ホワイトニングの一覧表!あなたにあったホワイトニングの進め方

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

あなたはホワイトニングで憧れの白い歯になりたいと思っているのではないでしょうか。歯が黄色かったり、着色で汚れていたりすると人に見られた時に恥ずかしいですよね。みんなに自慢できる白い歯を手にいれるには歯をホワイトニングすることです。

しかし、ホワイトニングと言っても歯医者で行うオフィスホワイトニングや自宅で行うホームホワイトニングの他に、現在は通販などでも薬剤を購入しホワイトニングを行うことができます。方法によって白くなる効果や時間、費用などが変わります。今回はホワイトニングについてお伝えします。

1.ホワイトニングとは

1−1.薬液を使ったホワイトニングとは

一般的にホワイトニングと呼ばれるものはホワイトニングの薬剤を歯に浸透させて、歯の中の色の成分を脱色させることです。歯の表面にはエナメル質、その中には象牙質があります。エナメル質は透明ですが象牙質に歯を黄色く見せる成分があります。過酸化水素などの薬液で象牙質の着色成分を分解し白く見えるようにするのがホワイトニングです。

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、ホワイトニングストリップスなど薬剤で歯を脱色するホワイトニングのことです。

1−2.クリーニング(汚れを取るホワイトニング)とは

クリーニングとは歯の表面についた着色や歯石を取ることで歯を元の色に戻すことです。もともと歯が白い方や着色で歯が黒く見えていた方はクリーニングするだけで歯は白く見えます。

セルフホワイトニング、ホワイトニング用歯磨き粉、歯医者でのクリーニングや歯石除去のことです。

2.様々な種類のホワイトニングの一覧表

 

3.自分にあったホワイトニングの進め方

3−1.できるだけ歯を白くしたい方

まず、オフィスホワイトニングで歯を白くし、ホームホワイトニングで白さを維持します。歯に着色がつかないようにホワイトニング用歯磨き粉を使います。ホワイトニングはただ白くするだけでなく、白さを維持することも必要です。

3−2.歯医者に行きたくないが歯を白くしたい方

セルフホワイトニングで着色や汚れを取り、ホワイトニングストリップスでホワイトニングします。その後は着色がつかないようにホワイトニング用歯磨き粉で維持します。

3−3.着色だけが気になる方

歯医者でクリーニングや歯石を取れば着色は落とすことができます。その後は着色が再度つかないようにホワイトニング用歯磨き粉を使います。

4.薬剤を使ったホワイトニング

4−1.短期間で最も歯を白くするオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングはオフィス=歯医者で過酸化水素と言う薬剤を使って歯を脱色させる方法です。一回で最も歯を白くできる方法で、4〜8段階ほど白くなります。費用は30,000円程度です。短期間でできるだけ歯を白くしたい方におすすめです。

方法は歯医者で歯のクリーニングを行い、歯に薬剤を塗り、光を当てます。これを3回繰り返して終わりになります。詳しくは「1日で最高の白い歯を手に入れるオフィスホワイトニングの3つポイント」を参考にしてください。

4−2.長く白さを維持できるホームホワイトニング

ホームホワイトニングは歯医者でマウストレーを作り自宅でマウストレーの中にホワイトニング剤を入れて、自分でホワイトニングする方法です。オフィスホワイトニングより弱い薬剤の過酸化尿素などを使います。ホワイトニング効果はすぐには現れませんが、時間をかけてゆっくり歯が白くなります。また、薬剤を追加購入するだけで何度もホワイトニングができるので経済的です。費用はマウストレー代が15,000円程度で、薬剤代は2,000円/1本程度です。

方法は歯医者で歯のクリーニングを行い、歯型をとってマウストレーを作ります。自宅でマウストレーにホワイトニング剤を入れて、1、2時間マウストレーを歯に付けた状態にします。終わったらよく歯を磨いて薬液を落とします。2週間程度行うと2、3段階ほど歯が白くなります。詳しくは「ホームホワイトニングの6の秘訣」を参考にしてください。

4−3.通販で購入できるホワイトニングストリップス

ホワイトニングストリップス(上14枚下14枚)14回分シート 2,690円
アマゾン購入の希望の方は⇨ホワイトニングストリップスamazonn.co.jp

ホワイトニングストリップスは歯の表面にテープを貼るタイプのホワイトニング剤です。上下の14セット入っています。1日1回30分、14日続けます。テープは歯にフィットしやすく、取れにくいものです。1パックに上下のテープが入っていて味はあまりしません。

使用法はシートからストリップスをはがし、歯の表面に貼り、残った部分を裏側につけ、そのままにしておきます。30分したら歯からテープをはがし、軽くすすぎます。ただし、歯と歯の間の部分にはテープが入り込まないため、色が残ります。

5.汚れを取るホワイトニング

5−1.歯医者で行うクリーニングや歯石除去

歯医者で行うクリーニングや歯石の除去は着色や歯石によって汚れている歯を元の歯の色に戻すことができます。歯医者で行うクリーニングは専門の器械で、国家資格のある歯科衛生士が丁寧に汚れを落とすので、隅々まで着色をきれいにできます。着色や歯石が原因で歯が黒ずん見えることが気になる方におすすめです。保険診療内の場合には検査やブラッシング指導などが必要になります。通院回数は1〜6回程度、歯石の状態によって変わります。費用は保険診療3割負担の方で4,000円程度です。詳しくは「歯医者で行うクリーニングの6つの疑問とセルフクリーニングの4つの手順」を参考にしてください。

5−2.ホワイトニングバーで行うセルフホワイトニング

歯医者で行うクリーニングをホワイトニングバー(ホワイトニングバーとは自分で着色を取ったり、ホワイトニング剤をつけることのできる場所です)で自分で行う方法です。歯医者に行きたくない方や器用な方におすすめです。自分で歯の表面をきれいにした後、ホワイトニング薬剤を塗って光を当てます。自分で行うためホワイトニング効果が高い薬剤を使えないので、歯を白くするまで何回もホワイトニングバーに通う必要があります。費用は1回2,000円程度です。

5−3.歯の表面の傷を修復するホワイトニング用歯磨き粉

アパガードプレミオプレミアムタイプ 100g サンギ 1,728円(実勢価格1,590円)

メーカー説明 http://www.apagard.com/about/detail/benefit.html
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨アパガードプレミオAmazon.co.jp

アパガードに含まれている薬用ハイドロキシアパタイトは、歯垢を吸着除去することによって歯の表面のステインを落とし歯を白く見せます。また、このハイドロキシアパタイトは歯と表面のエナメル質と成分が同じため、歯の表面の傷を修復し、ツルツルにすることによって歯垢が歯に付きにくくする効果もあります。詳しくは「ステイン•黄ばみ•ヤニ!タイプ別おすすめホワイトニング歯磨き粉6選」を参考にしてください。

まとめ

歯をホワイトニングするのに、費用や時間、どこまで白くしたいかによって方法は変わってきます。しかし、歯を白くすることは自分の自信にもつながります。是非、魅力ある歯の白さを手に入れてください。

おかざき歯科クリニックのホワイトニングの手順

ホワイトニング

自宅で歯を白くしたいと思っていませんか?


ホームホワイトニングは、自宅で歯を白くすることができる方法です。


ただし、正しい知識と正しい手順で行なわないと、ホワイトニングの効果が薄れてしまうことがあります。


おかざき歯科クリニックで行なっているホワイトニングの方法をご説明します。


詳細はこちら

歯のブログを書く私が、本当に信頼している歯医者はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*