歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

大人になったら治したい!乱杭歯(らんぐいば)の治療法と費用と見た目について

shutterstock_156696998

大人になったので乱杭歯(らんぐいば)を治したいと考えている方も多いのではないでしょうか。乱杭歯はガチャ歯や叢生(そうせい)とも呼ばれ前歯が曲がっていたり、ずれていたりして歯並びが悪い状態です。しかし、費用や矯正装置の見た目が気になり、なかなか治療に踏み切れないものですよね。学生の時は可愛いと言われていても、社会に出ると歯並びの良さも重要になります。今回は乱杭歯の矯正治療法と費用、見た目などについてお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.乱杭歯(らんぐいば)とは

ガチャ歯や叢生などとも呼ばれ歯がずれていたり、重なり合っていたり、曲がっていたりしている歯並びのことです。顎が小さかったり、歯が大きかったりして、顎と歯のバランスが崩れることによって、歯並びが極端に悪くなってしまうことです。多くの場合、歯の抜歯を伴った歯列矯正を行い、歯と顎のバランスを整えます。

下の写真はかなりの乱杭歯です。八重歯が可愛いと言われるのは学生までです。社会人になってからはきれいな歯並びの方が知的にみえます。

治療後の写真です。別人かと思うくらいの歯並びになっています。ブラケット治療を2年程度おこないました。治療後は噛み合わせが戻らないようにする保定装置で経過を観察していきます。

2.乱杭歯(らんくいば)の歯列矯正法の種類と費用、見た目について

2−1.噛み合わせも治せるブラケット矯正

歯の1本1本にブラケットという矯正装置を付け歯を動かしていきます。ブラケット矯正は前歯の歯並びだけでなく、奥歯のかみ合わせも治すことができます。最も乱杭歯をきれいに治すことのできる治療法です。期間は2年半前後で、費用は80万円程度です。

shutterstock_189260420

見た目について

ブラケットには金属と透明なものがあります。また、ブラケットに通すワイヤーも金属と金属に白い樹脂をつけたものがあります。一般的には透明なブラケットに金属のワイヤーを使うと見た目も目立たず、期間が長くならずに矯正治療を行うことができます。詳しくは「あなたの八重歯はこうして治る/写真でわかる矯正治療」を参考にしてください。

2−2.前歯だけを治す部分矯正

部分矯正は奥歯には装置を付けず、前歯だけにブラケットをつけて、歯列矯正を行う方法です。奥歯のかみ合わせがきれいな方や、歯周病で奥歯を動かさない方がいい方におすすめの方法です。しかし、抜歯をした場合には、抜歯した隙間が残る場合がありますので、プラスチックやセラミックなどで残った隙間を埋める必要があります。20万円から40万円程度です。

見た目について

前歯にブラケット装置が付くのでブラケット矯正とあまり変わりません。奥歯に装置が付かないので違和感は少なくて済みます。詳しくは「前歯だけを矯正する部分矯正/短期間で治す5つの方法と費用」を参考にしてください。

2−3.周りに気付かれずに治すマウスピース矯正

マウスピース矯正はマウスピースを何度か作り変えることによって乱杭歯を治していく方法です。しかし、乱杭歯は歯のずれが大きくあまりマウスピース矯正には適しません。期間も大幅にかかってしまいます。60万円から80万円程度です。どうしてもマウスピース矯正で行いたい方は半年程度ブラケット矯正を行い、その後マウスピース矯正を行う方法もあります。大きな凸凹を先に治すことによって期間を短くできますが、費用は多くかかります。

shutterstock_100322954

見た目について

マウスピース矯正は見た目に矯正しているのがわからないのが大きな特徴です。また、食事や歯磨きの時に外すことができます。詳しくは「マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正」を参考にしてください。

2−4.見た目も噛み合わせも大丈夫/舌側矯正

歯の裏側に矯正用ブラケットをつけて乱杭歯を治します。ブラケットで治療を行うため精度の高い矯正治療ができます。舌がある内側に装置が付くため違和感は他の治療法に比べて強くなります。100万円から120万円程度です。

shutterstock_155143157

見た目について

歯の裏側に装置が付くため、矯正治療をしていることがわかりにくく治療を行うことができます。

3.乱杭歯によって起こること

3−1.汚いイメージがもたれる

欧米諸国では歯列矯正をすることは当たり前のことです。歯列矯正をしていないと親の教育が疑われるくらいです。また、大人になってから行う方も多くいます。乱杭歯を放置することは決して良いイメージを持たれることはありません。

3−2.虫歯になりやすい

乱杭歯の方は虫歯になりやすいです。凸凹や段差の部分に歯垢が残りやすく虫歯の原因になります。歯磨きもきれいな歯並びの方に比べ2倍以上丁寧に磨く必要があります。

3−3.歯周病になりやすい

乱杭歯の方は30歳を過ぎると急激に歯周病が進行しやすくなります。若いうちは体の抵抗力があるため歯周病にはなりにくいのですが年齢とともに歯周病のリスクが高くなります。乱杭歯で歯垢が残りやすく、噛み合わせが悪いと歯周病の進行が早まります。詳しくは「30代以上の方必見!歯周病に負けない5つの知識と3つの治療法」を参考にしてください。

3−4.歯科治療が複雑になる

乱杭歯の方の虫歯やブリッジの治療はとても複雑になります。歯がズレていたり、ねじれていたりするので完全な治療が難しく、治療できずに抜歯しなければいけない場合もあります。

まとめ

歯並びがきれいだねと言われると嬉しいものです。仕事でも恋愛でも自信を持って話したり、笑ったりできます。一人でも多くの方が歯並びの悩みを解決し、きれいな歯並びで人生のを楽しんでもらうことを願っています。

歯のブログの購読はFacebookが便利です