歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯のブリッジ治療をしたい人へのアドバイス

free

歯を抜歯した後に、その後の治療をどうしようと悩まれることも多いですよね。最近はインプラントが多くなりましたが、外科的な処置のためにお体の状態によってはできない人もいますし、やはりインプラントはこわいという方もいます。今回は歯のブリッジ治療がインプラントより優れている理由をお話しします。

また、歯のブリッジがどんな治療か、そのほかの治療法も解説します。詳しくご説明しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

1.歯のブリッジがインプラント治療より優れている7つの理由

1-1.外科処置をせず、体にやさしい

歯のブリッジは外科的なことをしないので、糖尿病や高血圧などの人にもできる体にやさしい治療です。ブリッジはインプラントの治療のように歯ぐきを切ったり、骨を削ったりしないので、体に病気を持っている人や、インプラント治療がこわいと思ている人にとっては安心してできる治療です。

1-2.周りの歯と同じような感覚で食事ができる

歯は硬いものややわらかいものを感じることができます。ブリッジは歯を土台にしているので周りの歯と同じような感覚で食事ができるのです。しかし、インプラントは直接骨とつながっているために食事の時硬さを感じることはできないのです。

1-3.歯にしっかり固定されてる

ブリッジは前後の歯に接着剤でしっかり固定されているので、虫歯になったりしない限り取れないようにできています。しかし、インプラントは土台やかぶせものを何かあった時、取れるようにねじで止めているために、緩んで取れてくることがあります。

1-4.早くできる

歯のブリッジは早いと2回、1週間の治療で終わります。1回目は歯を削って型を取ります。2回目にブリッジを歯に付けます。インプラントの場合は最低5回、期間は3か月以上かかります。

1-5.白くできる

shutterstock_196877681歯のブリッジ治療はセラミックで3本すべて白くできます。強度のあるセラミックで奥歯でも金属を使わずにブリッジができます。インプラントの前後の歯は別にセラミックに変える必要があります。

1-6.費用が安い

セラミックのブリッジはインプラントに比べて費用が2ー3割安く済みます。また金属やプラスチックであれば保険治療で治すことができます。

1-7.メンテナンスが楽

歯のブリッジはインプラントと違い、体の中に金属を埋め込んでいないため比較的メンテナンスが楽です。

2.歯のブリッジとは

dental-bridges歯のブリッジは歯を抜歯した後、前後の歯を削って橋のようにつなげる方法です。抜歯をするとそこには歯の隙間ができます。そのままにすれば周りの歯が動いて噛み合わせが悪くなったり、抜歯した部分では噛み辛いので反対側ばかりで噛み筋肉のバランスが崩れます。そこで残っている前後の歯を土台にして橋(ブリッジ)をかけるように、2本の歯で3本の歯を作ります。違和感も少なく自分の歯のように噛めます。

3.歯のブリッジのデメリット

3-1.歯を削る

歯のブリッジは前後の歯を削って土台にするため、歯を削る量は多くなります。銀歯のような劣化の早い被せ物で治療すると土台の歯が虫歯になりやすいです。

3-2.土台に負担がかかる

歯のブリッジは土台になっている歯が3本分の噛む負担を2本で支えなければならず、土台となる歯が弱いと割れたり、揺れてきたりすることもあります。

Removable Partial Denture 23-3.前後に歯がないとできない

歯のブリッジは前後に歯がないとできないので、奥歯から歯がなくなって行くとブリッジができなくなります。たとえば一番奥の歯が一本なくなってしまったり、その隣の奥歯も無くなってしまった時にはブリッジができないのです。

4.歯のブリッジの治療法

・麻酔をして土台の形に歯を削る。土台となる歯をブリッジが入るような形に削ります。

・歯を削った土台の形を取る。型は粘土みたいな材料で、削った歯を含めた歯の型と、噛み合わせのために反対側の歯の型を取ります。

・上下の歯の噛み合わせを取る。上下の歯が合うように噛み合わせの位置を記録するものを取ります。歯の土台の仮歯を入れる歯がしみたり、動いたりしないように仮の歯を入れておきます。

・一週間後出来上がり。金属であれば一週間程、セラミックであれば1~2週間で出来上がります。

・噛み合わせを調整する。出来上がった歯のブリッジはお口の中で最後の調整をします。細かな微調整を繰り返しながら調整を行います。

・セメントで付ける。調整が終了後セメントで付けます。歯科用セメントでしっかりと付け取れないようにします。完全に固まるまでに30分程食事を控えます。

5.ブリッジ以外の治療法

5-1.インプラントとは

images (19)インプラントは抜歯をした歯の部分に人工歯根を植え、その上に冠を被せる治療です。前後の歯を傷つけることもなく、インプラントによって前後の歯の負担を軽くすることができます。噛む力はご自身の歯の90%程です。顎の骨に穴を開ける外科処置が必要ですので重度の糖尿病や骨粗鬆症の方はできない場合もあります。保険治療では認められてなく、自費診療になり金額は平均すると一本30万から45万程度必要です。歯を削るのに抵抗がある、だけど入れ歯は入れたくない方にお勧めの治療です。詳しくは「初めてのインプラント治療ガイド」を参考にしてください。

download (4)5-2.部分入れ歯とは

部分入れ歯とは前後の歯にフックを掛け、自分で取り外しをしながら使う治療法です。部分入れ歯はフックを掛ける為に少し歯を削るだけでほとんど歯や骨に影響はありません。 治療回数も2回で終わります。噛む力はご自身の歯の20~30%で、年配の方で筋力が落ちている場合は特に問題はありませんが、若い方で噛む力が強い方はプラスチックなので割れることが多いです。また、食事後毎回取り外して洗う必要があり、面倒で使わなくなることもあります。保険診療でも認められており、フックの部分は金属で作られます。自費診療であればフック部分を歯茎や歯の色に合わせて作ります。金額は一本の入れ歯で8~15万円程度です。詳しくは「部分入れ歯が必要な理由」を参考にしてください。

5-3.歯牙移植とは

歯牙移植とは歯を抜歯をした所の骨に穴を開けて、親知らずを移植する治療法です。歯牙移植は移植できる歯(主に親知らず)が存在し、移植に適した形や生えている方向が適している必要があります。特に年齢が若い10代で歯を失った場合、成長段階でインプラント治療ができない場合に歯牙移植を行うことが多いです。保険診療はできないことが多く金額は5~15万円程度です。

6.歯を抜歯した後の治療法の選び方

歯を抜歯した後どのように治療方法を選んだらいいのか迷いますよね。治療の選び方についてお話しします。

第一に治療条件が合うか。この条件が合わないと治療ができませんのでブリッジなら前後に歯が必要ですし、インプラントは重度の糖尿病や骨粗鬆症の方はできません。

第二に保険内で治療がしたい場合は選択肢が2つに絞られますので、銀歯やプラスチックのブリッジで歯を削ってしっかり噛みたいか、歯を削らずにとりあえず入れ歯を入れて、将来インプラントやブリッジを考えるかです。

第三に自費診療にした場合の将来性で、10,20年先を考えるならインプラント、10年先を考えるならセラミックのブリッジ、年齢が10代であれば歯牙移植が第一選択になります。10年も前であれば歯を抜歯した後の治療法はブリッジが大半を占めていましたが、現在はインプラントが同じかそれ以上に増えています。

まとめ

歯のブリッジは違和感が少なくとても噛みやすい治療です。一方、前後の歯にとっては削る量が多く、負担もかかり、歯の寿命は短くなります。また、ブリッジは歯の残っている状態によってはできない場合もあります。インプラントだけが全てではありませんので、自分に合った治療法を歯医者で相談してみてください。

注意:このページに記載されていることは一般的に起こることです。個人差が有りますので全ての人に起こることではありません。詳しくは歯科医院にてご相談下さい。

おかざき歯科クリニックのインプラントの特徴

インプラント治療をしたいと思っているけど、どんな治療をされるのか、どのくらい費用がかかるのか不安に思っている方も多いと思います。


おかざき歯科クリニックでは、安全第一の治療はもちろんのこと、患者様が納得するまで、どこよりも丁寧にお話をお聞きして、どこよりも丁寧にご説明を致します。


患者様がしっかりと納得された上で初めて治療を開始致します。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. まりこ より:

    30代女です。前歯1本抜歯して3本ブリッジにしてますが、根が割れてしまいインプラントにするかブリッジを拡げるかの瀬戸際に立たされています。前歯なので見た目も物を噛むのにもとても重要な歯です。インプラントをしたいけど費用と時間がかかりすぎるし、田舎なのでインプラントできる歯科医院もない。のでブリッジになりそうです。
    お金と時間さえあれば、怖いけインプラントしたい。

コメントを残す

*