歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯茎が腫れた時、自宅でできる応急処置と治療法

shutterstock_4866733

歯茎の腫れは痛みも少なく、時間が経つと治まってしまうこともあり、そのままにされている方も多いのではないでしょうか。実は、その腫れはその後に起こることのサインなのです。急に腫れが大きくなったり、歯茎の中の骨がとけてしまったり、歯茎は体の変化を感じやすい反面、症状がわかりにくいことも多いのです。今回は歯茎が腫れた時の応急処置や腫れる原因と治療法を詳しくお伝えします。是非、参考にしてください。

1.歯茎が腫れたとき自宅での応急処置

注意:この方法は根本的な解決方法ではなくとりあえず改善する方法です。

1-1.腫れが強いときは冷やす

腫れが強く自分でさわっても判るくらい腫れているようであれば、ぬれタオルや、冷えピタなどで冷やします。冷やすことによって腫れを抑えることができます。腫れている部分には膿が溜まっていることが多く、そのままにしておくと痛みが強くなってきます。

1-2.腫れて痛みが強い場合は市販の痛み止めをのむ

free歯茎が腫れて痛みが強い場合はとりあえず市販の痛み止めを飲んでください。現在市販されている痛み止めは医療機関で出されるものと成分が近いものが販売されています。痛くて何も食べられず体力が低下するより、痛み止めを飲んで体を楽にしてあげてください。詳しくは「ロキソニンやロキソニンSで歯痛を効果的に止める方法と注意すべき副作用」を参考にしてください。

1-3.柔らかい歯ブラシで磨く

歯茎が腫れているときに歯磨きを頑張りすぎてしまうと、逆に歯茎を傷つけてしまい、腫れが強くなってしまうことがあります。腫れが強いときは柔らかい歯ブラシで磨き、腫れが引いてきたら普通の固さの歯磨きで磨くようにしてください。また、多少の出血は気にせず磨いていけば、徐々に落ち着いてきます。

1-4.うがい薬 で口の中を消毒する

イソジンやコンクールなどの殺菌作用が強く、刺激が少ないうがい薬で消毒してください。リステリンなどアルコール成分の強いものは逆効果になる為、避けるようにしてください。

1-5.安静にして体力を回復する

歯茎の腫れは疲れていたり、寝不足であったり体の調子が悪いときに起こります。体の抵抗力が落ちているため、体が細菌を外に出せずに膿を溜めてしまいます。腫れが強く、食事がとれない時は高カロリーのゼリーなどを食べ、安静にし体力を回復してください。

2.歯茎が腫れる原因と治療

2-1.歯の根元辺りの歯茎が腫れて膿が出る

歯の神経が死んでしまったり、根の治療が不十分な場合、根の中の細菌が顎の骨の中に入って膿の袋を作ります。この膿の袋が大きくなると歯茎が腫れてきます。中に溜まった膿は歯茎に小さな穴を開けて少しずつ出てくる場合もあれば、痛みを伴って大きく腫れてしまうこともあります。

000000

治療法

根の中の細菌は自然になくなることがないので、根の治療をして中の細菌を全て取り去る必要があります。詳しくは「歯の神経の治療はなぜ何回もかかるのか?実は90%が3回以内に終わる」を参考にしてください。

2-2.歯の周りの歯茎が腫れて膿が出ている

歯周病が進行すると歯と歯茎のすき間が深くなってきます(歯周ポケット)。歯周ポケットの中に細菌や歯石が溜まり、歯茎が腫れてきます。そのままにしておくと急に歯茎が大きく腫れて、痛みが強くなることがあります。

治療法

歯周病の治療をする必要があります。歯ブラシやデンタルフロスを丁寧に行い、歯茎の周りに細菌を残さないようにします。また、歯茎の中の歯石を取り、細菌の住みかをなくすようにします。詳しくは「30代以上の方必見!歯周病に負けない5つの知識と3つの治療法」を参考にしてください。

2-3.歯茎がコブのように腫れている

心臓病や高血圧の薬を飲み続けると歯茎がコブのように盛り上がることがあります。細菌が溜まりやすく、歯周病が悪化してしまいます。

0000002

治療法

主治医の先生に薬の変更が可能か確認します。薬の変更が可能であれば歯茎を切除します。しかし、薬を飲んでいる方の場合、外科的なことができないことも多く、月一回程度のクリーニングで細菌が溜まらないようにしていきます。

2-4.歯茎が腫れて歯ブラシが当たると痛い

疲れや寝不足で体の抵抗力が急に落ちると歯茎が腫れて、歯磨きができないほど痛くなってしまうことがあります。また、アレルギーや細菌の感染によってもそのようなことが起こることがあります。

DSC_0032

治療法

内科を受診し、体に大きな病気がないか確認します。歯は柔らかい歯ブラシで磨いて、歯茎に傷をつけないようにします。また、消毒剤を歯茎に浸透させるためにマウスピースを作り、その中に消毒剤を入れ、歯磨き後に10分程度、歯茎に浸透させます。

2-5.親知らずが原因で歯茎が腫れる

親知らず親知らずは横や斜めに生えていることが多く、親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜り、歯茎が腫れ痛みが出ます。また、腫れて歯茎が盛り上がると、噛み合う親知らずに噛みこまれ、より腫れてしまいます。

治療法

かみ合わせに関係していないようであれば早期に抜歯をしたほうがいいです。抜歯をすることによって親知らずの前の歯に悪い影響が及ぶのが抑えられます。詳しくは「親知らずの痛くない抜歯法」を参考にしてください。

2-6.根の破片が残っていると歯茎が腫れる

乳歯や抜歯した歯の破片が残っている場合があります。普通は自然に吸収されることが多いのですが、吸収されずに残ってしまうと歯茎が腫れることがあります。

治療法

残っている根を取り除けばすぐに回復します。

2-7.炎症や腫瘍があると歯茎が腫れる

顎の骨や歯茎に癌や骨髄炎などの病気があると歯茎が腫れます。症状が出ないことも多く、注意が必要です。

治療法

口腔外科等で確認をする必要があります。抗生物質を使ったり、切除することもあります。

 2-8.口呼吸による歯肉炎で歯茎が腫れる

歯茎は常に唾液によって守られています。口呼吸がある方は上の前歯の歯ぐきがいつも乾燥してしまい、歯茎が赤く腫れてしまうことが多いです。

治療法

鼻呼吸に変えるトレーニングをして、口呼吸を改善します。また、歯茎が乾燥しないように口を閉じるように意識して、汚れも付かないようにします。詳しくは「口呼吸によって起こる9つの危険と6つの改善方法」を参考にしてください。

3.歯茎が腫れたように見える症状

歯ぎしりのある方にみられる骨隆起(こつりゅうき)

骨隆起は顎の骨が盛り上がり、コブのようにできることです。下顎の内側や、上顎の真ん中にできることが多く、一つであったり、多数できることもあります。歯ぎしりや食いしばりが強い方にできます。痛みもなくそのままにしておくことが多いです。まれに、入れ歯が作りにくいために取ることもあります。詳しくは「気づかない歯ぎしりで日本人の70%は歯を悪くしている」を参考にしてください。DSC_0433

まとめ

歯茎が腫れると膿が出たり、酸っぱい味の液が出たりして口臭が強くなります。また、歯茎の腫れは体が異常を訴えるサインでもあります。腫れが引いたからと言ってそのままにせず大事になる前に歯医者で確認してもらいましょう。

おかざき歯科クリニックの歯周病治療の手順

歯周病は、自覚症状がないままに悪化してしまいます。


気づいた頃には、重症になってしまっているということもあります。


おかざき歯科クリニックでは、最新で安全な治療方法を行なうことはもちろんのこと、自分の歯で一生涯過ごしてもらえるように、日々のケア方法やクリーニング方法をお伝えして行きます。



詳細はこちら

おかざき歯科クリニックの根管治療の流れ

おかざき歯科クリニックでは最大限抜歯を回避する治療理念のもと治療を進めていきます。


根の治療の正確さによって歯の寿命が大きく変わってしまいます。


おかざき歯科クリニックでは、正確な診断と超精密治療により根の中の汚れをきれいにし、治療を進めて行きます。



ご予約はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. みゆき より:

    私のスマートデンチマーは金具がついています、この情報の中ある保健の方です、18万支払いました、分割で支払いちゃんと明細を書いてくださいと言って初めて書いたなんかおかしいなというのはありました、どうしていいのか教えてください。

    1. hanoadmin より:

      スマイルデンチャーには一部金具が付いていたり、強度が必要な部分に金具を付ける場合があります。スマイルデンチャーに金具をつけた理由があると思いますのでで、かかりつけの先生に確認してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*