八重歯とは!八重歯になる原因と治療法/付け八重歯の方法

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

八重歯は日本人によって馴染みのあるものです。日本では八重歯があると幼さや可愛らしさというイメージがあります。八重歯とは主に上の歯の犬歯が外側に出ている状態です。多くの場合、歯並びが悪い方に見られますが、他の噛み合わせは悪くないのに一本だけ八重歯があるという方もいます。どうして八重歯ができるのか、また、八重歯の治療法や付け八重歯など八重歯についてお伝えします。

1.八重歯とは

八重歯とは一般的に上顎の犬歯が外側に出ている状態です。
専門的には低位唇側転位(ていいしんそくてんい)と言います。低位(ていい)とは噛み合わせのラインより低い位置にあり(上顎の場合は高い位置)、唇側(しんそく)とは唇側に張り出していることで、転位(てんい)とは正しい位置に歯が生えていないことを表します。

また、八重(やえ)とは重なり合っているという意味で、歯と歯が重なり合っている状態を八重歯と表現します。

多くの歯が重なり合っている状態は乱杭歯(らんぐいば)と呼ばれます。乱杭歯の状態であればほとんどが八重歯になっています。一本だけ単独で八重歯になっている場合もあります。

2.なぜ八重歯は尖っているのか

犬歯はもともと尖った形をしています。犬歯は歯を左右に動かす時に支点となる歯です。顎を横に動かす時に犬歯に当たることによって奥歯や前歯に横の揺さぶりがかかることを防ぎます。そのため強い力が加わっても抜けないように、歯の中で一番根が長く三角錐のような形をしています。

歯が生え始めたばかりの尖っている犬歯は、上下の歯が接触し、食事や歯ぎしりなどによって歯は削れ丸くなってきます。しかし、八重歯は歯として機能していないので、削れないために尖ったままになります。

3.なぜ八重歯になるのか3つの理由

3−1.犬歯は生え変わる順番が一番遅いため

上顎の乳歯は前歯の4本が生え変わると、犬歯の後ろの第1小臼歯、その後ろの第2小臼歯が生え変わり、最後に犬歯が生え変わります。永久歯の生え変わる隙間がない場合、一番最後に生え変わる犬歯の隙間がなくなり八重歯となります。

3−2.顎と歯のバランスが悪いため

顎が小さかったり、歯が大きかったりして顎と歯のバランスが悪いと顎の中に歯が入りきらず、最後に出てくる犬歯が外にはじき出され八重歯となります。顎の大きさや歯の大きさは遺伝的な原因があります。多少のアンバランスであれば小学生の時に顎を広げる矯正治療によって改善できるものもあります。

3−3.もともと犬歯の卵が唇側にあったため

歯が歯茎から出てくる前は歯茎の中で歯胚(しはい)という歯の卵の状態です。犬歯の歯胚が唇側にあると生えてくる時に八重歯になってしまいます。犬歯が生える隙間があれば唇の力などで正しい位置に戻されますが、隙間がないと八重歯となってしまいます。

3−4.乳歯の虫歯などで早期に乳歯がなくなったため

乳歯の虫歯や外傷などで乳歯が早く抜けてしまうと、下から生えてくる永久歯の隙間がなくなり、八重歯になってしまいます。乳歯が早期に抜けてしまったら、永久歯が生えてくるための隙間を確保しておく必要があります。

4.八重歯を治療する方法

4−1.歯列矯正で八重歯を治す

歯列矯正で八重歯を治すには多くの場合、八重歯になっている犬歯のひとつ後ろの歯の第一小臼歯を抜歯し、抜歯した隙間に八重歯を移動させ八重歯を治します。八重歯になっている歯の状態は歯と顎のアンバランスな状態です。抜歯をしてバランスを整えることによって八重歯を正常な犬歯の位置に移動させることができます。

4−2.八重歯を抜歯する

40代を過ぎると歯列矯正によって歯を動かすと、歯周病が悪化する場合があります。奥歯の噛み合わせがしっかりしていて、八重歯だけが気になる場合には八重歯を抜歯することもあります。八重歯を抜歯することによって重なり合って歯垢が溜まっていた部分をキレイに磨くことができます。

5.付け八重歯とは

付け八重歯とは犬歯の表面にセラミックやプラスチックのカバーを貼り付け八重歯のように見せることです。費用は5万円〜15万円程度です。

  1. 歯の型をとり、歯の模型を作ります。
  2. 模型上で付け八重歯を作ります。
  3. 出来上がった付け八重歯を接着剤で歯に付けます。

おすすめクリニック

おかざき歯科クリニックの基本情報

ホームページ http://www.okazaki-dental.com
電話番号 045-828-6480
住所 神奈川県横浜市戸塚区品濃町1835ー29コーポレート東戸塚
診療時間 月・火・水・金 9:30~13:00 14:30~19:00
                     土          9:00~13:00 14:00~18:00 
     木・日・祝日:休診日

院長経歴

岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
ヨーロッパ・オッセオインテグレーション協会 イタリア・ローマ 2014年
ITIワールドシンポジウム スイス・バーゼル2017年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医
伊豆稲取 村松歯科医院矯正科 主任

まとめ

犬歯は他の歯を長く使うためには重要な歯です。八重歯になると犬歯は歯として機能しなくなり、周りの歯の寿命が短くなります。できれば10代のうちに八重歯を治して、犬歯が機能できる状態にした方が、将来、入れ歯になる可能性が低くなります。悪い歯並びの八重歯で目立つよりも、キレイな歯並びで目立った方が歯に取っても自分にとってもいいのではないでしょうか。

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*