歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

初めてのインプラントをする方必見!インプラントの治療ガイド

shutterstock_196590461

インプラントって気になるけどどんな治療をするのかわからないので一歩踏み出せない方は多いのではないでしょうか。インプラントとは失ってしまったものを取り戻すための治療です。歯を失ってしまうと歯だけではなく、他の大事なものも失ってしまいます。勇気を出してインプラント治療をすることによって、一度しかない人生をあきらめることなく、やりたいことをやって、楽しむことができるようになることが目標です。それだけインプラントは人に変化を与えます。今回はインプラント治療によって回復できる多くのことをお伝えします。

1.インプラント治療とは

1-1.インプラント治療とはあきらめていたものを回復する治療

00000048
00000048

下の歯は総入れ歯、上の歯もいつ取れてもおかしくない状態でした。上下のインプラント治療を行い、入れ歯から歯茎のついたブリッジにしました。あきらめていたおいしく食事すること、家族で外出すること、そして笑うことを回復しました。

1-2.インプラント治療とはわずらわしさから解放される治療

図1implant
図1implant2

部分入れ歯は毎食後取り外して洗わなければならないものです。インプラント治療をすることによって周りの歯と同じように歯を磨くことができるようになりました。

1-3.インプラント治療とは失いたくないものを守る治療

インプラント2インプラント1

前歯をブリッジにすると前後のきれいな歯を削らなくてはいけません。インプラント治療をすることによって周りの歯を犠牲にすることなく治療ができます。

2.インプラント治療で取り戻すもの

2-1.インプラント治療では以前の顔を取り戻す

入れ歯は噛む力が歯の20%まで落ちてしまいます。噛めないことによって顔の周りの筋肉が痩せこけてしまい、老け顔になってしまいます。また、左右どちらかに噛めない場所があると顔が歪んでしまいます。インプラント治療をすることによって噛む機能を回復することはもちろんですが、筋肉が回復し、張りが出て以前の顔を取り戻すことができます。

2-2.インプラント治療では味を取り戻す

入れ歯は歯茎で支えるために大きく作る必要があります。入れ歯が入ることによって、舌がこすれ味覚を感じる部分(舌乳頭)が短くなり舌の感覚が弱くなります。また、味は舌だけではなく口全体で感じ取るものなので入れ歯が入った部分は味覚がなくなってしまいます。インプラント治療をすることによって歯と同じ位置に人工の歯を入れることができ、舌が自由に動きおいしいものをおいしく感じることができます。07.jpg11

2-3.インプラント治療では笑顔を取り戻す

入れ歯は自分で取り外しが必要なためにお口の中に固定することができません。そのため話していたり、咳をしたりした瞬間に取れてしまうこともあります。インプラント治療をすることによってお口の中にしっかり固定できるために、歌うことも話すことも、大きな口で笑うこともできます。

3.インプラント治療に必要な流れ

STEP1.お口の中の検査

むし歯や歯周病の有無を調べ、レントゲンや口腔内写真でかみ合わせの検査をします。どうしたらしっかり咬めて、話せて、笑えるかを検討していきます。インプラント治療をすることによって変わる未来を想像しながら行います。図114

STEP2.CT撮影・診断

CT検査により骨の高さや厚みを調べ、インプラントの太さや長さを決めます。最も安全で最も理想的な位置にインプラントを入れることでこの先何十年も、入れたインプラントを使って頂くためのシュミレーションを行います。ct-17

STEP3.インプラント手術

インプラントの手術のほとんどは部分麻酔で行い、1本だけであれば20分から30分程度で終わります。ガイデッドサージェリーを使うことによってシュミレーションをした理想的な位置にインプラントを入れ、痛みや出血をほとんどなくします。IMG_0113

STEP4.経過観察

インプラントが骨と着くまで2か月~半年待ちます。今後何十年も使って頂くために必要な期間です。その間ブラシの当て方やお手入れの仕方を説明していきます。また、必要であれば仮の歯をいれて見た目にはわからないようにします。図112

STEP5.土台・冠の治療

インプラントと骨が着いたのを確認すると土台や被せものの型を取ります。今まで噛んでいなかった部分は頬や舌、筋肉がゆがんでいます。噛むことによって周りの筋肉を機能させて元の状態に戻していきます。

000000

000000

STEP6.メンテナンス

3か月から半年に一度、定期的にインプラントの周りの清掃やかみ合わせの確認をしていきます。1度失ってしまった歯をインプラントによって再生させました。同じ失敗を繰り返さないようにしっかり手入れをして、自分の寿命よりも長く使うことを目指します。

4.安全なインプラント治療のために絶対に行いたいこと

4-1.CT撮影により神経・血管を確認する

現在のインプラント治療においてCT撮影を行わずに、手術を行うことはあり得ないぐらい重要なことです。骨の中にはインプラント治療をする際、絶対傷をつけてはいけない神経や血管が存在します。もしこの神経や血管を傷つけてしまうと麻痺や死亡に至ることもあります。

4-2.シュミレーションで理想的な位置を決める

CT撮影から3次元の立体画像を作り、理想的な位置にインプラントを入れるようにシュミレーションをして長さや太さを決定していきます。最終的なかぶせ物もシュミレーションして、より長く使ってもらうために清掃性や噛む力の方向を確認しながら決定します。症例2術前 (2)

4-3.ガイデッドサージェリーで痛みをなくす

ガイデッドサージェリーとはシュミレーションしたインプラントの位置を絶対ずらさないために、3次元立体画像からマウスピースを作製してそこからインプラントを入れる方法です。インプラントを入れる穴しかあけないため、歯茎を切ったり、縫ったりすることもなく、痛みもほとんどなくできるので理想的な治療法です。__ 5

5.インプラント治療後の感想

65歳女性:久しぶりに会った友達から「アレ、顔かわった。整形したの?」って言われました。思い切ってインプラントを入れていただき本当に良かったと思いました。ありがとうございました。スタッフの皆様も明るく歯医者さんに行くのが楽しみです。

60代女性:今回インプラント治療をしていただきありがとうございます。始めインプラント治療は怖いイメージがありましたが、終わって見ると腫れも痛みもなくすぐに食事がとれるようになりました。入れ歯の時は食べたいものも食べられず、ほとんどが飲み込むだけでしたが今では何でもおいしくいただけます。また、インプラントを入れて、周りの人から若くなったといわれるようになりました。

6.インプラント治療の痛みについて

インプラントだけを骨に入れる手術の場合1本であれば20分~30分程度で痛みはほとんどないことが多いです。痛み止めも手術後1~2回程度飲むだけの方が多いです。ほとんどの方は意外にあっさり終わってしまうのでそちらに驚いてしまいます。詳しくは「痛くないインプラント治療と痛みの比較」を参考にしてください。

7.インプラント治療の失敗について

インプラントは100%成功ということはありません。ただし、準備や予測をすることによって防げる失敗も多くあります。詳しくは「インプラントの失敗と安全ガイド」を参考にしてください。

まとめ

私も中学生のころからずっと眼鏡をしていました。数年前にレーシックをしてからは、していなかった時期が本当にもったいなく思いました。入れ歯の方も、もしできるチャンスがあるなら是非やってみて下さい。きっと人生が変わるはずです。

おかざき歯科クリニックのインプラントの特徴

インプラント治療をしたいと思っているけど、どんな治療をされるのか、どのくらい費用がかかるのか不安に思っている方も多いと思います。


おかざき歯科クリニックでは、安全第一の治療はもちろんのこと、患者様が納得するまで、どこよりも丁寧にお話をお聞きして、どこよりも丁寧にご説明を致します。


患者様がしっかりと納得された上で初めて治療を開始致します。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です