歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

インプラント治療で残っている前歯を削らない!ブリッジより優れている5つのこと

shutterstock_47325283

前歯を外傷や虫歯で失ってしまった時、ブリッジにすると残っているきれいな前歯まで削らなくてはいけないので、どうしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。しかし、実は前歯のインプラント治療をすれば残っているきれいな前歯を削らず、失ってしまった歯をきれいに治すことができるのです。今回は前歯のインプラント治療が前歯のブリッジ治療より優れている点をご紹介します。是非、参考にしてください。

1.前歯のインプラントがブリッジより優れている5つのこと

1-1.残っている歯を削らなくていい

前歯をブリッジで治療する場合は残っている前後の歯を削る必要があります。その歯がもともと被せものをしてある歯ならいいのですが、一度も削られていないきれいな歯の場合は削ってしまうのはもったいないです。インプラントの場合は前後の歯を削る必要がないので、きれいな天然の歯を守ることができます。

1-2.残っている歯に負担をかけない

前歯をブリッジで行う場合3本の歯を2本で支えたり、4本の歯を2本で支えたりと、残っている歯に負担してもらって前歯を作ります。場合によっては負担過重となり土台が折れてしまうこともあります。インプラントは一本の歯を一本で作るために負担が過重にならずに長く使えることができます。

1-3.修理の時は1か所で済む

前歯をぶつけてブリッジが欠けてしまいやり直さないといけない時、ブリッジは全てをやり直さなければいけません。被せもの3本すべてをやり直すために大掛かりになってしまいます。インプラントは1本ずつのために欠けてしまった被せものの部分だけをやり直すことができます。

1-4.掃除がしやすい

前歯のブリッジは歯がなくなってしまった部分の下は汚れが溜まりやすいために、スーパーフロスというデンタルフロスにスポンジのついた器具で汚れを取る必要がありまあす。インプラントは歯ブラシとデンタルフロスだけで歯磨きをすることができます。

1-5.骨の厚みを維持しやすい

歯茎の骨は歯が無くなってしまうと厚みを失いくぼんできます。ブリッジにすると歯がない部分は骨がなくなって隙間ができやすくなります。インプラントを入れることによって歯茎の厚みを維持することができ、歯茎の高さを安定させることができます。

2.前歯のインプラントのデメリット

2-1.歯茎が薄い人は厚みを作る処置が必要

0867001002歯が無くなって時間が経つと骨の厚みや歯茎の厚みが失われてしまいます。特に前歯は早くに失われやすい場所です。インプラントは骨が無ければ入れることができないために、失ってしまった場所には骨を作る処置を行う必要があります。人工の骨や歯茎の移植を行うことによって厚みを作りインプラントを入れます。

2-2.骨の病気がある方は出来ない

インプラントは骨の中にチタン製の金属(インプラント)をいれ、そこを土台として被せものを立てていきます。骨粗しょう症や重度のリュウマチ、糖尿病の方は治療ができない場合があります。主治医や歯科医に相談してから行うようにしてください。詳しくは「インプラントの失敗と安全ガイド」を参考にしてください。

2-3.外科的な処置が必要

インプラントの処置は外科的な処置が必要です。親知らずの抜歯ほど腫れや痛みは出ませんが、一般的な抜歯程度には侵襲があります。詳しくは「痛くないインプラント治療と痛みの比較」を参考にしてください。

2-4.メンテナンスが重要

インプラントは人工物がお口の中に存在するためメンテナンスをしていかないと汚れが溜まってしまい、インプラント自体が歯周病にかかってしまうこともあります。定期的にクリーニングをして清潔な状態を保つ必要があります。詳しくは「インプラントの寿命を半永久的にするための7つの秘訣」を参考にしてください。

2-5.保険診療ではできない

インプラント治療は癌や腫瘍などで失った歯や顎を治療する際には保険は適用されますが、一般的には保険外診療となります。金額は1本30~40万円程度です。

3.前歯のインプラントの治療方法

3-1.かみ合わせの模型の型どりとCT撮影をします

インプラント治療を希望されると詳しい検査をしていきます。かみ合わせの型どりをしてどのような位置にインプラントを入れるとしっかり噛めて、長く使えるかを検討します。その後、CT撮影を行いインプラントの位置を決定します。

3-2.インプラント診断と説明

ダウンロード (1)CT撮影の結果をシュミレーションソフトで設計をしインプラントの位置、長さ、本数などをご説明します。また、治療の流れなどをもう一度詳しくご説明し、手術当日や終わった後どのようにしていればいいかなど不安な面を解消します。

3-3.インプラント当日ガイデッドサージェリーにて

インプラントの手術時間は手術用のマウスピースを使うことにより、シュミレーションソフトで設計したインプラントをずれないように同じ位置に入れることができます。小さい穴からインプラントを入れるため、余分な切開や骨を削る必要がないために、腫れや痛みも少なく、歯茎を縫うこともなくインプラント手術ができます。1本であれば20分程度で終わります。インプラントを入れた後はレントゲンで位置や方向を確認します。

3-4.仮歯を作ります

前歯はないと困ってしまうのでインプラントを入れた後は仮歯を入れます。仮歯でインプラントと骨が着くまで待ちます。

3-5.3、4か月後被せものを作ります

インプラントと骨が付いてから被せものを作っていきます。奥歯が長期間なかった場合には顎の筋肉や噛み合わせがを大きくずれている場合もあるので、お顔の位置関係も合わせて作っていきます。インプラントを入れることによって顎の筋肉が元の状態に近づいてきます。また、顎の位置や噛み合わせの位置が変化するため、期間を空けながら調整をしていきます。

3-6.定期的なクリーニング

インプラントは定期的にクリーニングをしていく必要があります。インプラントと歯茎の間に汚れが溜まり続けてしますと、インプラントの周りの骨が溶けて抜けてしまうこともあります。インプラントを長期間使っていただくためにはメンテナンスは欠かせないことです。

4.治療例

前歯の1本をインプラントにする

被せものをしていた前歯が折れてしまい抜歯をしました。前後の歯は天然のきれいな歯のために歯を削らずにインプラントをされた方です。インプラントはチタン製の金属ですが、土台は歯茎が下がっても目立たないようにセラミックの土台にしてあります。被せものは周りの歯に合うように色を合わせたセラミックにしてあります。

インプラント2インプラント1

 

 

 

 

 

 

まとめ

歯は削れば削るほど再生する力を失い寿命を短くしてしまいます。できることならこれ以上歯を失わないように削らない治療をお勧めします。

おかざき歯科クリニックのインプラントの特徴

インプラント治療をしたいと思っているけど、どんな治療をされるのか、どのくらい費用がかかるのか不安に思っている方も多いと思います。


おかざき歯科クリニックでは、安全第一の治療はもちろんのこと、患者様が納得するまで、どこよりも丁寧にお話をお聞きして、どこよりも丁寧にご説明を致します。


患者様がしっかりと納得された上で初めて治療を開始致します。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です