虫歯が痛い!すぐにできる自宅で行う症状別の対処法と歯医者の治療

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

あなたは虫歯が痛くなってきて、どうにか痛みを抑えたいと思っているのではないでしょうか。そしてこのまま虫歯を放置すれば、痛みはどうなるのか心配されているのではないでしょうか。

虫歯の痛みは一時的なものが多く、時間が経つと痛みが少なくなってきます。歯がしみて痛い時は一時的にしみて痛いだけでその後は治ります。歯が激痛で痛い時も時間が経てば徐々に治まってきます。

しかし、実は虫歯が治ったわけではなく、より虫歯が進行してしまった状態なのです。一度痛みが出た虫歯は自然治癒することなく、痛みが消えてもどんどん悪い方向に進行してしまうのです。

今回は虫歯の痛みの原因、痛みの状態による対処法や治療法についてお伝えします。

目次

1.虫歯が痛い原因は神経へのダメージ

歯は主に3つの構造で出来ています。歯の表面を覆っているエナメル質は神経が通っていないため痛みが出ない部分です。エナメル質の虫歯である初期虫歯では痛みが出ません。

象牙質(ぞうげしつ)まで虫歯が進行すると、少しづつ痛みが出始めます。象牙質には歯の神経からつながる細い管(象牙細管:ぞうげさいかん)があり、虫歯が進行すると象牙細管に刺激が加わり、歯がしみるという痛みが出ます。

虫歯が神経まで進むと強い痛みが出始めます。痛みは人によって違いますが、歯がしみた後、痛みが長く続いたり、激痛になる方もいます。
そのまま放置すれば神経は自然に死んでしまい痛みは無くなりますが、虫歯菌が歯の根の先に入り込み根の先に膿が溜まり、噛んだ時の痛みや歯茎の痛みに変わります。

2.虫歯の痛み別の対処法

2-1.虫歯で冷たいものがしみて痛い時の対処法

虫歯は象牙質まで進んでいます。冷たいものや温かいものなど温度差がある飲食は控えるようにしてください。虫歯によって象牙質の中にある神経が入っている細い管(象牙細管:ぞうげさいかん)に刺激が加わり、温度差があるもので痛みが出ます。

また、虫歯の進行を遅らせるためにフッ素のジェルなどを使うことをお勧めします。フッ素は進行性の虫歯を慢性化させて虫歯の進行を止めたり、虫歯を硬くしたりします。

おすすめ商品 ライオン チェックアップジェル ミント 60g 1,065円

ライオンのチェックアップジェルミントはフッ素が新しい基準の1,450ppm含まれて、他のものよりフッ素の濃度が高い商品です。おり詳しくは「フッ素塗布が虫歯を予防する効果と自宅でできるフッ素の使い方」を参考にしてください。

メーカー説明 http://www.lion-dent.com/client/products/basic/checkup_g.htm
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨チェックアップミント amazon.co.jp

2−2.虫歯でものが詰まると痛い時の対処法

虫歯で歯に穴が開くと食べかすがつまり、神経や歯茎を圧迫し痛くなります。食べかすは歯ブラシや歯間ブラシなどで丁寧に取り除きます。また、穴の開いた部分には正露丸や矯正用ワックスを詰め再度ものが入り込まないようにしておきます。

おすすめ商品 正露丸 大正製薬100粒 1,080円(実勢価格 668円)

正露丸は虫歯で開いた穴に詰めて使います。正露丸の中にはクレオソートという薬が含まれており、この薬は虫歯で神経が痛い時に和らげる作用があります。歯医者でも以前はクレオソートによって神経の痛みを抑えたり、歯の消毒をしていました。

メーカー説明 https://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/truth/trouble.html
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨正露丸 amazon.co.jp

おすすめ商品 矯正用ワックスオーソシル10個入り 2,955円

矯正治療用ワックスは矯正器具が頬に当たってできる口内炎を防ぐものです。本来は虫歯に詰めるものではありませんが、どうしても物が詰まって虫歯が痛い時に矯正用ワックスを虫歯に詰め、歯医者の予約までの時間稼ぎでお使いください。

アマゾンで購入希望の方はこちら⇨矯正用ワックスamazon.co.jp

2−3.虫歯でズキズキと痛い時の対処法

歯がズキズキと痛い時は冷やすか痛み止めをのんでください。痛みの原因は神経が入っている空洞で血液が充満し、神経を圧迫しているため痛みが強くなります。そのため、痛みを取るには神経を圧迫している血流を減らすために冷やすこと、痛みを中枢から抑えるために痛み止めをのむことです。

おすすめ商品 ロキソニンS 12錠 第一三共ヘルスケア 630円

ロキソニンsは歯科で出される痛み止めの成分とほぼ近いものです。注意事項を確認の上、のんでください。ただし、痛みが一時的に引いてもまた繰り返すか、虫歯菌がもっとひどくなる場合があるので、早めに歯医者で診てもらう必要があります。詳しくは「ロキソニンやロキソニンSで歯痛を効果的に止める方法と注意すべき副作用」を参考にしてください。

メーカー説明 https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/loxonin-s_1.pdf
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨ロキソニンs  amazon.co.jp

2−4.虫歯で噛むと痛い時の対処法

硬いものを食べるのを避け、痛い歯を安静にしてください。虫歯で噛むと痛い時は歯の神経の一部か全部が死んでしまっている可能性があります。場合によっては強い痛みが出ることもありますので、ロキソニンSなどの鎮痛剤をのんでください。

2−5.虫歯で歯茎が痛い時の対処法

腫れが強い場合には冷えピタ等で冷やしたり、ロキソニンSなどの鎮痛剤をのんでください。虫歯によって根の先に膿が溜まり歯茎が腫れ、痛みとなります。状態が悪化すると顔の形が変わるくらい腫れることがありますので、早めに歯医者に行くことをおすすめします。根の先にたまった膿のことを歯根嚢胞(しこんのうほう)や根尖病巣(こんせんびょうそう)と言います。

2−6.どうしても虫歯が痛くて我慢できない時の対処法

日中でかかりつけの歯医者が開いていれば連絡し、歯の痛みの説明を行って応急処置を行ってもらいます。また、夜間や休日にどうしても痛みが強い場合には、地域の夜間・休日救急センターを利用して下さい。 横浜市の場合:横浜市歯科保健センター 横浜市中区相生町6-107 電話045-210-7737

3.虫歯で歯が痛い時に絶対やってはいけないこと

3-1.痛い歯をいじると痛みが強くなるので避ける

歯の周りの汚れを取ることはいいのですが、歯を揺さぶったり、たたいたりしても痛みは変わりません。刺激が加わり痛みが強くなるだけなので、痛い歯は安静にしてください。

3-2.アルコールを飲むとその後の痛みが強くなるので避ける

酔えば中枢が麻痺し、一時的には痛みを忘れることができますが、血液の循環が良くなるために、その後強い痛みに襲われます。

3-3.熱い風呂に入ったり、激しい運動をすると血液の循環が良くなり痛みが増すので避ける

血圧が上がるようなことは避けて下さい。血圧が上がると痛みがある歯の血液の循環が良くなり、血流で神経を圧迫し、痛みが強くなります。また、体を温めると同様に痛みが増します。

3−4.アルコール成分の強い洗口剤は神経を刺戟するので避ける

痛い時にアルコール成分の強い洗口剤を使うと神経が刺激されより痛みが強くなります。虫歯で痛い時はできるだけ洗口剤は避けてください。

4.虫歯の痛み別の治療法

4-1.虫歯で冷たいものがしみるとき、物が詰まって痛い時の治療法

冷たいものがしみる場合には虫歯が象牙質まで達し、神経の近くまで進行している可能性があります。虫歯の治療は歯の神経をできるだけ残すように治療を行います。虫歯菌に侵された歯を取り除き、神経が近い場合や神経が見えてる場合には歯の再生を促す薬を使い、神経をできるだけ残します。その後は金属やセラミックなどで虫歯の部分を補います。詳しくは「最新治療!MTAセメントが効果を発揮する5つの治療法」を参考にしてください。

4-2.虫歯で歯がズキズキと痛い時の治療法

神経を取る処置が必要です。虫歯で痛い歯に麻酔をし、口の中の細菌が感染しないようにしてから、歯の神経を抜く処置をします。治療中は歯の中で血液があふれかえっているため麻酔が効きにくく、治療に痛みを伴うこともあります。麻酔を追加しながら治療を行います。詳しくは「激痛の時の治療法/歯の神経を抜く抜髄(ばつずい)とは」を参考にしてください。

抜髄治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。

4-3.虫歯で噛むと痛い、歯茎が腫れて痛い時の治療法

歯の根の治療が必要になります。歯の根の中には虫歯菌が感染しています。神経を抜くのとは違い、感染している歯の部分を削り取る感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)が必要になります。根の中を繰り返し消毒し、細菌を減らしていきます。詳しくは「根管治療の専門医が行っている最新治療法と一般歯科との治療の違い」を参考にしてください。

また、根の治療では治らない場合には外科的に根の先の一部を取り除く歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)が必要になることがあります。詳しくは「歯根端切除術/根の治療では治らない膿の袋を取り除く」を参考にしてください。

根管治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。具体的にイメージが湧くと思います。

5.虫歯の治療後の痛みについて

5-1.虫歯治療の後にしみる痛み

虫歯の治療をした後にシミが続くことがあります。神経が過敏になっているためです。ほとんどの場合2,3日で落ち着いてきます。場合によっては長く続くこともありますが、強い痛みでなければ神経の処置はしないようにします。私も治療をしてもらって2年しみが続きましたが、現在は問題なく経過しています。

5-2.神経を残す治療をした後の痛み

神経をギリギリで残す治療をすると、その後に痛みが出る場合があります。これは神経の一部に細菌が入ってしまっているからです。一時的な痛みであれ鎮痛剤をのみ様子をみます。痛みが続くようであれば、残念ながら神経を取ります。

5-3.神経を取った後の痛み

神経を取った後に強い痛みが出てしまうことがあります。この場合は鎮痛剤を飲んでもらいます。4,5日で治ることが多いのですが、人によっては治療の度に痛みが出てしまう方もいます。何度も根の中をいじってしまうとかえって痛みが続きますので、根の中がキレイであれば薬を詰めてもらい様子を見ます。半年から1年くらい噛んだ時の痛みや、違和感が残る方がいます。

5-4.被せものをした後の痛み

被せものをした後に、かむと痛いと感じることがあります。これは今まで強く噛めなかったために周りの骨が緩んできているためです。噛む力を与えていくと周りの歯になじんで徐々に痛みはなくなってきます。ただし、痛みが続くようであれば神経を取る処置をしたり、歯にひびが入っていたり、割れていたりすれば抜歯をしなければいけない場合もあります。

6.おすすめクリニック

おかざき歯科クリニックの基本情報

ホームページ http://www.okazaki-dental.com
電話番号 045-828-6480
住所 神奈川県横浜市戸塚区品濃町1835ー29コーポレート東戸塚
診療時間 月・火・水・金 9:30~13:00 14:30~19:00
                     土          9:00~13:00 14:00~18:00 
     木・日・祝日:休診日

院長経歴

岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
ヨーロッパ・オッセオインテグレーション協会 イタリア・ローマ 2014年
ITIワールドシンポジウム スイス・バーゼル2017年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医
伊豆稲取 村松歯科医院矯正科 主任

まとめ

歯に痛みが出るときは歯からの SOSです。早急に歯医者の予約を取り、治療を受けてください。ほとんどの痛みは一時的で時間が経てばなくなることもあります。しかし、それは決して治ったわけではありません。より悪化しているのです。早めの治療の方が費用や期間も少なくて済みます。

あなたの歯の悩みを解決します

あなたの歯の悩みを解決

ひとりで悩んでいませんか?


・歯医者で抜歯と言われたが、本当に歯を抜かなければならないのか

・歯の根の治療をしているが、いつまでも終わらないので不安

・治療してもらったが、痛みや違和感がなくならない


おかざき歯科クリニックでは、まず自分の歯の状態を知っていただいた上で、最新の治療法や保険の適用まで詳しく説明します。一人一人に合った専門性の高い治療を提供しています。
20年後、30年後も自分の歯で美味しく食事をしていただくための治療法や予防法をあなたと一緒に考えていくクリニックです。


虫歯治療の流れを見る

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*