東戸塚のおかざき歯科クリニックのインプラント治療の流れ

安全を第一に考えるインプラント

東戸塚のおかざき歯科クリニックのインプラント治療の特徴は安全を重視するための設備が整っていることです。歯を失った人にとってインプラントはとても有効な治療です。しかし、外科的な治療を伴うためより安全な治療を行う必要があります。インプラント診断に欠かせないCT、インプラントを適切な位置に設計するためのシュミレーションソフト、痛みや出血を極力抑えるガイデッドサージェリー(マウスピースにより切開をしない方法)を使い、世界基準のインプラントを行っております。

納得された上での治療開始

インプラント治療のメリット、デメリット、インプラント治療をすることによって今後どのようなことが得られるのかなど、丁寧に説明させていただきます。ご本人にとって最善の治療は何かを相談させて頂きながら治療をしていきます。ご本人が納得されてから治療は開始となります。もし、心配なことがあればコーディネーターと相談をし進めることもできます。

インプラント治療の流れ

1.電話でインプラント相談のお約束をお取りください

インプラントに興味があったり、インプラントがどういうものか知りたい方、治療を希望される方はまずインプラント相談のお約束をお取り下さい。電話でどのようなことが知りたいのかお話しください。1時間のお約束を取らせていただきます。お体の状態やのんでいる薬を確認するためお薬手帳をお持ちください。

2.問診票を記入していただきます

問診票にはご自身で現在気になることを記入してください。また、お体のことやお薬のことは出来るだけ詳しく記入してください。インプラント治療に関係の深い血圧、糖尿病、骨粗しょう症のお薬をのまれている方は特に詳しく記入してください。

__ 4 (2)

3.お話を伺います

ご本人のご希望を伺います。今まで入れ歯を使っていたけどよく噛めない、歯を抜いたままにしてある所がある、など今悩んでいることをお話しください。インプラント治療で解決できるかどうか詳しくご説明します。また、問診票で記入していただいたお体やお薬のことをもう一度詳しくお聞きします。

__ 2 (3)

4.お口の中の状態を確認するために写真とレントゲン撮影を行います

お口の中の写真とレントゲンを撮影し、現在の状態を一緒に確認しながら説明させていただきます。インプラントができるのか期間や金額などをお話しします。また、インプラント以外の方法も説明させていただきます。インプラント、ブリッジ、入れ歯についてご理解いただき選択していただきます。無理にインプラントをお勧めすることはありません。ご自身で納得したうえで治療をしていただきます。

__ 3 (2)

5.かみ合わせの模型の型どりとCT撮影をします

インプラント治療を希望されると詳しい検査をしていきます。かみ合わせの型どりをしてどのような位置にインプラントを入れるとしっかり噛めて、長く使えるかを検討します。その後、CT撮影を行いインプラントの位置を決定します。

IMG_0072

CT撮影とは

歯科治療では一般的にパノラマレントゲン(お口全体のレントゲン)かデンタルレントゲン(歯が4本程度入るレントゲン)を使い治療をします。しかし、インプラント治療は神経の位置や骨の厚みなど3次元的に診断をしてインプラントの入れる位置を決めるためにCT(コンピューター断層撮影)が必要になります。

ct-17

6.インプラント診断と説明

CT撮影の結果をシュミレーションソフトで設計をしインプラントの位置、長さ、本数などをご説明します。また、治療の流れなどをもう一度詳しくご説明し、手術当日や終わった後どのようにしていればいいかなど不安な面を解消します。

シュミレーションソフトとは

CTをとった3D画面にインプラントを画面上で入れていきます。神経や骨の厚みを確認しながら、インプラントの太さや長さ、数を決定していきます。

ダウンロード (1)

7.手術日程を決め、マウスピースの作成

インプラント手術の日程を決めて、手術用のマウスピース(ガイデッドサージェリー用)の作製に入ります。

手術用のマウスピース(ガイデッドサージェリー用)とは

インプラント手術の際、シュミレーションソフトで設計したインプラントを、ずれないように同じ位置に入れるためのマウスピースです。小さい穴からインプラントを入れるため、余分な切開や骨を削る必要がないために、腫れや痛みも少なく、歯茎を縫うこともなくインプラント手術ができます。

__ 5

8.インプラント当日

抗生物質を1錠飲んできてもらいます。食事をとり、歯磨きをしっかりして、ゆったりとした服でいらしてください。まず、体調を確認し、お口の中をきれいにしていきます。インプラントの手術時間は手術用のマウスピースを使うことにより、1本であれば20分程度で終わります。インプラントを入れた後はレントゲンで位置や方向を確認します。

__

9.インプラント終了後

レントゲン上のインプラントの状態を説明します。麻酔が切れる前に痛みどめをのんでもらい、当日の注意事項を説明します。インプラント手術当日はゆっくりと休んでください。翌日からは普通に生活していただきます。

10.翌日の消毒

翌日に腫れや痛み出血などの確認をいたします。腫れや痛みが出る方は少ないのですが、内出血など確認をさせていただきます。問題がなければ1週間後、1か月後と間を空けていきます。

11.3か月後~4か月後レントゲンで確認をします

骨とインプラントがつき、安定しているか確認していきます。ほとんどの場合は3か月程度で安定してきますが、人によっては半年ほど待つ場合もあります。

000000000rama

12.被せものの型どりやかみ合わせを取ります

精密な型を取り、残っている歯とインプラントのずれがないように土台や被せものの型どりをします。また、奥歯が長期間なかった場合には顎の筋肉や噛み合わせが大きくズレている場合もあるので、お顔の位置関係も合わせて取るようにします。

13.被せものを付け、かみ合わせを調整

__ 2 (2)

土台や被せものを付けてから、かみ合わせを何回かに分けて調整をしていきます。インプラントを入れることによって顎の筋肉が元の状態に近づいてきます。それによって顎の位置や噛み合わせの位置が変化するため、期間を空けながら調整をしていきます。

14.定期的なクリーニング

__ (2)

インプラントは定期的にクリーニングをしていく必要があります。インプラントと歯茎の間に汚れが溜まり続けてしまうと、インプラントの周りの骨が溶けて抜けてしまうこともあります。インプラントを長期間使っていただくためにはメンテナンスは欠かせないことです。

2.治療例

1.右上の入れ歯をインプラントにする

右上の入れ歯を入れていたがよく噛めないのでどうにかしたいとの相談でした。右上には取り外し式の入れ歯を使っていて、硬いものなどはほとんど左でかんでいる状態でした。そのためお顔の筋肉が左だけ張って、右は筋肉が緩んで、顔が左右非対称になっています。今回は右の入れ歯の部分にインプラント治療を行い左右でしっかり噛める状態にすることを目指しました。

始めの状態

図3

図1

インプラントに被せものをした状態

図5

図6

 

2.上の揺れている差し歯と下の総入れ歯をインプラントにする

00000048

00000048

3.前歯の1本をインプラントにする

インプラント2

インプラント1

3.インプラント治療後の感想

65歳女性:久しぶりに会った友達から「アレ、顔かわった。整形したの?」って言われました。思い切ってインプラントを入れていただき本当に良かったと思いました。ありがとうございました。スタッフの皆様も明るく歯医者さんに行くのが楽しみです。

60代女性:今回インプラント治療をしていただきありがとうございます。始めインプラント治療は怖いイメージがありましたが、終わって見ると腫れも痛みもなくすぐに食事がとれるようになりました。入れ歯の時は食べたいものも食べられず、ほとんどが飲み込むだけでしたが今では何でもおいしくいただけます。また、インプラントを入れて、周りの人から若くなったといわれるようになりました。

4.インプラント担当医紹介

_UTS7511岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

5.安全のための最新の医療機器を完備

_UTS7297

1.DACプロフェッショナル

pi_verteiler_dac_professional_280

医科の基準に準じた高度な滅菌を提供しています。ドイツ製のDACプロフェッショナルは小型高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)のヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアーする、高度なオートクレーブです。

2.DACユニバーサル

pi_einstiegsseite_dac_unviersal_646

歯科の歯を削る機械を滅菌する完全オートメーション化された滅菌システムです。治療後は全ての器具をこのシステムで滅菌しています。

3.CT‐X装置

pi_verteiler_orthophosxg3d_280

低被ばくで高解像度のX線CT装置。

ご予約はこちらからどうぞ