歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯の突起!中心結節の破折で起こる4つの症状と治療法

お子さんが小学校の高学年から中学生の頃、虫歯ではないのに歯がシミたり、噛んだ時に痛みがあったり、原因不明の違和感があったりすることがあります。もしかすると中心結節が折れたことが原因かもしれません。中心結節は下の歯の小臼歯に出やすい歯の奇形です。中心結節が折れると歯の神経が死んでしまうことがあるのです。中心結節の破折で起こる4つの症状と治療法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.中心結節(ちゅうしんけっせつ)とは

中心結節とは歯の噛む面にある突起のことです。主に永久歯の小臼歯にでき、ひょうたんのようにくびれていることが多く、乳歯と生え変わり、歯が生えてくる途中や、噛み合わせの時によく折れます。中心結節の中には神経の管があり、破折すると、神経が出て、シミや噛んだ時の痛み、歯茎の腫れなどが起こることがあります。

しかし、虫歯ではないので初期の場合、レントゲンでは悪くなった状態がわからないこともあります。歯医者でも知覚過敏や歯ぎしりなどとの違いに診断を下すのが難しい場合があります。

 中心結節は歯にできた突起

歯の真ん中にデベソのような突起があります。

中心結節の破折

中心結節は多くの場合、歯が出てくるともろいので折れてしまうことが多いです。

2.中心結節の破折で起こる4つの症状

2−1.症状がない

中心結節が折れても無症状のことがあります。その後シミや痛みに変化する場合もありますし、歯が自然に神経の空洞を塞ぎ、治っていく場合もあります。どのような変化が起こるのかは人によって変わってきます。

2−2.歯がしみる

中心結節が折れると一部の神経が出ている状態になることがあります。冷たいものや熱いものなど刺激が神経に反応すると痛みとして感じます。

2−3.噛むと痛い

中心結節が折れ、歯の神経の一部に細菌が感染すると違和感や噛んだ時に痛みとして感じることがあります。歯の神経が部分的に死んでしまい、歯の周りの噛んだ時に感じる器官である歯根膜に炎症がおき、噛んだ時の痛みとして感じます。詳しくは「噛むと痛い歯根膜炎は歯の異常のサイン」を参考にしてください。

2−4.歯茎が腫れた

歯の神経の大部分に細菌が感染してしまうと、歯の根の先から顎の骨に細菌がばらまかれ歯茎が腫れてしまいます。痛みや腫れが強くなり、外から見てもわかるぐらいの腫れや、顎の下のリンパ腺が腫れてしまうこともあります。詳しくは「歯茎が腫れた時、自宅でできる応急処置と治療法」を参考にしてください。

3.中心結節の治療法

3−1.中心結節が折れる前

中心結節があるがまだ折れていない場合は、中心結節の周りをプラスチックなどで固め、折れないように補強します。中心結節はひょうたんのように根元が細くなっています。そこにプラスチックを流し込み、中心結節が折れるのを防ぎます。

3−2.折れてしまった中心結節で症状がない場合

中心結節が折れてしまった場合、歯の神経の状態を確認します。歯の神経が生きているようであれば、折れてしまった面を綺麗にして、プラスチックでコーティングします。

3−3.歯のシミがある場合

中心結節が折れてしまい歯のシミが出てきている場合は、とりあえずプラスチックでコーティングしてみます。その後、歯の神経が死んでしまっていないかを経過を見ながら確認していきます。

3−4.違和感や噛んだ時に痛い場合

歯の神経の一部が死んでしまっている可能性があります。死んでしまった神経の部分まで歯の根の中を綺麗にし、神経が生きている部分は残し、治療を行います。

3−5.歯茎が腫れてしまった場合

歯の神経が死んでしまい、細菌が歯茎や骨のところまで広がっています。歯の根の中から膿を出して、根の消毒をします。詳しくは「歯の寿命はこれで決まる!歯の根の治療の根管治療と全情報を大公開」を参考にしてください。

4.中心結節が破折後の根の再生

中心結節が破折するのは歯の生え始めの頃です。この頃はまだ歯の根が完成しておらず、歯の根の先は開いている状態です。そのため根の治療をする時には、根の先を再生させながら治療をする必要があります。通常の歯の根の治療をするよりも高度な技術が必要となります。詳しくは「根管治療の専門医が行っている最新治療法と一般歯科との治療の違い」を参考にしてください。

中心結節の破折による歯茎の腫れ

中心結節破折のレントゲン

歯の根の先の骨が溶けて黒くなっています。

歯の治療後のレントゲン

歯の根の先の部分ができ始め、溶けて黒くなってしまった部分が周りと同じように改善しています。

まとめ

中心結節が破折したからといって、全ての歯の神経が死んでしまうわけではありません。しかし、歯の根が完成していない時点で歯の神経が死んでしまうと、その歯の寿命はかなり短くなってしまいます。また、痛みがあっても歯医者では原因が特定されないことが多くあります。定期的に歯医者でメンテナンスを受け、口の中の変化が起こるたびに写真を撮っておくと、以前の口の中の状態と比較ができ、原因がわかりやすくなります。信頼できるかかりつけの歯医者で定期的にメンテナンスを受けることが重要です。

歯のブログの購読はFacebookが便利です