歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

欠けないセラミック!ジルコニアのメリット・デメリット

shutterstock_128380718

セラミック治療をしたけれど何度か欠けてしまい自分にはセラミック治療が合わないのかと思っている人は多いのではないでしょうか。セラミックの欠点は強い力が加わると欠けてしまうことです。しかし、実は欠けないセラミックでジルコニアという材料があるのです。ジルコニアはセラミックの中で最も硬い材料で、奥歯の被せ物のジルコニアクラウンという形で使われることが多いです。今回はジルコニアセラミックのメリット・デメリットをお伝えします。ぜひ参考にしてください。

sp_bnr_masai

1.ジルコニアとは

一般的なジルコニアはダイヤモンドの代わりとして使われるほど、硬く、透明感のあるものです。歯科用のジルコニアは同じような成分で白く、硬く、柔軟性のある材料に改良されたものです。今までのセラミックでは強度不足だったので、金属が使われていましたが、奥歯の被せ物のジルコニアクラウンやジルコニアブリッジができるようになりました。そのため、現在ではほぼすべての治療が金属を使わずに行うことができます。

2.ジルコニアセラミックのメリット

2−1.今までのセラミックより硬い

 今までのセラミックは奥歯の被せ物に使うと欠けたりすることがありました。ジルコニアクラウンにすることによって欠ける可能性がかなり減少します。噛み合わせの力が最もかかる一番奥の歯には最適な治療法です。

2−2.ブリッジやインプラントなど強度が必要なところでも使える

今まではブリッジやインプラントの土台は強度が必要なために、中に金属を使って強度を確保していました。そのため歯茎が黒く見えたりすることもありました。ジルコニアをつかうことによって、強い力が掛かっても折れることがなくなり、セラミックだけで治療が行えるようになりました。

2−3.変色や劣化を起こさない

ジルコニアは口の中で安定しているため変色や劣化を起こしません。口の中は酸性、アルカリ性、熱い、冷たいなど多くの環境に置かれます。ジルコニアは安定した材料のため環境の変化にも、長期間安定して口の中で機能します。詳しくは「セラミックの歯/彼らが銀歯にしない6つの理由」を参考にしてください。

2−4.金属より軽い

大きなブリッジの治療を行うと金属量が多くなり、左右のバランスが変わるほど重くなっていました。ジルコニアは金属の1/3の重さで作ることができるために、体のバランスを崩すことなく治療が行えます。

2−5.体に優しく金属アレルギーを起こさない

ジルコニアは体に親和性があります。金属は口の中に入るとイオン化し、金属アレルギーの原因になったり、歯茎を黒くしたりします。ジルコニアは口の中でも安定し、歯や歯茎に馴染み体に悪い影響を与えることがありません。詳しくは「お口の金属は大丈夫?金属アレルギーを悪化させないための7つの対策」を参考にしてください。

2−6.精度が高い

ジルコニアを被せ物やブリッジにする場合、3Dプリンターのようにパソコン上で設計し、ジルコニアの塊を機械で削り出します。金属のように溶かして作らないので、変形が起こらず精度が高いものができます。

3.ジルコニアクラウンのデメリット

3−1.今までのセラミックより透明感が少ない

ジルコニアは今までのセラミックより透明感が少ないため、主に奥歯の治療に使われます。前歯の治療に使う場合はジルコニアの表面に透明感のあるセラミックを焼き付け、きれいな歯に仕上げます。

3−2.歯より硬い

ジルコニアは歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷つけてしまうことがあります。そのためジルコニアで治療する場合、噛み合わせの調整の後、ジルコニアをよく磨いて噛み合っている歯を傷つけないようにする必要があります。

3−3.今までのセラミックより費用が高い

ジルコニアは今までのセラミックより2〜3割程度高めの費用がかかります。ジルコニアの被せ物を作成する際、歯科技工士が調整等行いますが、材料が硬いために時間がかかります。また前歯に使用する際はジルコニアに透明感のあるセラミックを追加する必要があります。

3−4.保険診療ではできない

今までのセラミック同様、保険診療では行うことができません。保険診療で認められている材料は金属、プラスチック、ハイブリットプラスチックです。何度もやり直して自分の歯を失うよりも、しっかりとしたジルコニアの治療をして、その後新たな虫歯を作らないように予防した方が将来自分の歯を残せる可能性が高くなります。

3−5.100%欠けないことはない

ジルコニアでも100%欠けない保証はありません。金属でも歯でも欠けることはあります。ただし、他の材料よりは格段に欠ける可能性は低くなります。

 4.他の材料との比較

  強度 審美性 費用 部位

今までのセラミック

歯より柔らかい 高い 7〜15万程度 主に前歯、小臼歯
ジルコニア 歯より硬い 普通 9〜17万程度 主に奥歯、すべての部位で可能
金属 歯より柔らかい 悪い 保険診療 すべての部位

5. ジルコニアセラミックで行った治療

5−1.ジルコニアブリッジ

金属を使わずにジルコニアセラミックだけでブリッジ治療を行う方法です。金属アレルギーや歯茎が黒くなることを防ぐことができます。

shutterstock_25133572

 5−2.前歯のジルコニアブリッジ

前歯のジルコニアブリッジはジルコニアの土台に透明感のあるセラミックを追加することによって審美性の高いセラミックにします。

shutterstock_230426437

shutterstock_109375595

5−3.ジルコニアアバットメント(インプラントの土台)

前歯のインンプラントの土台は、歯茎が黒くならないように白いジルコニアの土台(アバットメント)を使います。その上に通常のセラミックやジルコニアのセラミックの被せ物をして、審美性の高いものにしていきます。詳しくは「インプラント治療で残っている前歯を削らない!ブリッジより優れている5つのこと」を参考にしてください。

shutterstock_24778171

 5−4.奥歯のインプラント

奥歯のインプラントはジルコニアで、土台と被せ物を一体型にしてネジで取り外せる状態にします。一体化させることによって強度が増します。また、ねじ止めにすることによって土台と被せ物を付ける時の接着剤の取り残しを防止したり、メンテナンスや修理の際に簡単に外すことができます。ネジの穴はプラスチックで塞いでおきます。詳しくは「入れ歯が合わない方必見!奥歯のインプラントがもたらす10の効果」を参考にしてください。

shutterstock_115453981

6.セラミックが欠けやすい人の特徴

6−1.歯ぎしりが強い

歯ぎしりは夜寝ているとき、無意識に長時間、歯を擦り減らしています。そのため、周りの歯の高さが減ってくるとセラミック部分だけが高くなり最後に欠けてしまいます。歯ぎしりが強い人は自分の歯を守るためにマウスピースをお勧めします。詳しくは「歯ぎしりによって起こる怖い出来事/マウスピースがあなたの歯を守ってくれる」を参考にしてください。

6−2.食いしばりが強い

緊張していたり、何かに集中していると食いしばる方がいます。食いしばると顎が歪みいつも噛んでいないところが強く当たることがあります。そのためセラミックが欠けてしまうことがあります。自分で意識しながら、顎や肩に力が入らないようにリラックスすることを心がけてください。詳しくは「歯の食いしばりによって起こる危険/11の症状と治療法」を参考にしてください。

6−3.奥歯がない

本来大きい奥歯は2本あります。1本が失われると残りの1本に大きな負担がかかりセラミックが欠けてしまうことがあります。また、奥歯がなくなれば最終的には前歯も失ってしまう可能性があります。奥歯はできるだけ入れ歯ではなくインプラントで、周りの歯の負担を減らす必要があります。詳しくは「奥歯の抜歯後、そのままにすると顔の形まで変わってしまう!」を参考にしてください。

7.おすすめの歯医者

虎ノ門の『まさいデンタルクリニック

東京都港区虎ノ門1-1-23虎ノ門東宝ビル2階
http://www.masai-dc.com/ceramic/

03-1

まさいデンタルクリニックはセラミック治療を歯のブログがおすすめする歯医者です。院長はセラミックなどの被せ物の歯学博士を取得し、多くの学会の認定医でもあります。歯のセラミック治療をご希望の方は是非まさいデンタルクリニックでご相談してみてください。詳しくは「虎ノ門のまさいデンタルクリニック/セラミック治療がおすすめ」をご覧ください。

まとめ

ジルコニアによって歯医者で行われる多くの治療が金属を使わずに治療が行えるようになりました。歯は本来白いものです。白い歯を白く治療することが普通に今はできるのです。

おかざき歯科クリニックのセラミック治療の手順

おかざき歯科クリニックでは、セラミックで精密な治療を行ない、極力やり直しを少なくして、


残っている歯を保存することをオススメしています。



正しいセラミック治療を行なって、本来の白い歯を取り戻しましょう。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. アマミヤ より:

    初めまして、こんにちは。
    お世話になります。
    昨年に前歯二本をメタルボンドを外し、
    新たにファイバーコアの土台とジルコニアを入れました。
    ですが、注文したはずの色や形と違ったジルコニアが出来上がり、接着されてしまいました。
    接着した後に拝見した為
    外せずに未だそのままなのですが、
    ジルコニアを装着して2ヶ月程で
    歯茎が下がり中側の黒っぽいのが出てきてしまっているので、とても気になります。
    色もジルコニアの前歯二本だけ他の歯に比べて暗い色合いなのでとても気になってしまい、
    やり直しを希望していますが、
    ジルコニアはオールセラミックの様に、
    普通に削り落とす事は可能性なのでしょうか?
    その際、自分の歯根にダメージが入ったり、
    土台のファイバーコアもダメになってしまったりするのでしょうか?
    ご回答宜しくお願い致しますm(_ _)m

    1. hanoadmin より:

      ジルコニアは硬いので取るのは大変ですが、削り取ることは可能です。ファイバーコアは問題がなければそのまま使います。

コメントを残す

*