歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

前歯のスマイルデンチャー/削りたくない、インプラントが怖い方におすすめ

前歯に違和感を感じ、歯医者に行ったらもう抜かなければいけないと言われ、ショックを受けているのではないでしょうか。前歯を抜いてしまったらどうなるのと不安に感じますよね。

ブリッジは前後の歯を削らなくてはいけないし、インプラントはまだ不安が残る、でも前歯なので入れ歯のフックが見えるのは困りますよね。

そんなあなたにおすすめなのがスマイルデンチャーです。スマイルデンチャーは所詮入れ歯ですよね、と思われるかもしれませんが、見た目で他人に入れ歯だと気づかれる心配はありません。

今回は前歯をスマイルデンチャーで治療するのにおすすめな方やデメリット、またその他の治療法についてもお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.前歯のスマイルデンチャーとは

スマイルデンチャーとは金属のフックがない入れ歯です。ノンクラスプデンチャーとも呼ばれます。通常の入れ歯は、金属のフックを残っている歯に引っ掛けて、入れ歯が取れたり浮いたりしないようにしています。しかし、この金属のフックが目立ってしまい見た目が悪くなってしまいます。スマイルデンチャーはこの金属のフックの代わりに、弾性のあるプラスチックを使うことによって、笑っても自然な歯のように見える入れ歯のことです。

スマイルデンチャーの費用

スマイルデンチャーは保険治療では作製することができません。保険外診療となり、前歯1本であれば8万円〜15万円程度です。

スマイルデンチャーが入っていない時の写真

実はこのような形で口の中に入っています。その他のスマイルデンチャーに関しては「入れ歯の金属がないスマイルデンチャーのメリット・デメリットと費用」を参考にしてください。

 

2.前歯のスマイルデンチャーがおすすめな方

2−1.インプラントが不安な方

インプラントとは歯を失ってしまった歯の顎の骨に、人工歯根(インプラント)を入れて、新しい歯を作る治療法です。最近は一般的な治療法になってきましたが、まだ心配な方も多いようです。また、重度な糖尿病や、骨粗しょう症の方はできないため、そのような方はスマイルデンチャーがおすすめです。

2−2.ブリッジで歯を削りたくない方

歯のブリッジとは失ってしまった歯の前後の歯を削って、橋をかけるように前後2本の歯で、3本の歯を作ることです。前後の歯がもともと被せ物がしてあるのであれば、外せばいいだけですが、削ったことのない綺麗な歯の場合は、歯のダメージが大きくなります。前後の歯が綺麗な歯の人にはスマイルデンチャーもいいのではないでしょうか。
また、将来インプラントを考えている方も、歯を削ってからでは遅いので、とりあえずスマイルデンチャーにして、将来インプラント治療にする方も多いです。

2−3.入れ歯の金属が気になる方

前歯に入れ歯のフックがかかると目立ってしまいます。誰でもそれは避けたいですよね。スマイルデンチャーであれば前歯でも自分の歯と見分けがつかないため、安心して笑えます。

3.前歯のスマイルデンチャーのデメリット

3−1.保険治療ではできない

スマイルデンチャーは保険外診療になります。費用は前歯1本であれば8万円〜15万円程度です。インプラントや歯のブリッジ治療に比べれば安く済みます。保険治療で前歯の入れ歯を作ると、金属のフックが必要になります。

3−2.噛み合わせによってはできない

前歯のスマイルデンチャーはすべての人に治療ができるわけではありません。特に噛み合わせが深い人の場合は歯に掛かる部分がないため、治療ができない場合があります。

3−3.変色や劣化がある

スマイルデンチャーはすべてをプラスチックで作るため、セラミックでつくられるブリッジやインプラントに比べ劣化しやすいです。劣化するとスマイルデンチャーがゆるくなったり、変色したりします。修理は難しく、新しく作る必要があります。

3−4.取り外して手入れをする必要がある

スマイルデンチャーはお手入れが必要です。できれば毎食後、外して綺麗にし、寝る前には入れ歯洗浄剤で殺菌することをおすすめします。詳しくは「カビに注意!入れ歯洗浄剤を毎日使ったほうがいい6つの理由」を参考にしてください。

3−5.硬いものやくっつきやすいものは避ける

スマイルデンチャーはプラスチックでできているため硬いものを食べると壊れてしまうことがあります。また。自分で取り外しが出来る入れ歯なため、くっつきやすいものを食べると食事中外れてしまうことがあるので注意が必要です。

4.スマイルデンチャーの治療法

4−1.噛み合わせの確認と調整

口の中の噛み合わせの確認をします。必要であれば、歯を少し削り、調整を行うこともあります。また、噛み合わせの状態によってはスマイルデンチャーができないこともあります。

4−2.歯型をとります

歯を抜歯後、歯茎の状態が改善してから歯型を取ります。噛み合わせによっても違いますが、基本的にはスマイルデンチャーを作る部分と、噛み合う反対側の歯型もとります。例えば上の前歯のスマイルデンチャーを作る場合は上の歯型と、下の歯型両方ともの型を取ります。

4−3.出来上がります

スマイルデンチャーは柔らかいブラスチックで作るために、初めてつけた時はきつく感じます。使っていると徐々になじんできます。また、長く使うとスマイルデンチャーはゆるくなってきます。修理が難しいため、再度作り直す必要があります。

5.その他前歯をきれいに治す治療と費用

5−1.セラミックのブリッジ

前後の歯を削る必要がありますが、セラミックのブリッジは変色もなく、きれいに違和感なく使うことができます。完全に歯に固定されているため歯と同じように食事をすることができます。費用は被せ物が3本の形で30万円〜45万円程度です。詳しくは「前歯のブリッジ治療/セラミックと保険の違い、費用と寿命」を参考にしてください。

5−2.インプラント

骨に人工歯根のインプラントを入れて、セラミックの冠を被せます。顎に直接つながっているため通常の歯と同じように噛むことができます。費用は30万円〜40万円程度です。詳しくは「インプラント治療で残っている前歯を削らない!ブリッジより優れている5つのこと」を参考にしてください。

6.前歯を抜く前の治療法

前歯を抜歯しなくてはいけない主な理由は歯が割れてしまうことです。特に歯の神経がなく、金属の土台が入っていると噛む力や歯軋りが長期間加わると割れやすくなります。割れ方によっては歯を接着剤でつけることも可能なので、抜歯前に一度、破折の接着治療を行っている歯医者で確認されることをお勧めします。詳しくは「歯が割れた!歯根破折の原因と治療法、費用」を参考にしてください。

まとめ

前歯を抜くとなるとその後どうなるのか誰もが心配になります。歯医者の多くではインプラントやブリッジを進められることが多いです。しかし、すぐに決めることができない場合は一度、スマイルデンチャーを作ってみてはいかがでしょうか。もし、スマイルデンチャーで満足すればそのまま使い続ければいいですし、やはり硬いものも食べたいというのであれば、インプラントやブリッジを検討すればいいのです。歯を削ってからでは、元に戻すことはできないのです。

歯のブログを書く私が、本当に信頼している歯医者はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です