歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

フッ素を歯磨き粉で効果的に取り入れる使い方

d_05

今一般に出回っている歯みがき粉のほぼ9割に配合されているフッ素。フッ素は、虫歯予防には欠かせない成分です。その虫歯予防には欠かせないフッ素の効果とその効果をより効果的に取り入れる方法とオススメの歯みがき粉をご紹介します。

1.フッ素の働き

虫歯予防には、フッ素!とよく耳にしますが、いったいそのフッ素にはどのような効果があるのでしょうか?

1-1.歯を強くしてくれます

歯の表面のエナメル質を酸に溶けにくくしてくれます。フッ素がだ液の中にあるとそのエナメル質と反応して歯を酸に負けない強い歯にしてくれるのです。

1-2.お口の中の細菌の働きを弱めてくれます

フッ素には、抗菌作用がありお口の中の細菌(プラーク)が作り出す酸の働きを抑えてくれて、ベタベタとしたプラークを作りにくくしてくれるのです。

1-3.歯の再石灰化を促がしてくれます

お口の中の細菌によって虫歯になりかけてしまった歯もフッ素の力で溶け出してしまった歯の表面を修復してくれる効果があります。

2.フッ素の効果的な使い方

せっかくフッ素入りの歯みがき粉を使用するならそのフッ素の成分をよりたくさん取り込みたいですよね。それでは、フッ素入り歯みがき粉の効果的な使い方のポイントをお教えします。

①毎回の歯みがきでフッ素入り歯みがき粉を使用する

歯は、毎回の食事の際にも溶け出しています。だ液にはその溶け出した歯を修復してくれる作用がありますが、フッ素でその歯の修復の手助けをしてあげましょう。

②歯みがき後は少ない水でゆすぐ

歯みがき後にたくさんの水でブクブクとゆすいでしまうとせっかくのフッ素もお水と共に流れ出してしまいます。そのため歯みがき後は少ない水で1〜2回ゆすぐだけにしましょう。詳しくは「歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法・時間・回数・タイミング」を参考にしてください。

3.オススメ フッ素入り歯みがき粉

日本の薬事法では、販売できるフッ素の濃度が1000ppmと定められています。フッ素の濃度は、濃ければ濃いほどその効果が期待できます。

チェックアップ スタンダード (ライオン)31-HU8ikmqL__SL500_AA300_

フッ素濃度は、950ppm泡立ちが少なく優しい味なのでたくさんの歯科医院から支持されています。研磨剤もほとんど入っていないので歯の表面を傷つけないで磨くことが出来ます。値段もお手頃なのもうれしいです。値段  500円+税

ジェルコート (ウェルテック)ジェルコート

歯みがき粉としてもブラッシング後のフッ素塗布用としても使用できる優れものです。他の歯みがき粉と違いペーストタイプではなくジェル状タイプになります。フッ素で歯を強くして再石灰化を促して殺菌成分で歯周病も予防してくれます。発泡剤・研磨剤が含まれていないので安心して使用できます。

値段 1000円+税

③クリニカ アドバンテージ014-15

フッ素がお口の中に長く留まるように改良されている歯磨き粉です。フッ素以外にも3つの薬用成分が配合されていて虫歯や口臭を防いでくれます。販売元であるLION(ライオン)に問い合わせて聞いたのですが、フッ素の濃度は1000ppm近く配合しているそうです。

値段 360円+税

④オーラ2 ステインクリアプレミアムペーストvisual_img

歯の着色の除去に力を入れている製品ではありますが、フッ素の濃度は900〜1000ppm配合されているとのことです。薬用成分が配合されていて口臭も防いでくれます。見た目も華やかで女性には特に人気の商品です。

値段 400円+税

まとめ

フッ素は毎日取り入れてあげることが重要です。虫歯予防の第一歩は歯みがきでありその歯みがきでいかに効率よく虫歯の原因である歯垢(プラーク)を取り除いてあげるかが重要です。その歯みがきにフッ素を取り入れてあげることでより強い虫歯になりにくい歯にしてあげて下さい。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です