知っておきたい金歯の実力!セラミックや銀歯との比較

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

あなたは今日、歯医者で奥歯の治療で金歯を勧められ、迷われているのではないでしょうか。せっかく治療をするなら白いセラミックにしたいと思いますよね。しかし、噛み合わせによってはセラミックより金歯にした方が歯が長持ちする場合があるのです。

奥歯は顎の関節に近いため、噛む力が自分の体重くらい歯に加わります。そのため奥歯のセラミックが欠けたり、割れたりしてしまうことがあるのです。近年はセラミックの中でも硬いジルコニアという材料が開発されていますが、それでも割れてしまうこともあります。

金歯は噛む力に抵抗できる硬さだけでなく、使っていくうちに形が変わってくる柔軟性も持ち合わせているのです。そのため奥歯、特に一番奥の歯に金歯を使うことが多いのです。今回は金歯とセラミックの比較についてお伝えします。

1.割れない金歯の治療例(一番奥の歯の場合)

下記の写真は一番奥歯に金歯、奥から2番目の歯にセラミック治療を行っている方です。噛む力が強く、歯ぎしりもあるため、奥から2番目のセラミックが破折しています。

左下の内側の写真です。セラミックが破折しています。一番奥歯の方が噛むときには強い力が加わりますが、金歯のため割れていません。もし、この歯がセラミックであれば同じように割れていた可能性があります。

2.金歯のメリットとセラミックや銀歯との比較

2−1.強度があるので割れる心配がない

金歯は強度があるので力のかかる奥歯の被せ物に使っても割れる心配がありません。セラミックで奥歯の治療を行った場合、硬いものを噛んだ時、セラミックが欠けてしまったり、割れてしまうことがあります。金歯は縁の部分でも強度があるため欠けることがなく安心です。

2−2.金が伸びて歯に馴染む

金歯は柔軟性があり、金が伸びるために使えば使うほど歯に馴染んできます。金歯は金箔のように薄く伸ばすことのできる材料です。噛むことによって金歯が噛み合わせにより馴染むようになり、噛みやすくなってきます。銀歯の場合は薄くなると千切れてしまい、歯と銀歯の間に隙間ができて虫歯ができやすくなります。

2−3.錆びたり、劣化しにくい

金歯は劣化しにくい材料のため、口に中で錆びたりせず長期間使うことができます。口の中は食事により酸性やアルカリ性になったり、熱いものや冷たいもので温度の変化がある場所です。金は安定した材料のため錆びずに長く使うことができます。また、セラミックも劣化しない安定した材料です。しかし、銀歯は劣化しやすい材料のため、銀歯と歯の隙間から虫歯になりやすいので注意が必要です。

2−4.細かい部分の精度が高い

金歯は虫歯が小さな部分や形が複雑な場合でも高い精度で治療を行うことができます。金歯は細くしたり、薄くしても丈夫な材料です。そのため複雑な詰め物にしても治療を行うことができます。
セラミックはある程度の厚みがないと割れてしまうため、複雑な治療には適さない場合があります。また、銀歯は元々の精度が高くないため、隙間をセメントで埋めるように歯に付けられています。

3.金歯のデメリットとセラミックや銀歯との比較

3−1.歯の色とは違う見た目

金歯は文字通り金色をしています。高級感のある色ですが、歯とは全然違う色になってしまいます。セラミックは歯の色をしているので、やはり誰もがセラミックを好みます。

3−2.保険外診療になる

金歯は保険診療では行うことができません。セラミックも保険治療ではできません。奥歯の被せ物を保険診療で行うとなると銀歯の治療になります。

3−3.金属アレルギーになることがある

金歯でも金属アレルギーになることがあります。金は安定した金属ですが、金にアレルギーがある方もいます。また、金歯の中には金だけだと柔らかすぎるために、金以外の材料も含まれています。そのため金属アレルギーが起こることがあります。
保険の銀歯の中には金が12%、銀、パラジウム、銅、亜鉛など多くの金属が含まれているので、金歯よりも金属アレルギーになる確率は高くなります。金属アレルギーの方はできるだけセラミックをお勧めします。

4.金歯・セラミック・銀歯の比較

  強度 安定性 なじみ 精度 見た目 費用 アレルギー

金歯

×

8万円〜15万円程度

セラミック

8万円〜18万円程度

銀歯 × × ×

5.セラミックより金歯がお勧めの方

5−1.歯やセラミックが欠けたことのある方

歯やセラミックが欠けたことがある方は特に一番奥の歯の被せ物は金歯がお勧めです。噛み合わせや噛む力が強い、硬いものを食べるのが好きなど、歯が欠ける原因は多くあります。一度欠けてしまった歯は何度も繰り返すこともあります。金歯で治療をすることによって何度も同じことの繰り返しを避けるようにします。

5−2.歯ぎしりが強い方

歯ぎしりによって歯は擦り減っていきます。通常の歯のすり減りよりも早いためセラミックで治療した歯が欠けてしまうことがあります。金歯で治療をすることによって金歯も一緒に擦り減ってくれるので、欠ける心配がありません。また、歯ぎしり用マウスピースを使い、自分の歯がこれ以上すり減らないようにすることも重要です。

5−3.奥歯のインプラントの被せ物

インプラントとは歯を失った部分の骨に人工の歯根(インプラント)を入れて、被せ物をする治療です。歯には歯根膜(しこんまく)というクッションの役割をする膜があります。しかし、インプラントは骨と直接つながっているために緩衝材の役割を果たす歯根膜がありません。そのため、噛む力が直接被せ物に加わり、割れてしまうことがあります。金歯を使うことによって被せ物が割れることを防ぐことができます。

6.金歯よりセラミックや銀歯がお勧めな方

6−1.金歯の色が絶対いやな方

奥歯に金歯がいいのはわかるけれど金歯は絶対入れたくないという方も多いと思います。特に女性の方は少しでも見える歯に金歯は抵抗がありますよね。そのような方にはセラミックの中でも硬い、ジルコニアをお勧めします。

6−2.保険診療で十分という方

金歯は保険診療では行うことができません。保険の範囲内で治療を行いたい方は銀歯の治療になります。保険診療でも小臼歯(奥から3番目4番目)の歯はハイブリットセラミックという材料で白くすることができます。また、皮膚科等で金属アレルギーの診断書があれば奥歯でもハイブリットセラミックで治療を行えます。ただし、強度が弱いため特に奥歯は割れやすい材料です。

まとめ

現在、歯の被せ物の多くは見た目の問題もありセラミックで行われるようになってきました。しかし、金歯にはセラミックにない特性があります。筆者自身の口の中にもセラミックではなく金歯で治療をした部分もあります。セラミックが欠けてしまうような方は、一番奥歯の被せ物に金歯を検討されてはいかがでしょうか。

あなたの歯の悩みを解決します

あなたの歯の悩みを解決

ひとりで悩んでいませんか?


・歯医者で抜歯と言われたが、本当に歯を抜かなければならないのか

・歯の根の治療をしているが、いつまでも終わらないので不安

・治療してもらったが、痛みや違和感がなくならない


おかざき歯科クリニックでは、まず自分の歯の状態を知っていただいた上で、最新の治療法や保険の適用まで詳しく説明します。一人一人に合った専門性の高い治療を提供しています。
20年後、30年後も自分の歯で美味しく食事をしていただくための治療法や予防法をあなたと一緒に考えていくクリニックです。


虫歯治療の流れを見る

おかざき歯科クリニックのセラミック治療の手順

セラミック治療

おかざき歯科クリニックでは、セラミックで精密な治療を行ない、極力やり直しを少なくして、


残っている歯を保存することをオススメしています。



正しいセラミック治療を行なって、本来の白い歯を取り戻しましょう。



詳細はこちら

歯のブログを書く私が、本当に信頼している歯医者はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*