歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯を白く!セラミックインレーが優れている5つの理由と費用

shutterstock_95473189

口の中が銀歯の詰め物のインレーだらけで人に見られるのが恥ずかしいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。インレーとは虫歯治療で行う詰め物で、保険診療では主に銀歯が使われます。しかし、実は銀歯ではなく白いセラミックでもインレーの治療ができるのです。セラミックインレーで虫歯の治療を行えば、歯がきれいになり、口の中が明るくなり、自信を持って話せるようになります。今回はセラミックインレーが優れている5つの理由と費用についてお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

sp_bnr_masai

1.インレーとは

奥歯の虫歯治療の時、歯を削り、歯型を取って作る小さな詰め物のことです。保険診療では主に銀歯を使います。奥歯には噛む力が強く加わるため、強い強度が必要です。そのため今までは銀歯や金歯など金属が多く使われてきました。しかし、セラミックの強度などが向上し、インレーを金属ではなくセラミックで行うことができるようになりました。

また、噛み合わせの一部を覆うとアンレー、全体的に被せる形になるとクラウンと呼び方が変わります。

2.セラミックインレーが優れている5つの理由

2−1.白い歯にすることができる

セラミックインレーは白く透明感のある材料で治療することができます。そのため歯の色に馴染み、治療後は白くきれいな歯に仕上がります。

2−2.歯を多く残して治療ができる

セラミックは多くの場合セラミッククラウンとして治療が行われてきました。クラウンは歯を全体的に覆う治療法です。セラミックインレーで治療を行うと、歯を小さく削ってセラミック治療ができ、以前よりも歯のダメージを少なくすることができます。

2−3.虫歯になりにくい

セラミックインレーは歯を接着剤で強固につけています。また、セラミック自体が劣化しないため、セラミックインレーと歯の隙間から虫歯になりにくくなっています。

2−4.汚れが落としやすい

セラミックインレーは表面がツルツルしているため汚れが付きにくい材料です。歯ブラシやデンタルフロスで歯垢を落とす時も簡単に落ち、清潔なため口臭も少なくなります。

2−5.再治療の時、全てを取り替えなくてもいい

セラミックインレーは歯と接着剤で一体化しているために、新たな虫歯ができた時に全てを取らずに治療ができます。金属の場合は隙間から中に広がっているため、必ず外して治療をする必要があります。しかし、セラミックインレーは隙間がなく、劣化しない材料のためセラミックを残して小さく歯を削って、新たな治療をすることができます。

3.セラミックインレーのデメリット

3−1.保険診療ではできない

セラミックインレーは保険診療では認められていない治療になります。保険外診療で費用は3万円〜7万円程度です。大きくなればなるほど費用は高くなるため、できるだけ虫歯が小さい内にしっかりとした治療を行い、その後、新たな虫歯ができないように予防していくことが重要です。

3−2.噛む力が強いと割れることがある

セラミックインレーは茶碗みたいな陶器と同じ材料でできています。歯ぎしりなど強い力が加わると割れたり欠けたりすることがあります。多少の欠けであれば、丸めて使うことができます。歯ぎしりが強すぎる場合はジルコニアという硬いセラミックを使ったり、マウスピースで歯の削れを防ぐようにします。詳しくは「欠けないセラミック!ジルコニアのメリット・デメリット」を参考にしてください。

4.セラミックインレーの治療法

4−1.銀歯が取れた

銀歯が取れた歯は多くの場合、虫歯になっております。銀歯が劣化し、歯と銀歯の隙間から虫歯になり、銀歯が取れるのです。

4−2.虫歯を取り除く

虫歯は黒かったり、白かったり、また硬かったり、軟らかかったりなど多くの状態を示します。見た目ではわからない部分もあり、う蝕検知液という薬を使って、赤くし、虫歯菌に侵された歯の部分だけを取り除いていきます。

4−3.虫歯が深い部分は神経を再生させる

虫歯が深い部分は神経もダメージを受けています。神経を再生させる薬を詰めて、できるだけ神経を残した治療を行います。

4−4.セラミックインレーを詰める

セラミックインレーは歯と一体化します。歯と近い色で治療ができ、見た目にもとても綺麗に治療ができます。

 

5.セラミックインレーの治療例と費用

5−1.奥歯の銀歯をセラミックで治療

口に銀歯が入ると口の中全体が暗く見えてしまいます。歯と同じ白いセラミックにすることによって明るい口の中へと変わります。

おかざき歯科クリニックではセラミックインレー3万円/1本、セラミックアンレー5万円/1本、奥歯のセラミッククラウン7万円/で行っております。セラミック治療の金額は歯医者によって異なりますので、かかりつけの歯医者で相談の上、治療を行ってください。

5−2.小さい銀歯もセラミックインレー

歯はもともと白いのです。そこに銀歯が入れば黒く見えてしまいます。せっかく虫歯を治療してもそこが目立ってしまえば、治療をしても残念な気持ちになります。しかし、セラミックインレーで治療を行えば、治療後は元の歯と同じように、きれいな歯に戻ります。

Unknown-1 のコピー

Unknown のコピー

6.その他の治療で歯を白くする方法

6−1.プラスチックで詰めるコンポジットレジン

コンポジットレジンはプラスチックで、保険診療内でできる治療法です。小さな虫歯や噛む力が掛からないところに使うことができます。劣化や変色が起こりやすいために定期的にやり直す必要があります。詳しくは「一日で白く治せるコンポジットレジン/虫歯も欠けてしまった歯もその日のうちに元通り!」を参考にしてください。

6−2.ハイブリットレジン

ハイブリットレジンはセラミックとコンポジットレジンが混ざった材料です。セラミックインレーに比べると変色や劣化が起こりやすい材料です。ハイブリットレジンインレーは保険外診療になり2万円〜5万円程度です。小臼歯のハイブリットレジンクランは保険診療で行うことができます。

7.おすすめの歯医者

虎ノ門の『まさいデンタルクリニック

東京都港区虎ノ門1-1-23虎ノ門東宝ビル2階
http://www.masai-dc.com/ceramic/

03-1

まさいデンタルクリニックはセラミック治療を歯のブログがおすすめする歯医者です。院長はセラミックなどの被せ物の歯学博士を取得し、多くの学会の認定医でもあります。歯のセラミック治療をご希望の方は是非まさいデンタルクリニックでご相談してみてください。詳しくは「虎ノ門のまさいデンタルクリニック/セラミック治療がおすすめ」をご覧ください。

まとめ

歯は一度治療をしてしまうと歯に詰めた材料の劣化で、虫歯を繰り返してしまいます。最終的には歯がなくなってしまいます。まずは虫歯ができない口の中の環境づくりが必要です。もし、虫歯になってしまったら劣化の少ないセラミックなどの材料で治療をし、できるだけ再治療をしないようにすることが自分の歯を守る秘訣です。

おかざき歯科クリニックのセラミック治療の手順

おかざき歯科クリニックでは、セラミックで精密な治療を行ない、極力やり直しを少なくして、


残っている歯を保存することをオススメしています。



正しいセラミック治療を行なって、本来の白い歯を取り戻しましょう。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です