マイクロスコープで精密な虫歯治療を行う横浜市東戸塚の歯医者「おかざき歯科クリニック」

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

虫歯ができ歯医者に行ったら思っていたより多く削られた、どんどん歯が削られなくなってしまわないか心配。このように虫歯治療をしなくてはいけないと思っていても歯医者に行くとそんなに歯を削らなくてはいけないのかと心配されている方も多いのではないでしょうか。もちろん虫歯が進行し、再生できない歯は削らなくては再発してしまいます。

しかし、虫歯治療を精密に行えばそこまで削る必要がない場合も多いのです。精密にと言ってもただ丁寧に治療をするのではありません。マイクロスコープという顕微鏡を使い、肉眼では見ることのできない虫歯を超精密に必要な部分だけを取り除くのです。マイクロスコープを扱うには高い技術と経験が必要です。

そこでおすすめなのが横浜市戸塚区の東戸塚にある「おかざき歯科クリニック」です。おかざき歯科クリニックはマイクロスコープを治療で使うことによって超精密な虫歯治療を行っています。精密な虫歯治療を希望の方は「おかざき歯科クリニック」をお勧めします。

1.虫歯治療をおかざき歯科クリニックで行った方がいい7つの理由

1−1.深い虫歯でも神経が正常であれば最新の薬で残す治療をしている

歯の神経は虫歯から歯を守ったり、歯が割れるのを防いだりする大切な役割があります。
おかざき歯科クリニックでは虫歯治療の時には手術用顕微鏡のマイクロスコープを使い感染した虫歯を取り除き、歯の再生能力の高いMTAセメントという材料で神経を極力残す治療を行います。

1−2.歯の根だけになっても一部の根を残したり、部分矯正で残す治療を行っている

虫歯が進行し他院では抜歯を勧められた歯でも、状態によっては歯を残せる場合があります。歯の根が複数ある場合には一部の根を残す治療や、骨の中まで虫歯が進行していても部分矯正で残っている歯を引き上げて使う方法など抜歯をする前に極力歯を残す治療を提案します。

1−3.治療中の痛みを無くす麻酔をしている

麻酔が効きにくく、痛みで治療ができない方がいます。そのような方の場合は麻酔を追加しながら治療を行います。また、通常の麻酔ではなかなか効果がない場合は広範囲に効く麻酔を行い、痛みを最小限にして治療を行います。

1−4.20倍以上拡大できるマイクロスコープで超精密な治療を行っている

近年はTVでも広告が行われ、拡大鏡は一般の方にも使われるようになって来ました。歯科治療でも3倍程度の拡大鏡で治療を行う歯医者が増えています。しかし、虫歯は一般に使われるか拡大率では精密な治療を行うことは困難です。おかざき歯科クリニックは手術用顕微鏡のマイクロスコープを使い、20倍以上の拡大を行って精密な治療を行います。

1−5.初期虫歯や進行していない虫歯は削らずフッ素で硬くしている

虫歯を一度削ってしまうと一生涯やりかえ続けなくてはいけなくなります。おかざき歯科クリニックはそのような虫歯の悪循環を起こさないため、初期の虫歯や進行が止まっている虫歯は削らず、フッ素で硬くします。そのためにも虫歯ができない口の中の環境づくりを先に行います。

1−6.写真や動画、レントゲンで自分の歯の状態を説明してくれる

歯医者で自分が思っている以上に歯を削られた経験がある方も多いと思います。おかざき歯科クリニックでは口の中の写真や動画、レントゲンを治療前や治療中に撮影することで歯の状態をわかりやすく説明します。

1−7.虫歯を繰り返さないように予防歯科を行なっている

せっかく虫歯を治しても、また、虫歯ができれば治療をしなくてはいけません。おかざき歯科クリニックでは虫歯を治療するだけでなく、できないように予防する予防歯科を積極的に行なっています。

2.虫歯治療の費用

おかざき歯科クリニックではマイクロスコープで行う虫歯治療やMTAセメントは保険診療内で行なっております。そのため保険診療3割負担の方で1回数千円程度になります。

3.虫歯の治療例

おかざき歯科クリニックでは歯の神経を残す治療や虫歯の治療の多くをマイクロスコープで行なっております。

治療例1 歯の神経を残す治療

症状はありませんが虫歯が深くまで進行した歯の治療です。虫歯を取って行くと歯の神経の一部が出ています。最新の薬MTAセメントで神経を保護する治療を行なっています。

治療例2 小さな黒い点から中に広がった虫歯の治療

小さな黒い点から中に広がっていた虫歯を、マイクロスコープを使い極力歯を削らずにプラスチックのコンポジットレジンで治療した例をご紹介します。

治療例3 初期虫歯を削らずに治す方法

一度削ってしまった歯は繰り返しの治療が必要になります。初期虫歯を削らずにフッ素で硬くし、経過観察する方法を紹介します。

4.おかざき歯科クリニックで行なっているその他の治療項目

4−1.マイクロスコープで行われる精密な根管治療

おかざき歯科クリニックの根管治療はマイクロスコープ、CTレントゲン、ラバーダムを使い再発の少ない精密な根管治療を行なっています。基本的には全ての治療は保険診療内で行います。詳しくは【動画】「歯の根の治療の根管治療を成功させる方法」を参考にしてください。

4−2.溶けた骨を再生させる歯周病治療

歯周病で失われた歯の周りの骨を再生させる治療を行います。最新の薬のエムドゲインは歯の周りの骨を作りやすくするタンパク質です。詳しくは【動画】「歯周病でグラグラする歯の周りの骨をエムドゲインで再生する方法」を参考にしてください。

4−3.失った歯を取り戻すインプラント治療

歯を失った場合、前後の歯に負担をかけないインプラント治療を行います。おかざき歯科クリニックではCTレントゲンやガイデッドサージェリー(パソコン上で設計したインプラントの位置を正確に反映させる方法)を使い正確なインプラント治療を行っています。詳しくは【動画】「痛みの少ないインプラントで新しく歯をつくる方法」を参考にしてください。

4−4.腫れや痛みの少ない親知らず抜歯

おかざき歯科クリニックでは90%の親知らずの抜歯を行なっています。横向きや斜めに生えた親知らずも抜歯することが可能です。詳しくは【動画】「腫れや痛みの少ない横向きの親知らずの抜歯法」を参考にしてください。

4−5.親知らずを活用する歯牙移植

若い方が歯を失ってしまった場合にはインプラントでなく、歯牙移植を行う場合があります。インプラントより生体親和性が高いため、10年以上持つものもあります。詳しくは【動画】「歯を失った部分に反対側の親知らずを移植し、左右の歯の数を合わせる方法」を参考にしてください。

まとめ

近年マイクロスコープが多くの歯医者で導入され始めました。しかし、治療技術が未熟であったり、使い慣れていないにも関わらずマイクロスコープで治療するからといって自費診療にしている場合もあります。おかざき歯科クリニックでは保険診療、自費診療関係なく全ての治療でマイクロスコープを使い、精度の高い治療を提供しています。

歯のブログを書く私が、本当に信頼している歯医者はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*