歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

入れ歯が合わない方必見!奥歯のインプラントがもたらす10の効果

shutterstock_156787064

奥歯の入れ歯が合わなくて悩んでいたり、使わなくなっている人も多いのではないでしょうか。小さな奥歯の入れ歯だと使わなくても噛めてしまうので、面倒になってしまいますよね。そこで顎に固定されているインプラントを奥歯に入れることによって、自分の歯と同じように噛むことができるようになります。奥歯がしっかり噛めることによって多くの効果が得られます。今回は奥歯のインプラントがもたらす効果と治療方法をお伝えします。是非、参考にしてください。

1.奥歯のインプラントがもたらす10の効果

1-1.入れ歯のように動かないので擦れて痛くならない

download (4)入れ歯は軟らかい歯茎の上にあるため使っていると、硬い入れ歯がすれてきて歯茎に傷や口内炎が出来たりします。傷がいつも同じ場所に出来続けてしまうと、癌の原因にもなることがあります。しかし、インプラントは骨に固定しているために歯茎が擦れて痛むことは無いのです。

1-2.おせんべいのような硬い物を噛むことができる

一本の奥歯には60kgの力が加わると言われています。奥歯の入れ歯にそれほどの力が加われば、歯茎を傷つけるか、入れ歯が割れてしまいます。耐えられるのはせいぜい噛む力の20~30%の力までです。奥歯のインプラントは歯と同じように骨に固定されているため固いものを食べても歯茎が傷つくようなことはないのです。

1-3.お餅のような粘着性の物を食べることが出来る

入れ歯は自分で取り外しを行わなくてはいけないため、お餅のようなくっ付くものを食べると一緒に取れてきてしまいます。入れ歯が浮いてしまった時に噛むと入れ歯が壊れてしまうこともあります。インプラントは自分で取り外すことがないため顎にしっかりと付いてお餅やガムなどくっ付くものでも自分の歯のように食べることができます。

1-4.取り外しのわずらわしいさが無くなる

入れ歯は食事のたびに外して洗う必要があります。入れ歯と歯茎の間に食べかすが溜まり口臭の原因にもなるからです。インプラントは自分の歯と同じように歯磨きやデンタルフロスで磨けるためお手入れが楽になります。

1-5.発音が明瞭になり、違和感が無くなる

入れ歯は強度を保ったり、ガタ付かないようにするため大きくしたり、歯にかけるフックを増やす必要があります。そのために話しにくかったり、発音が不明瞭になり、違和感が強くなります。インプラントは元々入っていた自分歯の大きさに合わせることができるために違和感なく話すことができます。

1-6.左右しっかり噛めるため顔の歪みが治る

奥歯の片方だけに入れ歯が入っていると、噛みにくいため反対側の奥歯だけでかむようになってしまいます。左右の筋肉のバランスが崩れ顔のゆがみが出てしまいます。インプラントをすることによって両方の奥歯でしっかり噛めるために顔の筋肉のバランスが整い、歪みが取れてきます。

1-7.頬を噛まなくなる

奥歯の入れ歯の場合、筋肉が使われないため頬がたるみ、内側の頬を噛みやすくなってしまいます。インプラントによって筋肉が張り、頬のたるみがなくなるために頬を噛まなくなってきます。

1-8.残っている歯を長くもたせることができる

奥歯は顎を支える重要な柱です。奥歯に力が入らないと残っている歯に負担がかかり、徐々に揺れたり痛みが出て抜かなくてはいけなくなります。奥歯のインプラントは残っている歯の負担を軽減し、長く持たせることができます。

1-9.見た目の恥ずかしさが無くなる

image奥歯の部分入れ歯の場合、残っている歯にフックをかけなくてはいけません。フックは2,3個必要なために残っている歯の状態によっては目立つところに付けなくてはいけないこともあります。インプラントは顎に固定してあるためにフックの必要がないため目立つことはありません。

1-10.歯が無いコンプレックスが無くなり自信が持てる

入れ歯は夜寝るときに外す必要があります。入れ歯を外してしまうと入れ歯によって支えられていた頬の張りが無くなり、老けた様に見えてしまいます。インプラントによって全ての歯がそろっていれば顔に張りが出て、自信が付き、人生にも張りが出てくる方が多いようです。

2.奥歯のインプラントのデメリット

2-1.骨の病気がある方は出来ない

インプラントは骨の中にチタン製の金属(インプラント)をいれ、そこを土台として被せものを立てていきます。骨粗しょう症や重度のリュウマチ、糖尿病の方は治療ができない場合があります。主治医や歯科医に相談してから行うようにしてください。詳しくは「インプラントの失敗と安全ガイド」を参考にしてください。

2-2.外科的な処置が必要

インプラントの処置は外科的な処置が必要です。親知らずの抜歯ほど腫れや痛みは出ませんが、一般的な抜歯程度には侵襲があります。現在はガイデットサージェリーといって歯茎を切らずに小さな穴からインプラントを入れるので、痛みや腫れはほとんどありません。詳しくは「痛くないインプラント治療と痛みの比較」を参考にしてください。

2-3.メンテナンスが重要

インプラントは人工物がお口の中に存在するためメンテナンスをしていかないと汚れが溜まってしまい、インプラント自体が歯周病にかかってしまうこともあります。定期的にクリーニングをして清潔な状態を保つ必要があります。詳しくは「インプラントの寿命を半永久的にするための7つの秘訣」を参考にしてください。

2-4.保険診療ではできない

インプラント治療は癌や腫瘍などで失った歯や顎を治療する際には保険は適用されますが、一般的には保険外診療となります。金額は1本30~40万円程度です。

3.奥歯のインプラントの治療方法

3-1.かみ合わせの模型の型どりとCT撮影をします

インプラント治療を希望されると詳しい検査をしていきます。かみ合わせの型どりをしてどのような位置にインプラントを入れるとしっかり噛めて、長く使えるかを検討します。その後、CT撮影を行いインプラントの位置を決定します。

3-2.インプラント診断と説明

CT撮影の結果をシュミレーションソフトで設計をしインプラントの位置、長さ、本数などをご説明します。また、治療の流れなどをもう一度詳しくご説明し、手術当日や終わった後どのようにしていればいいかなど不安な面を解消します。

3-3.インプラント当日ガイデッドサージェリーにて

インプラントの手術時間は手術用のマウスピースを使うことにより、シュミレーションソフトで設計したインプラントをずれないように同じ位置に入れることができます。小さい穴からインプラントを入れるため、余分な切開や骨を削る必要がないために、腫れや痛みも少なく、歯茎を縫うこともなくインプラント手術ができます。1本であれば20分程度で終わります。インプラントを入れた後はレントゲンで位置や方向を確認します。

3-4.3、4か月後被せものを作ります

インプラントと骨が付いてから被せものを作っていきます。奥歯が長期間なかった場合には顎の筋肉や噛み合わせが大きくずれている場合もあるので、お顔の位置関係も合わせて作っていきます。インプラントを入れることによって顎の筋肉が元の状態に近づいてきます。また、顎の位置や噛み合わせの位置が変化するため、期間を空けながら調整をしていきます。

3-5.定期的なクリーニング

インプラントは定期的にクリーニングをしていく必要があります。インプラントと歯茎の間に汚れが溜まり続けると、インプラントの周りの骨が溶けて抜けてしまうこともあります。インプラントを長期間使っていただくためにはメンテナンスは欠かせないことです。

4.治療例

4-1.右上の奥歯の入れ歯をインプラントにする

右上の入れ歯を入れていたがよく咬めないのでどうにかしたいとの相談でした。右上には取り外し式の入れ歯を使っていて、固いものなどはほとんど左でかんでいる状態でした。そのためお顔の筋肉が左だけ張って、右は筋肉が緩んで、顔が左右非対称になっています。今回は右の入れ歯の部分にインプラント治療を行い左右でしっかり噛める状態にすることを目指しました。

始めの状態

図3図1

インプラントに被せものをした状態

図5図6

4-2.右下の奥歯をインプラントにする

右下の奥歯に入れていたブリッジの歯が負担過重で折れてしまい抜歯しました。一度は入れ歯を使ってみましたが違和感が強く使えなかったために、インプラント治療を行いました。

歯がない状態               インプラントを入れた状態

図2

図3

 

 

 

 

 

 

被せものをした状態           インプラントを入れたレントゲン

図4図5

 

 

 

 

 

 

まとめ

奥歯を一本失うことによって周りに負担が広がり、徐々に他の歯も失われていきます。他の歯が失われる前に、インプラントで残っている自分の歯を守ってあげて下さい。

おかざき歯科クリニックのインプラントの特徴

インプラント治療をしたいと思っているけど、どんな治療をされるのか、どのくらい費用がかかるのか不安に思っている方も多いと思います。


おかざき歯科クリニックでは、安全第一の治療はもちろんのこと、患者様が納得するまで、どこよりも丁寧にお話をお聞きして、どこよりも丁寧にご説明を致します。


患者様がしっかりと納得された上で初めて治療を開始致します。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. 髙田 津木男 より:

    15年前に下の奥歯左右3本と2本インプラントにしましました、最近になって右のインプラントが動くので痛みが出まして、検査をして頂きました、結果は骨が老化現象でだめになってるから何もできないと言われました、それで医師の言うのにはインプラントの埋め込んである歯茎の消毒を続けて見ますの事で、私としては元の状態で何とか痛くならないように希望してますが、処置の方法がないのでしょうか?お尋ねします。

    1. hanoadmin より:

      インプラントが揺れるということは、インプラント周囲の骨がほとんどなくなっている可能性があります。そのまま使えるところまで使うか、インプラントを除去し、新たなインプラントを入れ直すかになります。

  2. デコ より:

    左の奥歯にブリッジを入れていたのですが、一番奥(奥から2番目は抜歯して無い状態)の根本に膿がたまり痛みが強く、最初の病院ではレントゲンを撮り抗生物質と痛み止めを下さり「3日ぐらいで落ち着いきますから、それから歯根の治療をしましょうとの事でしたが3日経っても痛みは収まらず、見てもらいましたが個人差があるので、もう少し厚生物質を飲みながら落ち着くのを待ちましょう。」でした。ですが、2日後にの夜中にすごく耐えられなく痛みがありましたので、夜間にもやっている別の歯科に行きましたら、抜歯しか方法がないと麻酔無しで抜歯すると言われ、さすがに耐えられないと思い麻酔をうって結局抜きました。痛みはおさまりましたが、その後義歯を作りますとの事ですが、部分入歯以外に何かいい方法はないのでしょうか?

コメントを残す

*