歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯の移植!歯牙移植ができる5つの条件と費用、保険について

shutterstock_161048579

虫歯や歯の破折などで歯を抜かなくてはいけない場合、インプラントやブリッジ以外に治療法はないかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実は親知らずなどが残っていれば歯を移植することができる場合があるのです。歯の移植は歯牙移植(しがいしょく)と呼ばれ、何十年も前から行われている治療法なのです。人工物ではなく自分の体の一部を移植するため、特に10代で早期に抜歯をしなくてはいけない方に有効な治療法です。また、条件によっては保険診療で歯牙移植を行うことができるのです。今回は歯牙移植ができる5つの条件と費用、保険診療についてお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

1.歯牙移植とは

抜歯しなくてはいけない歯や歯がない部分に、自分の他の歯(特に親知らず)を移植する方法です。悪い歯を抜歯した穴に、親知らずを抜歯して、穴に入れて固定します。自分の歯を移植することによって、インプラントのように人工歯根を骨の中に入れなくていいのです。歯は移植後、歯の根の治療をしたり、詰め物やかぶせ物の治療をします。

抜かなくてはいけない歯や親知らずの大きさによってできる場合とできない場合があります。インプラントは大きさや長さが多くあるので色々な部分に、インプラントを入れることができますが、歯牙移植は抜く歯と移植する歯の大きさがある程度合っていなくては治療をすることができません。そのため、あまり多く行われていないのです。

2.歯牙移植ができる5つの条件と費用

2−1.歯牙移植できる歯がある

歯牙移植するには移植できる歯が必要です。多くの場合、親知らずを使うことが多いのですが、過剰歯(かじょうし)や、歯の位置が悪い転移歯(てんいし)などを使うことがあります。

2−2.抜く歯と移植する歯の大きさが近い

抜いた歯の位置に移植する歯を入れるために大きさが近い必要があります。例えば大きな親知らずを前歯に移植することは難しいのです。できるだけ形や大きさが近い場所に歯を移植する必要があります。

2−3.抜く歯の周りに骨がある

歯を抜いた後、その周りに移植するための歯が植えられる骨が残っている必要があります。例えば歯周病で歯がグラグラで抜歯をしなくてはいけない場合、多くは周りの骨がなくなっています。そのため歯を移植しても歯を固定する場所がなくて移植ができません。虫歯や歯が割れる歯牙破折などで歯を抜かなくてはいけない時に歯牙移植は有効です。

2−4.移植する根の形は単純

移植する歯の根の形が円錐形で単純な方が歯牙移植の成功率が高くなります。移植する歯の根が曲がっていたり複雑な場合、移植する歯を抜く時折れてしまうことがあります。また、移植した後に根の治療を行う際、成功率が下がってしまいます。そのため、移植する歯は抜きやすく、根の治療がしやすい単純な円錐形である方がいいのです。

2−5.骨の厚みが必要

歯牙移植は歯がもともとない部分に親知らずなどを移植することもできます。抜歯して時間が経っている骨に穴を開け、親知らずを移植します。しかし、骨が痩せていたり、幅や深さがない部分には移植する歯を植えることができないため、必要であれば移植する前に骨を作る処置を行ってから歯牙移植を行います。

3.保険でできる歯牙移植の条件と費用

3−1.移植する歯は親知らずか埋伏歯

保険診療で歯牙移植を行うためには移植する歯は親知らずか埋伏歯(歯茎の中に潜っている歯)である必要があります。八重歯や内側に倒れている転移歯などは保険診療内では歯牙移植を行うことができなくなります。

3−2.抜歯しなくてはいけない歯と移植する歯の抜歯は同日でなくてもいい

以前は抜かなくてはいけない悪い歯を抜歯し、同時に親知らずを抜歯して、移植する必要がありました。しかし、平成26年4月の保険改定により、以前抜歯した部分に新たに骨を削り、歯を移植することが保険診療で認められるようになりました。

3−3.費用は5千円から1万5千円程度

保険診療3割負担の方で5千円から1万5千円程度になります。レントゲンやCTレントゲン、親知らずの状態によっても金額は変わります。その後根の治療や被せ物の費用がかかります。

3−4.それ以外は自費診療で費用は5万円から30万円程度

保険診療で歯牙移植ができない場合は自費診療となります。歯牙移植、根管治療、部分矯正、被せ物などの費用が全て自費診療となるため場合によってはインプラントと同じくらい費用がかかってしまうこともあります。

4.歯牙移植とインプラントとの比較

4−1.インプラントは太さや長さの種類がある

歯牙移植は移植する歯(親知らずなど)の大きさは決まっています。そのため大きさの違う場所には歯牙移植を行うことができません。インプラントは太さや長さの種類があり、歯がない部分に合わせたインプラントを選ぶことができるために、多くの部分で行うことができます。詳しくは「やってみたいインプラント治療/実際かかる費用はいくら」を参考にしてください。

shutterstock_157037885

4−2.インプラントは規格化されている

インプラントを行う時には骨を削るためのドリルとインプラントが規格化されており、骨に穴を開けた部分にぴったりとインプラントが納まるようになっています。歯牙移植は抜かなければいけない歯や移植する歯の大きさが違っているため、削って合わせてを繰り返し、穴に適合させる必要があります。そのためインプラントよりも腫れや痛みが出やすいことがあります。

4−3.歯牙移植には歯根膜が残る

歯根膜とは歯の周りについている膜で、噛んだときに硬い軟らかいなどを感じる器官です。歯牙移植では自分の歯を使うために歯根膜が残り、噛んだときに感覚があります。インプラントは骨と直接つながるため、歯根膜はなく機能的には問題はありませんが、細かな感覚は失われます。

4−4.歯牙移植の成功率はバラバラ

歯牙移植は年齢や移植する歯の形や状態などによって大きく変わります。5年もたせることを目標にすれば90%以上の確率で成功すると言われています。インプラントは10年予後は90%程度です。それでも歯牙移植で10年、20年経過している歯もありますので、しっかりとしたデータがあまりないのが実情です。

5.その他の治療法

部分矯正で歯を動かす

歯を抜かなくてはいけない部分の近くに親知らずがある場合は、親知らずを移動させる部分矯正を行うことができます。矯正用インプラントを使って親知らずを移動させます。期間は半年から2年程度かかり、費用は15万円から20万円程度です。歯牙移植に比べ、期間は長くなりますが、歯の神経が残せるため、被せ物などをする必要がありません。詳しくは「あなたは抜いた?親知らずを抜かない8つの基準と親知らずの活用法」を参考にしてください。

まとめ

歯牙移植は条件が整わなければできない治療です。そのためインプラント治療の方が多く行われているのが実情です。しかし、10代、20代の場合はインプラントを選択するよりもできるだけ歯牙移植を行いたいものです。親知らずも残っていることが多く、成長によってインプラントの位置がずれてくることも考えられるからです。歯をどうしても抜かなくてはいけない場合、一度歯牙移植ができるか、かかりつけの歯医者に相談してみてください。

おかざき歯科クリニックの親知らずの抜歯治療の特徴

親知らずの抜歯は腫れや痛みを伴うことが多いです。


おかざき歯科クリニックではできるだけ痛みが軽減するような抜歯法を行っております。


親知らず抜歯前には口の中をきれいにし、抜歯後細菌が感染しないようにします。


また、CTレントゲンで事前に親知らずの方向を確認したり、骨を削る際にはピエゾサージェリーという機械で極力腫れないようにすることなどを行っています。


詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. 古谷 より:

    1週間前に左上6番を抜歯されました。
    理由は根の破損です。その部分に親知らずは移植できませんか?保険内で移植できるのであればブリッジではなく移植したいと思っています。親知らず過去小さな虫歯になり治療済みです。保険内で移植するには抜歯と移植を同時に行わないとダメだと聞いたことがあります。やはりそうなのでしょう?宜しくお願い致します。

コメントを残す

*