歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

ダイレクトボンディングは前歯のすきっ歯や虫歯を1日で治す治療法

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

前歯のすきっ歯や虫歯をきれいに早く治したいと思っている方も多いのではないでしょうか。ダイレクトボンディングとはプラスチックを歯に直接詰めたり盛ったりして治療する方法です。実は、ダイレクトボンディングは前歯を1日できれいに治すことができるのです。悩んでいた前歯のすきっ歯や虫歯がそんなに早く治ってしまうなんて驚きですよね。今回はダイレクトボンディングの治療法とメリット・デメリットをお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

1.ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは前歯のすきっ歯や虫歯を、歯科用のプラスチックで直接、歯に詰めて治療する方法です。以前は前歯を治療する際、型取りをして被せる治療が多くされていました。しかし、歯科用のプラスチックの進化により色や形を歯に合わせながらダイレクトボンディングによって1日できれいに治療することができるようになりました。

2.ダイレクトボンディングの治療の流れ

2−1.事前に歯茎を改善し、歯の表面をきれいにする

歯の表面の汚れをブラシできれいにします。歯周病で歯茎が腫れていると治療の時に出血し、ダイレクトボンディングに血の色がついたり、歯に接着しなかったりすることがあります。歯茎の腫れは事前に改善しておかなければ治療ができないことがあります。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−2.歯の表面に接着剤を塗る

歯の表面を酸で処理し、見えない汚れをきれいにした後、接着剤を塗ります。接着剤は歯とダイレクトボンディングを接着させる重要な部分です。水分が付いてしまうと接着力が落ちるために乾燥させながら治療を進めます。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−3.光を当てて接着剤を固める

接着剤を塗った部分に光を当て固めます。光を当てることによって接着剤が歯に着き、また、活性化しプラスチックが着きやすくなります。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−4.透明なシートを入れながらプラスチックを詰めていく

歯と歯の間に透明なシートを入れてプラスチックを詰めていきます。治療後、歯と歯がくっ付いてしまわないように透明なシートでカバーしながら、プラスチックを詰め、形を整えていきます。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−5.形を整えながら詰めていく

歯の色や形に合わせながらダイレクトボンディングを行なっていきます。歯の色を合わせるために2、3種類の色を重ね合わせながらプラスチックを詰めていきます。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−6.歯とプラスチックを馴染ませる

歯に詰めたプラスチックを刷毛を使って馴染ませ、段差がないようにしていきます。段差が残ると汚れが付きやすくなり変色の原因となります。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−7.詰めたプラスチックを光で固めます

ダイレクトボンディングで使うプラスチックは光を当てることによって固まるものです。柔らかい間に唾液などに汚染してしまうと劣化や変色の原因となるため、光を当てるとすぐに固まるものを使います。反対側も同じようにプラスチックを詰め、光で固めます。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−8.詰めたプラスチックの形を整え研磨します

詰めたプラスチックの形を微調整していきます。周りの歯と極力違和感のないように形を整え、きれいに磨いていきます。磨くことによって汚れが付きにくく光沢のあるダイレクトボンディングに仕上がります。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−9.治療終了

今回はすきっ歯の治療でしたが、前歯の虫歯治療も同じような原理です。虫歯が深ければ麻酔をして行います。歯と歯の間を詰めるのに、30分程度の治療時間です。

 

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

3.ダイレクトボンディングメリット

3−1.治療が1日でできる

ダイレクトボンディングは1日で治療を終えることができます。前歯のすきっ歯や虫歯などすぐに治したい部分を1日で治療が出来るために何度も歯医者に行く必要がありません。

3−2.きれいにできる

ダイレクトボンディングはきれいに治すことができます。ダイレクトボンディングは歯と同じ色の材料で治療を行うため、周りの歯と見分けがつかないくらいきれいに治すことができます。

3−3.歯を削る量が少なくて済む

ダイレクトボンディングはセラミック治療に比べ、歯を削る量を少なくすることができます。すきっ歯などの場合は歯を削らずにプラスチックを盛って治療を行うことができます。また、前歯の歯と歯の間の虫歯などでも極力歯を残しながら治療を行うことができます。

3−4.繰り返して治すことができる

変色や劣化したプラスチックを取り除いて治すことができます。ダイレクトボンディングは劣化したものを削り取りやすいため、新たな治療を繰り返し行うことができます。ただし、残っている歯の虫歯の進行によっては、再治療が出来なくなる場合もあります。

3−5.歯の形を変えることができる

ダイレクトボンディングは歯が小さかったり、捻じれていたりする歯の形を変えることができます。ダイレクトボンディングでプラスチックを盛り足していくことによって歯の形を周りの歯に合わせて変えることができます。ただし、出っ歯など大きく形を変化させることはできません。

3−6.小さいものなら奥歯でもできる

ダイレクトボンディングは小さな奥歯の虫歯も治すことができます。小さな銀歯を白く治療し直したり、歯の根元の削れをダイレクトボンディングで白く治療することができます。ただし、強度が強くないため奥歯の大きな詰め物は治療することができません。

3−7.金属を使わない

ダイレクトボンディングは金属を使わないために金属アレルギーの方には有効な治療法です。前歯に金属を使うと歯茎や歯が黒くなることがあります。金属は水分があるところではイオン化し、金属アレルギーの原因になります。詳しくは「お口の金属は大丈夫?金属アレルギーを悪化させないための7つの対策」を参考にしてください。

3−8.保険診療でできる

ダイレクトボンディングは保険診療で治療を行うことができます。虫歯がある場合などは保険診療内でダイレクトボンディングを行うことができます。自費診療用のダイレクトボンディングの違いは審美性をどこまで追求するかで、自費診療用はプラスチックを何層にも重ね、歯の色を合わせていきます。

4.ダイレクトボンディングのデメリット

4−1.劣化し、変色しやすい

ダイレクトボンディングはセラミックに比べると変色しやすいです。セラミックは陶器のため変色することはありませんが、ダイレクトボンディングはプラスチックのため、唾液などの水分を吸収し、劣化し、変色しやすくなります。半年くらいから徐々に変色し始め、3、4年程度で色が目立ち始めます。

4−2.汚れがつきやすい

ダイレクトボンディングはセラミックに比べると汚れが付きやすくなります。ダイレクトボンディングはプラスチックの材料で治療をするため、セラミックのように表面がツルツルしておらず、表面が粗いため汚れがセラミックに比べると付きやすいのです。そのため歯磨きの時にしっかりと磨いておく必要があります。

4−3.奥歯の大きな詰め物はできない

ダイレクトボンディングはプラスチックのため、セラミックや金属のように強度がなく、奥歯の大きな詰め物を治療することはできません。奥歯でも小さな虫歯や力が強くかからない部分を治療することはできます。

4−4.自費診療で行うことが多い

ダイレクトボンディングは保険診療ではなく自費診療で行っている歯医者も多くあります。色や形を極力残っている歯に近づけるためには何種類かのプラスチックを積み重ねて治療する必要があります。審美性を追求する場合は自費診療となります。

5.ダイレクトボンディングの費用

5−1.保険診療の場合

1歯:1,500円から2,000円程度です。

5−2.自費診療の場合

1歯:10,000円〜30,000円程度です。

おかざき歯科クリニックでは基本的には保険の診療内で行っております。希望があった場合は自費診療にて行います。

6.ダイレクトボンディングを長持ちさせる方法

6−1.デンタルフロスを丁寧に行う

shutterstock_93701998ダイレクトボンディングはプラークが残ってると劣化や変色が早くなります。特に歯と歯の間のプラークは劣化の原因となりますので、毎日丁寧にデンタルフロスを行うことによって長持ちさせることができます。詳しくは「歯医者は絶対やっている!デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ方法」を参考にしてくださ。

6−2.変色してきたら研磨してもらう

ダイレクトボンディングの表面が変色してきたら歯医者で研磨してもらいます。何度もやり直しをしますと残っている歯が小さくなってきてしまうので、多少の変色であれば表面を一層、歯医者で研磨してもらうときれいな状態に戻ります。

7.ダイレクトボンディング以外の治療法

7−1.ラミネートベニア

前歯の表面を一層削り、コンタクトレンズのようなセラミックのシェルを歯の表面に貼り付ける方法です。主に薬の影響で歯が変色してしまっている人やダイレクトボンディングを何回かやり直しているうちに、全体的なプラスチックの劣化が起こってしまっている人が行います。変色しないのできれいな状態が半永久的に続きます。詳しくは「オールセラミック/美と健康のために」を参考にしてください。

7−2.奥歯の詰め物にはセラミック

shutterstock_95473189セラミックは小さな詰め物から大きな詰め物、被せ物まで行うことができる治療法です。セラミックは劣化したり、変色したりしないため、口の中で安定した状態で維持します。ただし、あまり強い力が加わると欠けることがあるので、その場合はジルコニアという硬めのセラミックを使います。詳しくは「セラミックの歯/彼らが銀歯にしない6つの理由」を参考にしてください。

7−3.保険診療では銀歯

奥歯の大きな詰め物や被せものは保険診療で行うと銀歯になります。機能的には問題がありませんが見た目や劣化が激しい材料です。金属の隙間からの虫歯に注意が必要です。

まとめ

おかざき歯科クリニックでも多くの方にダイレクトボンディングですきっ歯や前歯の治療を行っています。皆さん治療後のご自身の歯を見て驚かれる方が多いです。悩んでいる方はぜひダイレクトボンディングで前歯の悩みを解消してみてはいかがでしょうか。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

おかざき歯科クリニックのセラミック治療の手順

おかざき歯科クリニックでは、セラミックで精密な治療を行ない、極力やり直しを少なくして、


残っている歯を保存することをオススメしています。



正しいセラミック治療を行なって、本来の白い歯を取り戻しましょう。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. りり より:

    こんにちは。先生のご意見を聞かせていただけないでしょうか。
    私は右前歯が小さい頃2ミリ程度先端がかけ、数年前ダイレクトボンディングの保険外樹脂で治療しました。左前歯と比べると右前歯がうっすら全体的に着色しているのが気になります。処置をした歯医者で聞いてみたのですが、ダイレクトボンディングをしてもらった医者は他の人を担当中で違う人でした。その方が言うには”神経が死んでることはないです。なので着色です。先端だけダイレクトボンディングをつけるということはしないと思うので、乾燥による変色ではないでしょうか” とおっしゃってました。出っ歯というほどでは全くありませんが確かに右前歯は1ミリほど前にでているのでありえるかもしれませんが、ダイレクトボンディング前は前歯は一度も変色したことはないんです。

    先端2ミリほどかけている場合全体に樹脂をつけるようなことってありえますか?

    特別な研磨をお願いしたことはないです。いつも歯石とりの後のつぶつぶが入った歯磨き粉でみがかれるだけです。
    ダイレクトボンディングの変色の場合は大きい粒の研磨剤をつかって磨くのでしょうか?

    1. hanoadmin より:

      お口の中を確認してみないとちょっとわかりません。

コメントを残す

*