歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯が割れた!歯根破折の原因と治療法

free

歯が割れる歯根破折が起こると歯を抜かなくてはいけないことがあるのです。歯根破折とは歯の根が割れてしまうことです。実は、歯を失う原因の第3位は歯根破折なのです。怖いですよね。歯根破折を起こすと治療も大掛かりになり、折れた歯の寿命も短くなってしまいます。今回は歯根破折の原因と予防法、歯根破折が起こってしまった後の治療法をお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

1.歯が割れる歯根破折(しこんはせつ)とは

歯根破折は歯の頭の部分ではなく、歯茎の中の根が割れることです。歯根破折が起こると口の中の細菌が、割れ目から歯や歯茎、骨の中に入り込み、歯の痛みや歯茎の腫れを起こします。歯が割れ始めの時はレントゲンで判らないため、知覚過敏と判断されてしまうことが多いです。割れ方によっては抜歯しなくてはいけなくなります。

DSC_1461

2.歯根破折の症状

2-1.歯がしみる

神経が残っている歯にひびが入ったり、割れたりすると歯がしみます。しみは出たり引いたりし、小さい亀裂であれば自然治癒することもあります。しかし、歯の亀裂が広がってくるとしみが強くなります。

2-2.歯が痛い

割れているところから神経に細菌が感染し、強い痛みが出ることがあります。痛みは激痛になることもあります。

2-3.噛むと痛い

噛むたびに割れているところが動くため、痛みが出ます。特に硬いものや磨り潰すようなものは痛みが強くなります。

2ー4.歯茎がうずく

歯が完全に割れる前は違和感やうずく感じがします。何となく痛みがあり、レントゲンにも映らないために、経過観察後に痛くなることがあります。

2-5.歯茎が腫れる

歯が割れた隙間から細菌が入り、歯茎が腫れることがあります。レントゲンには根の病気のように映ることもあり、根の治療をしても膿が止まらない場合は歯が割れていることが多いです。

2-6.歯がぐらぐらする

歯が割れると、割れた部分が動いてしまい、歯がグラグラしてきます。小さく揺れている場合もあれば、今にも抜けそうなくらい揺れてくる場合もあります。

2-7.頭痛がする

上顎の奥歯の場合、歯が割れた隙間から細菌が入り、上顎洞(じょうがくどう)に感染し、上顎洞炎になることがあります。顎の痛みや歯の痛み、頭痛を長引かせることがあります。詳しくは「虫歯じゃないのに歯が痛い上顎洞炎で起こる8つの症状と最適な治療法」を参考にしてください。

3.歯が割れる歯根破折の原因と予防策

3-1.転んだ、ぶつけたなどの外傷

上の前歯に多く、強い力が前歯にかかることによって割れることがあります。割れ方は横に割れることが多く、頭の部分が割れる場合、歯根が割れる場合、歯全部が抜けてしまうこともあります。

予防策

事故の場合は防ぐことができませんが、スポーツなどを行う際は出来るだけスポーツマウスピースを付け外傷から歯を守る必要があります。

3-2.神経を取ると歯がもろくなり割れやすくなる

神経が無くなってしまった歯は水分が無くなりもろくなり、割れやすくなります。特に奥歯には噛むときに60㎏程度の力が加わりますので、神経の処置をした後には土台で補強し、被せる必要があります。神経が無いのに歯を残して詰める形にすると歯が割れる可能性が大きくなります。

予防策

虫歯を作らないように予防する。神経を残す治療をする。歯は治療をすればするほど悪くなります。詳しくは「歯の神経を抜く前に知っておきたかった7つのことと最新治療法」を参考にしてください。

download (2)

3-3.金属の土台は歯が割れやすくなる

神経の処置をした後、土台を作る際、保険の金属を使うと歯が割れやすくなります。

  • 金属の土台は硬すぎるため、応力が金属の先端のところに集まり歯が割れる
  • 金属は型を取って作るため、ある程度太くする必要があり、残っている歯が薄くなり割れる
  • 金属の土台は歯にはめ込まれているため、噛んでいると土台が中で動き歯が割れる

予防策

ファイバー繊維の芯と強化プラスチックの土台を歯に接着させ、歯と土台を一体化させることによって、歯を割れにくくします。

3-4.ブリッジの土台の歯は割れやすくなる

歯がブリッジや入れ歯の土台になっていると、歯にかかる負担が大きくなり、歯が割れやすくなります。特に奥歯のブリッジや長いブリッジは1本の歯に加わる負担が何倍にもなり、負担過重のために歯が割れることがあります。

予防策

歯は少なくなればなるほど残っている歯に負担がかかります。1本の歯に1本分の力を負担させるにはインプラント治療が効果的です。インプラントに噛む力を分散させることによって、残っている歯を保護します。

図1

3-5.歯ぎしりや食いしばりが強いと歯が割れやすい

歯ぎしりや食いしばりは無意識の行動のため、歯に強い力が持続的にかかります。そのため神経がある歯でも歯が割れてしまうことがあります。そして歯ぎしりは歯が割れるだけでなく、歯が削れる、歯周病、顎関節症、頭痛など多くの負担を体に与えます。

予防策

歯ぎしりはストレスなどが原因といわれていますがはっきりとした原因は解明されていません。そのため現在はマウスピースを使って歯ぎしりの力から歯を守ることを行います。詳しくは「歯ぎしりによって起こる怖い出来事/マウスピースがあなたの歯を守ってくれる」を参考にしてください。

4.歯根破折の治療法

4-1.神経が残っていて痛みが強い場合は神経を抜く

歯が割れて神経の中まで細菌が感染している場合は、強い痛みが出ます。麻酔をし神経を抜く治療をします。細菌が亀裂の中や、根の先に入り込まないようにします。また、神経の治療をする際には亀裂が広がらないように、金属の輪で抑えて治療することもあります。

4-2.歯の内側を接着剤で付ける

部分的な亀裂の場合、歯の内面から接着剤で固定します。神経が残っている場合、神経を抜く治療をしてから行います。接着剤で固定した後、土台でも接着し、被せものをします。

4-3.割れている部分まで歯を部分矯正で引き上げる

歯の割れている部分が歯茎の上の方の場合は、部分矯正で歯を引き上げます。亀裂の部分を歯茎より出すことによって、細菌が歯茎の中に感染しないようにします。亀裂の場所、残っている根の長さによってできない場合もあります。

4-4.一度抜歯して接着剤で付ける

割れている部分が深くまで広がっている場合は、一度抜歯をして、接着剤で固定した後、元の位置に戻します。骨と付くまで固定した後に土台を作り、被せものをします。

4-5.割れている根だけを抜歯する(部分抜歯)

奥歯で根の数が複数ある場合は、割れているのだけを切断して抜歯します。残っているのを利用して、ブリッジや冠を被せます。

4-6.割れている歯をすべて抜歯する

歯が割れてしまい、根の周りの歯茎や骨が溶けて、感染している場合は抜歯をする必要があります。歯が割れてから時間がたつと隙間から細菌が入り歯茎が腫れたり、膿が出たりしてきます。割れた歯自体が感染源となっているために抜歯をする必要があります。

まとめ

歯は治療をすればするほど脆くなり、割れやすくなります。根まで割れてしまう歯根破折になると処置は大掛かりになり、抜歯が必要になることもあります。歯を削ることは歯の寿命を短くすることでもあります。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です