましたがいよいよ固いものが噛めなくなりその歯の被せを外すことになりわかったのですが2本の歯を1本づつでわなく2本つづきで被せていたことがわかりその被せが取れなくなり2本とも抜かないといけないといわれ驚きました。1ぽん5万円の歯は1本づづ別々に被せていたら奥の1本のみ被せを外すことができ最悪1本だけ抜けば良いのではないのかと思うのですが、大坂歯科大学付属病院で見てもらったら、その奥の1本が病気になっているとのことで痛くなったら抜かないといけないそうです。それだったら1本だけインプラントにできるのではとかんがえていますが2本の歯の被せがつづいているため2本とも抜かないといけなくなり納得がいかないとおもいますがどんなものだしょうか。もうその歯医者には通いたくありません。それで全部とはいいませんが自費の治療分の何割か返してもらうことはできないでしょうか?これからその歯医者に行って交渉したいとおもっています。

    1. hanoadmin より:

      大変な思いをされましたね。始めの状態や現在の状態の検査結果がわからないので私の方からコメントはできません。
      しかし、すべての治療がうまくいくわけではないので、多くの歯医者では保証期間というものがあります。
      治療をしていただいた歯医者が保証期間を設定しているのであれば確認し、必要であれば大阪歯科大学付属病院で診断書をいただき、
      相談してみてはいかがでしょうか。

  3. なるみかん より:

    11歳の頃に前歯一本が欠け神経を取り、被せをしました。その時まだ11歳だったので保険内の差し歯、プラスチックの歯ではどうか?と言われ母がプラスチックの歯にしたようです。徐々に差し歯が黄色くなり笑うとかなり気になってきました。保険外の差し歯で黄ばむ事なく他の歯を傷つけたり削れや割れることのない美しい歯をもともといるのですがどの種類の差し歯がいいですか?本気で悩んでいます。それとネットで調べたら差し歯や虫歯の詰め物で汗疱になると書いてあり、それは本当なのでしょうか?私は15歳の頃から汗疱が手に出るようになったのですが原因は差し歯の金属の可能性もありますか?
    また今年の3月にとある歯科で虫歯の詰め物をしてもらった途端、急に汗疱が今までにないぐらいひどくなってしまったのでやはり詰め物も原因でしょうか?

コメントを残す

*