歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯列矯正後の歯茎下がりや歯茎の隙間を治す/歯周病専門医

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

歯列矯正を行ったあと歯茎が下がってしまったり、歯と歯の隙間が広がって悩んでいる方も多いのではないでしょうか。せっかく歯列矯正をして、きれいな歯並びにしたのに歯茎下がりが気になってしまいます。矯正治療をした先生に相談しても、専門医ではないので経過をみてくださいとしか言われません。しかし、歯茎下がりや歯と歯の隙間を改善する治療法があるのです。歯茎の厚みや高さを改善することによって、歯茎下がりや歯と歯の隙間を埋めることができるのです。歯並びだけでなく、歯茎もきれいになり、自信のもてる口元が得られるようになります。今回は歯列矯正後に起こった歯茎下がりを改善する方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.歯列矯正後の歯茎下がりを改善する方法

1−1.歯茎や骨の状態を検査する

歯茎下がりの状態や歯周ポケット周りの骨の状態を確認するために検査を行います。写真やレントゲン、CTレントゲンなどで現在の状況を確認します。歯茎だけが下がっているのか、周りの骨がなくなっているのかなど精密な検査を行い、治療法を決定します。

1−2.歯石や歯の周りの汚れを徹底的にきれいにする

歯石や汚れを取り、歯茎からの出血がない状態にしていきます。歯石や汚れの中には細菌が多く棲んでいるため、残したままの状態で処置をすると感染してしまいます。そのため徹底的に歯や歯茎をきれいな状態にします。

1−3.歯茎下がりの部分に歯茎を移植する方法

歯茎下がりの部分に他の部位から歯茎を移植し、歯の根元を覆います。主に上顎から歯茎を取り、歯茎下がりの部分に移植し、糸で固定します。これを遊離歯肉移植術(ゆうりしにくいしょくじゅつ)といいます。

歯茎下がりの部分は歯茎が薄くなっています。強くて厚い歯茎を移植し、歯茎下がりが起きにくい歯茎にしていきます。

近年はできるだけ歯茎を傷つけないように手術用顕微鏡(歯科用マイクロスコープ)で行われるようになってきています。そのためより細い糸で歯茎を固定するため、処置後の腫れや痛み、回復が早くなります。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

前歯の歯と歯の間の隙間を同じように歯茎を移植することによって埋めることができます。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

1−4.抜糸後、柔らかい歯ブラシで磨く

処置の翌日は消毒を行います。多くの場合、処置した部分には歯茎用の包帯がつけられますので、その部分の歯磨きはできません。7日から10日後に包帯と縫った糸を取り除きます。歯茎はまだ弱いので柔らかい歯ブラシでやさしく磨きます。

1−5.3ヶ月程度で歯茎がなじんでくる

歯茎は3ヶ月程度たつと周りの歯茎に馴染んできます。徐々に普通の硬さの歯ブラシに変更し、汚れが残らないようにします。半年程度でしっかりとした歯茎になってきます。

2.歯茎下がりの治療ができる歯周病専門医とは

歯並びを専門的に治す歯列矯正専門医や、歯の根の治療を治す根管治療専門医のように歯茎の治療を専門的に治す歯周病専門医がいます。歯周病専門医は歯周病によって溶けてしまった骨を再生したり、歯周病の進行を抑えたりする専門医です。歯茎下がりや歯と歯の隙間を改善する治療を行っています。詳しくは「歯周病専門医が行っている最新治療法と一般歯科との治療の違い」を参考にしてください。

3.歯茎下がりの処置の費用

保険診療内で行う場合は3割負担の方で1.5万円から2万円程度です。自費診療の場合は10万円から20万円程度になります。自費診療の場合は、移植した歯茎が定着しやすいように再生させる薬を使ったり、保険診療の手順に縛られずに行うことができます。

4.歯列矯正後に歯茎下がりが起こる原因

4−1.もともと歯茎下がりが起こっていた

歯列矯正を行う方は歯並びが悪い方です。もともと歯茎から飛び出していた歯はほとんどの場合歯茎下がりが起こっています。歯列矯正によって正しい位置に動かすことはできますが、下がっていた歯茎は歯の位置が変わっても、そのままになってしまうことが多いです。そのため歯列矯正後の歯茎下がりが起こったように見えてしまうのです。

4−2.歯と歯が重なっていた

重なり合った歯と歯の間の歯茎はもともと歯茎が下がっていて、歯列矯正で重なりを取ると歯茎が下がったように見えてしまいます。また、歯間乳頭(しかんにゅうとう)という歯と歯の隙間を埋めている部分がなくなり、隙間が広がって見えてしまいます。

4−3.顎を広げた治療を行った

歯を抜かずに歯列矯正を行った場合、歯を並べる隙間を作るために顎を広げます。そのため歯の外側の骨や歯茎が薄くなり、歯茎下がりが起こることがあります。歯列矯正を行う場合、歯を抜くか抜かないかは矯正担当医とよく相談の上治療を行ってください。

5.歯列矯正のときに歯茎下がりが起こらないようにするには

5−1.プラークコントロールを徹底する

歯列矯正の器具が付いているとプラークコントロールが難しくなります。しかし、歯茎が腫れた状態で歯を動かすと、歯茎下がりや歯を支えている骨が溶けやすくなります。自分で毎食後、歯ブラシやデンタルフロスの使用と定期的に歯のクリーニングを行い歯茎下がりを予防してください。

5−2.無理な非抜歯矯正は避ける

歯列矯正のとき抜歯をしたほうがいいのか、抜歯をせずに治療を行ったほうがいいのかは、矯正専門医がレントゲン等の検査を行いより良い方法をお勧めします。無理に非抜歯にしてしまうと、歯茎の骨から歯が飛び出してしまい歯茎下がりの原因になります。矯正専門医とよく相談の上、治療法を決定してください。詳しくは「抜歯か非抜歯か!歯列矯正で抜歯が必要な5つの理由と痛みや費用」を参考にしてください。

5−3.歯列矯正にも適齢期がある

歯列矯正には適齢期があります。顎を広げる処置は小学生のときに行います。また、歯茎下がりが起こりにくい時期は中高生ぐらいの歯茎や骨の再生能力が高い時期です。大人になってからも歯列矯正はできますが、若いときよりの歯茎下がりは起こりやすくなります。

6.歯列矯正後だけではない歯茎下がりにもできる

歯茎下がりは矯正治療後だけではなく歯周病や歯軋り、強い歯磨きなどによっても起こります。歯茎を再生させる処置はそのような状態でも可能です。ただし、歯茎の下に骨がない場合などはできないこともあるので担当の先生にご確認ください。

まとめ

 歯茎下がりを気にしている方は多いのですが、歯茎下がりを気にしている歯医者は少ないのです。なぜなら、歯茎下がりの治療をできる歯医者が少ないからです。特に矯正専門医で歯茎下がりの治療までできる歯科医はごく限られています。歯茎下がりは人によって気になり方が違いますので、気になる方は歯周病の治療に詳しい歯医者で相談することをお勧めします。

歯のブログの購読はFacebookが便利です