歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯科用マイクロスコープが歯の寿命を延ばす6つの理由と費用

5B6A1439

歯の治療をしても腫れや痛みが繰り返し、いつまでも治らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。歯科の治療は経験や勘で治療することも多く、原因が特定されないまま治療が行われ続けることもあるのです。しかし、実は肉眼では見えない部分まで確認し、治療を行うことができる歯科用マイクロスコープというものがあるのです。マイクロスコープは20倍もの拡大をし、虫歯は歯の根の中を確認しながら治療ができるのです。すごいですよね。今回は歯科用マイクロスコープが歯の寿命を延ばす6つの理由をお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

1.歯科用マイクロスコープとは

歯科用マイクロスコープは眼科や脳神経外科などの手術で使われていた手術用顕微鏡を歯科用にしたものです。医科の手術では血管や神経など肉眼では見えない手術を顕微鏡を使って行います。実は歯の治療も肉眼では見えない歯の神経や虫歯の治療が多いのです。そこで歯科用マイクロスコープを使って超精密に治療を行うようになってきました。

歯科でのマイクロスコープの普及率はまだ5%もありません。一般的な治療法とは言えませんが、根管治療専門医や精密な自費治療を行っている歯医者では導入が進んでいます。

歯科用マイクロスコープは肉眼の20倍まで拡大し、治療することができ、光が深いところまで届くため通常のとは次元の違う治療を行うことができます。手のしわ一本一本まで確認することができます。

DSC00074

2.歯科用マイクロスコープが歯の寿命を延ばす6つの理由

2−1.歯科医の勘や経験ではなく見て治療をする

今までの歯の治療は直接見ることができない部分もあるため、歯科医の勘や経験で治療を行っている部分もあります。しかし、歯の形は複雑で決して勘で治療できるものではありません。歯科用マイクロスコープは今まで肉眼では見ることができなかった部分まで、確認しながら治療ができるために治療の成功率が上がり、歯の寿命を延ばすことができます。

2−2.治らない原因をはっきりさせることができる

治療を何度、繰り返しても繰り返しても腫れや痛みが治まらない経験をされた方も多いのではないでしょうか。歯の中に感染している部分が残されている可能性があります。マイクロスコープで歯の隅々まで確認し、原因を取り除くことができれば治る可能性があります。

2−3.余分な歯を削らずに済む

マイクロスコープで治療を行うと歯を削らなくてはいけない部分と、削ってはいけない部分を正確に確認することができます。そのため通常使われる器具より1/3〜1/10のものを使うために、歯を削りすぎず、歯の寿命を延ばすことができます。

2−4.外科処置後の腫れや痛みを軽減できる

マイクロスコープを使うことで外科処置後の腫れや痛みを軽減でき、早く傷口を改善することができます。マイクロスコープを使うことによって傷口を小さくでき、傷口を縫う糸も細い糸で行うことができます。歯茎を縫う糸は細ければ細いほど傷の治りが早くなります。マイクロスコープを使えば、髪の毛よりも細い糸で歯茎を縫うことができ、細菌がつきにくく痛みや腫れが少なく、傷も早く治ります。

2−5.高精度な治療ができる

マイクロスコープは肉眼の20倍もの拡大率で治療ができます。そのため被せ物などの精度も高められます。被せ物の際に歯を削る時や被せる時、接着する時などより高度な治療を行うことができ歯の寿命を延ばすことができます。

2−6.治療前治療後を写真などで確認できる

マイクロスコープには写真やビデオが付いていることが多く歯の治療前、治療後を確認することができます。現在どのような状態で治療をし、治療後どのような状態になったのかをその場ですぐに写真などで確認することができます。そのため自分の歯の状態がわかり、今後どのようにすれば歯の寿命を延ばすことができるのかアドバイスをもらうことができます。

3.歯科用マイクロスコープを使う治療法

3−1.歯の根の治療の根管治療

歯の根の治療である根管治療は通常の治療では見て行うことはできません。マイクロスコープを使うことによって歯の根の先端まで確認でき、複雑な形態の歯の根の中の汚れを取り除くことができます。詳しくは「根管治療の専門医が行っている最新治療法と一般歯科との治療の違い」を参考にしてください。

DSC00160

3−2.できるだけ削らない虫歯治療

歯の神経が残っている場合はできるだけ削らず、歯の神経を残すことを心がけます。マイクロスコープを使うことによってできるだけ小さな器具を使い、歯の健全な部分を残し、歯にダメージを与えないように治療をすることができます。詳しくは「虫歯治療!浅い虫歯から深い虫歯の治療法と最新歯科治療」を参考にしてください。

DSC00157

3−3.歯石の取り残しを防ぐ歯周病治療

歯周病治療では感染源である歯石の取り残しがないように、歯の表面を綺麗にします。そのためマイクロスコープを使い、歯の表面を確認しながら治療を行います。また、溶けてしまった骨を再生させる手術もマイクロスコープで超精密な治療により歯茎や骨を再生させます。詳しくは「歯周病専門医が行っている最新治療法と一般歯科との治療の違い」を参考にしてください。

3−4.審美性の高いインプラント治療

前歯のインプラント治療を行う場合にはインプラント周囲の歯茎の状態を改善させる必要があります。マイクロスコープで行うことによってインプラント周囲の歯茎を精密に改善させ、インプラントとは気づかれないように綺麗に治療を行います。詳しくは「インプラント治療で残っている前歯を削らない!ブリッジより優れている5つのこと」を参考にしてください。

3−5.高精度なセラミック治療

精度や審美性の高いセラミック治療を行うには、歯と歯茎の境目を超精密に削り、セラミックを被せる必要があります。そのためマイクロスコープで歯茎を傷つけないように、また段差ができないように歯を調整する必要があります。詳しくは「前歯をオールセラミッククラウンにしたほうがいい7つの理由/費用と期間」を参考にしてください。

4.マイクロスコープ治療のデメリット

4−1.自費診療で行われることが多い

マイクロスコープで行われる治療は高度なテクニックが必要で、特別な研修を受ける必要があります。また、一回の治療時間も長くなり保険診療では採算が合わなくなります。そのため多くの場合保険外診療となります。

4−2.時間がかかる

マイクロスコープで治療を行う場合は細かい器具で精密に行うため一つの治療で多くの時間がかかってしまいます。そのため30分〜1、5時間のアポイントを取り、治療を行います。マイクロスコープを使っている歯医者ではアポイントをしっかり組んでいることが多いために、遅刻やキャンセルはしないようにしてください。

5.マイクロスコープ治療の費用

保険外診療で5万円〜30万円程度です。

根管治療を例に挙げるとアメリカで30万円、スペイン、イタリアで15万円、フィリピンで5万円です。日本では保険診療で行う根管治療は数千円という安さです。そのためマイクロスコープで時間をかけて治療を行うと赤字となりクリニック運営はできなくなります。

日本では歯が無くなってからのインプラントには30万円かけても、歯を残すための治療や予防には保険診療で数千円という治療を行っているのです。

6.おかざき歯科クリニックのマイクロスコープ治療

おかざき歯科クリニックでは多くの治療でマイクロスコープを使っております。虫歯治療や根管治療、外科処置などでも使います。費用は現在のところ保険診療で行っており、どうしても必要な材料を使わせていただかないと治療が困難な場合のみ、自費診療で請求させていただいております。

DSC_0314

まとめ

今後、マイクロスコープの普及は歯の寿命を飛躍的に向上させる治療法です。しかし、マイクロスコープの治療は保険外診療になることが多いため、全ての方が受けられる治療ではありません。自分の歯を将来まで大切にしていきたいと考えている方はかかりつけの歯医者で相談してみてはいかがでしょうか。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

おかざき歯科クリニックの根管治療の流れ

おかざき歯科クリニックでは最大限抜歯を回避する治療理念のもと治療を進めていきます。


根の治療の正確さによって歯の寿命が大きく変わってしまいます。


おかざき歯科クリニックでは、正確な診断と超精密治療により根の中の汚れをきれいにし、治療を進めて行きます。



ご予約はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です