歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯槽膿漏によって歯を失わないために知っておくべきこと

free

歯槽膿漏で悩んでいる方は多いと思います。歯槽膿漏とは歯の周りの骨が溶けて膿や口臭が出てしまう病気です。実は歯槽膿漏の予防法や治療法は分かっているのです。しかし、そのことを知らなかったために、重症になって苦労している人が多いのです。今回は歯槽膿漏の症状、治療法、悪化させない方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは歯茎が腫れたり、膿んだり、歯が揺れてきてしまう病気です。最終的には歯が抜けてしまうこともあります。歯槽膿漏は初期の段階では症状がないままに病状が進行するので気づかないことが多く、痛みや歯の揺れが出て気づくころには重症になっていることが多いのです。ただし、初期の症状に気づき適切な治療を行えば進行を止められる病気でもあります。

歯槽膿漏とは歯周病の症状の一つ

歯槽膿漏は歯槽(歯を支えている骨、歯槽骨・しそうこつ)から膿漏(膿が漏れている状態)を表し、歯周病は歯の周り全体の病気を表しています。よって歯槽膿漏は歯周病が進行した状態のことなのです。今回は一般的に、歯槽膿漏と歯周病は同じように扱われていますので、同じ意味として説明しています。

2.歯槽膿漏によって起こる症状

2-1.歯磨きの時に歯茎から血が出る

歯ブラシやデンタルフロスに血が付いてきたときは、歯茎が腫れている証拠です。歯茎が腫れていると刺激によってすぐに出血してしまいます。そして腫れや出血が続くと歯茎の中の骨が溶け始めてしまいます。

2-2.歯茎が下がって歯がしみる

左側歯槽膿漏は歯の周りの骨を溶かす病気です。骨が溶けるとその上にある歯茎も下がり、歯が長くなったように見えてしまいます。

2-3.歯茎からネバネバした膿が出る

歯槽膿漏によって歯の周りの骨が溶かされると、歯と歯茎の間に膿が溜まります。ネバネバとした膿がいつも出てきます。口の中はいつもべっとりし、口臭が強くなります。

2-4.口臭が強くなる

歯茎が腫れたり、膿んだりすると口臭がします。特に歯槽膿漏の口臭は臭いがきつく、周りを不快にさせることがあります。

2-5.歯茎が大きく腫れて痛くなる

歯槽膿漏が進行すると歯茎に膿が溜まり、疲れていたり、寝不足の時など体の抵抗力が落ちた時に、歯茎が腫れて痛くなります。

2-6.歯が揺れてくる

歯槽膿漏で歯の周りの骨が溶けてくると、歯は支えられるものがなくなり揺れてきます。

2-7.歯が抜ける

歯槽膿漏が進行すれば最後に歯が抜けてしまいます。抜けたままにすると、噛み合わせがズレてしまい他の歯に負担が掛かってしまいます。

3.歯槽膿漏の基本治療

3-1.歯槽膿漏の治療の90%は歯ブラシと歯間ブラシ

歯槽膿漏の原因は口の中の細菌です。歯ブラシや歯間ブラシなどを使って歯垢(しこう)を残さないようにします。上手に歯垢を落とすことができれば治療の90%は終了です。いくら高価な治療や痛い治療をしても毎日の歯磨きができなければ全て無になってしまいます。詳しくは「虫歯や歯周病を徹底的に防ぐ「歯磨き力」をつけるためには!!」を参考にしてください。

3-2.歯石除去をして歯石ごと細菌を退治

歯石は歯垢と唾液によって作られ、ザラザラとし軽石のように小さな穴が空ていて、細菌が繁殖しています。歯石の中の細菌は歯磨きなどでは取れないので、歯石ごと細菌を取る必要があります。歯石は主に超音波の振動を与えて砕いて取ります。詳しくは「歯石は万病の元」を参考にしてください。

3-3.歯茎の中の深い歯石を取る

歯茎の中の深い歯石は血液を含み歯茎の中で黒く硬く歯にこびり付いています。超音波の振動や歯石を取る細い器具を使って取って行きます。この時、歯茎が腫れていたり、出血があると取り残しが増えるため、出血が無い歯茎の状態にしてから、歯石を取る必要があります。詳しくは「歯周ポケットは口臭や歯周病の始まり/歯周ポケット改善方法」を参考にしてください。

図3

4.重度の方には歯周外科治療

4-1.歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ・フラップ手術)

歯槽膿漏が重度に進行してしまった場合、奥まで歯石がついてしまい歯茎の入り口から歯石を取ることが不可能です。全ての歯石を取るために、麻酔をし歯茎に切開を入れて、歯茎を開いて歯石が見える状態にして取り除いていく方法が歯肉剥離掻爬術です。

フラップ手術の時間と金額

保険内で処置が可能で1回に4本程度まとめて行い、金額は3割負担の方で10,000円前後です。処置時間は1時間程度です。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法は歯の周りの骨が極端に減っている場所にはフラップ手術と同時に、溶けてしまった骨を再生させることです。骨を再生させることによって深い部分がなくなり、細菌が溜まりにくくします。再生療法は骨が減ってしまった部分に人工の骨やエムドゲイン(特殊なたんぱく質)を入れ、骨を再生させます。

再生療法の時間と金額

人工骨を使う場合は保険が適用されます。金額は3割負担の方で一か所につき15,000円前後です。処置時間は1時間程度です。エムドゲインは保険適用外で一回の処置につき150,000円から200,000円程度です。

5.抜歯をしたほうがいい場合

5-1.周りの歯まで悪くしてしまう場合

歯槽膿漏で悪くなった歯を無理に残しておくと、前後にある歯の周りの骨が溶けてしまい、悪くなった歯だけではなく周りの歯まで悪くなってしまいます。周りの歯の骨を残すために抜歯をする場合があります。

5-2.蓄膿症になってしまう場合

上の奥歯の歯槽膿漏が進んでしまうと、歯茎の膿が鼻の空洞に入ってしまう場合があります。蓄膿症になってしまい抜歯をしないと改善しないことがあります。詳しくは「虫歯じゃないのに歯が痛い上顎洞炎で起こる8つの症状と最適な治療法」を参考にしてください。

5-3.体にまで影響が出てしまう場合

悪化してしまった歯槽膿漏の歯の周りには細菌が多く住んでいます。この細菌が血液に乗って心臓病や糖尿病など体にとって重要な部分に入ってしまうことがあります。治る見込みのない歯槽膿漏の歯は体のためにも抜歯をしたほうがいいのです。

抜歯した後の治療は「初めてのインプラント治療ガイド」「歯のブリッジ治療をしたい人へのアドバイス」「部分入れ歯が必要な理由」を参考にしてください。

6.歯槽膿漏の進行を止めるには定期的に汚れを取る

健康な歯茎の状態を維持していくためには定期的に汚れを取る必要があります。磨き方のアドバイスや落とし切れていない細菌を機械的に洗浄します。定期的に汚れを取らないとせっかく行った歯石除去や、痛い思いをして行った外科処置も、すぐに元に戻ってしまいます。毎日の歯磨きと定期的に汚れを落とすことを行わなければ歯槽膿漏を改善することは出来ないのです。

6-1.毎月汚れを落としたほうがいい方

  • 重度の歯槽膿漏の方
  • 治療で歯周外科まで行った方
  • 糖尿病や骨粗しょう症などお体の状態で歯槽膿漏に影響のある方
  • お薬の影響で歯茎の盛り上がりが強い方
  • ご自身での歯磨きが苦手でお口の中に細菌が残りやすい方

6-2.3~4か月の間隔で汚れを取ったほうがいい方

  • 歯槽膿漏が中等度でご自身の歯磨きが上手な方
  • 親知らずが残っていて部分的に歯槽膿漏が重度の方
  • インプラントやブリッジなどが入っている方

6-3.半年の間隔で汚れを取ったほうがいい方

  • 初期の歯槽膿漏でご自身の歯磨きが上手な方

7.おすすめクリニック

有楽町デンタルオフィス

有楽町デンタルオフィスは有楽町駅から徒歩1分のところにある歯周病の専門医がいるクリニックです。歯周病が気になる方、歯周病を治したい方に、歯のブログがおすすめのクリニックです。

_87A8408

まとめ

歯槽膿漏になると見た目も悪くなってしまいますし、口臭もひどくなり、本人も周りも苦労してしまいます。30歳を過ぎたら80%の方が歯周病になっています。早めに定期検診を週間にして、歯槽膿漏によって歯を失わないようにしていきましょう。

おかざき歯科クリニックの歯周病治療の手順

歯周病は、自覚症状がないままに悪化してしまいます。


気づいた頃には、重症になってしまっているということもあります。


おかざき歯科クリニックでは、最新で安全な治療方法を行なうことはもちろんのこと、自分の歯で一生涯過ごしてもらえるように、日々のケア方法やクリーニング方法をお伝えして行きます。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です