口臭・歯周病・虫歯の悩みを解決するマウスウォッシュおすすめ6選

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

 あなたは口臭や磨き残しが心配でマウスウォッシュを使ったほうがいいではないかと思っているのではないでしょうか。そして自分はどんなマウスウォッシュを使ったらいいのか探しているのではないでしょうか。

最近のマウスウォッシュは口臭、歯垢、歯周病、虫歯など全てを一本でケアできると広告をしたり、マウスウォッシュだけで歯垢が取れるような表現をしているものもあります。

しかし、マウスウォッシュは目的にあったものを使わなければ効果はないのです。多くの成分が含まれているものは有効な濃度まで薬剤が入っていないので効果がないのです。

マウスウォッシュの効果を発揮させるには歯ブラシやデンタルフロスで歯垢をしっかり取った後、自分の目的にあったマウスウォッシュを使うべきなのです。広告のように歯垢を落としたり(表面のごく一部のみは落としているかも)、歯垢の中まで殺菌することはないので注意が必要です。
今回は口臭、歯周病、虫歯に対するおすすめのマウスウォッシュを紹介します。

1.マウスウォッシュの目的別の効果

マウスウォッシュを使う目的は主に3つです。口臭予防、歯周病予防、虫歯予防です。それぞれには目的にあった成分が含まれています。トータルケアのように色々なものが入っているものは全ての成分が効果が認められないくらいに薄くなってしまいます。そのためマウスウォッシュの効果を得るためには目的にあったものを使うべきなのです。

2.口臭予防をしたい人のマウスウォッシュ

口臭予防のマウスウォッシュはアルコールや香料を多く使い、口の中の臭いを覆い隠します。効果のあるのは10~15分程度です。

2−1.薬用リステリン クールミント  1,000ml  1,000円

リステリンは1.8-シネオール(ユーカリの植物に含まれる天然に存在する有機化合物:炎症や痛みを和らげる作用)、チモール(殺菌剤)、サリチル酸メチル(消炎作用)、ℓ-メントール(ハッカ臭、清涼剤)の4つの成分で効果を発揮します。一時的な口臭の予防効果は最も高いのがリステリンです。歯磨き後にスッキリしたい人におすすめです。

メーカー説明 https://www.listerine-jp.com/mouthwash/antiseptic/listerine-cool-mint-mouthwash
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨リステリンクールミント  amazon.co.jp

2−2.NONIO マウスウォッシュ クリアハーブミント ライオン  600ml   552円(実勢価格496円)

NONIOは塩化セチルビリジニウムの殺菌効果と天然ハーブの効果で口臭を抑えます。塩化セチルビリジニウムは真菌(カビ・カンジダ菌)に対しても殺菌作用のある薬です。朝、スッキリしたい方におすすめです。

メーカー説明 http://nonio.lion.co.jp/product
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨NONIO amazon.co.jp

3.歯周病予防をしたい人のマウスウォッシュ

歯周病用のマウスウォッシュには歯茎の腫れを抑える薬や殺菌効果のある薬が含まれています。

3−1.薬用コンクールF ウェルテック 1,080円(実勢価格895円)

歯周病の粘着きや口臭が気になる方に効果的な洗口剤です。殺菌作用のあるグルコン酸クロルヘキシジンは手術を行う皮膚や手などを消毒するときに使う成分です。緑茶抽出液が含まれているためスッキリとした感じがします。コップ一杯に数滴混ぜて、ゆすぎます。アルコール成分が入っていないために刺激はなく、使いやすい洗口剤です。

メーカー説明 http://www.weltecnet.co.jp/concool/products/concoolf/
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨コンクール amazon.co.jp

3−2.システマSP-1メディカルガーグル ライオン 100ml  1,404円 (実勢価格1,374円)

歯周病で歯茎が腫れて、歯磨きのときに出血が起こりやすい人に効果的な洗口剤です。薬効成分のセチルピリジニウム塩化物水和物は真菌(カビ・カンジダ菌)に対しても殺菌作用のある薬です。歯磨き後、水100ml程に、メディカルガーグルを6〜10滴入れ、口をゆすいでください。1日数回、寝る前に行うと効果的です。通販等で購入可能で1,400円です。

メーカー説明 http://www.lion-dent.com/dental/products/basic/spt_m_gargle.htm
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨メディカルガグール amazon.co.jp

3−3.メデス  2,700円 一部歯医者のみ販売

メデスは歯周病菌に効く次亜塩素酸水でPH6.8のマウスウォッシュです。歯周病菌を殺菌する作用が強いために、長時間口臭を抑えることのできるマウスウォッシュです。歯周菌が増殖しやすい食後や就寝前、起床時にうがいをすると効果的です。キャップ3杯程度を口に含み、ブクブクうがい20秒、ガラガラうがい10秒します。歯磨き後は歯磨き粉が残らないようにしてから使ってください。 

DSC_0701

4.虫歯予防したい人のマウスウォッシュ

虫歯予防にはフッ素が欠かせません。歯磨き粉や洗口剤に含まれるフッ素を、毎日少しづつ歯に取り込むことによって、歯を強化していきます。特に初期虫歯がある方や、多くの歯を治療している人、歯茎が下がって歯の根元が見えている方はおすすめです。

チェックアップフッ化ナトリウム洗口液0.1% ライオン 928円

チェックアップフッ化ナトリウム洗口液は虫歯予防のフッ素が含まれている洗口剤でフッ素濃度450ppmです。現在日本で歯磨き粉に含まれるフッ素濃度は1,500ppmまで可能です。そのためフッ素の濃度は1/3で低い値です。他の洗口液はフッ素配合と表記されていてもほとんど無いに等しい値です。それでもチェックアップフッ化ナトリウム洗口液が洗口剤の中ではフッ素が一番多く含まれています。

メーカー説明 http://www.lion-dent.com/dental/products/basic/checkupfukka.htm
楽天市場で購入希望の方はこちら⇨フッ化ナトリウム楽天市場

フッ素濃度が1,450(1,500)ppm含まれる歯磨き粉

バトラー エフペーストα(アルファ) サンスター 90g 980円

メーカー説明 http://jp.sunstar.com/company/press/2017/0510.html
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨エフペースト amazon.co.jp

クリニカアドバンテージ コートジェル ライオン 60g  377円

メーカー説明 http://clinica.lion.co.jp/product/advantage_gel.htm
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨コートジェル amazon.co.jp

5.マウスウォッシュで効果的に口臭を防ぐ5つの方法

5−1.歯垢はマウスウォッシュ前に落としておく

口臭の主な原因の一つはプラークです。プラークはネバネバの膜に覆われているため、マウスウォッシュでは洗い流すことができません。歯ブラシやデンタルフロスでこすり落とす必要があります。先にプラークを落としてからマウスウォッシュを使うと効果的に口臭を防ぐことができます。詳しくは「虫歯や歯周病を徹底的に防ぐ「歯磨き力」をつける6の秘訣」を参考にしてください。

5−2.舌ブラシで舌苔(ぜったい)を取っておく

舌の表面にできる白い苔のようなものを舌苔といいます。この舌苔は食べかすや細菌の死骸などが舌の溝に入り込んだものです。口臭の原因となる為、舌ブラシで舌苔を軽く擦ってからマウスウォッシュを使うと効果的に口臭を防ぐことができます。ただし、舌ブラシで擦りすぎると舌に傷がついて血液が詰まり逆に口臭が出やすくなりますので注意が必要です。詳しくは「口臭の元!舌が白い舌苔(ぜったい)ができる9つの原因と取り方」を参考にしてください。

5−3.口臭が最も強くなる朝に使う

口臭は唾液が少なくなる夜から朝にかけて最も強くなります。唾液は口の中の細菌を洗い流す力がありますが、寝ている時には唾液の量が減り、細菌が増える時間です。そのためマウスウォッシュを朝に使うのが最も効果的な時間帯です。

5−4.効果時間は10分から15分程度

マウスウォッシュの効果時間は5分から10分程度です。口の中には唾液がありマウスウォッシュの成分自体は洗い流されてしまいます。しかし、細菌が増えるのを抑えることができれば、口臭が出る時間を長くできます。マウスウォッシュの一時的な口臭を抑える作用ではなく、細菌の増殖を抑える方が効果時間が長くなります。

5−5.出血がある歯茎には逆効果な場合もある

歯茎から出血がある方はマウスウォッシュによって口臭が強くなってしまうこともあります。歯磨きやデンタルフロスで出血がある方は歯茎が歯肉炎になっています。出血している部分にアルコール成分の多い、マウスウォッシュを使うと、傷に塩を塗るようなものです。歯茎から出血がある方は出血が止まってから使うことをお勧めします。詳しくは「危険信号!歯茎からの出血を止める自宅でできる4つの手順と正しい治療法」を参考にしてください。

6.時間別マウスウォッシュで口臭を防ぐ方法

6−1.15分で一時的に口臭を防ぐ方法

  • デンタルフロスで歯と歯の間を磨く5分
  • 歯磨き粉を付け歯を磨く10分
  • マウスウォッシュで口をゆすぐ

6−2.2週間でしっかりと口臭を防ぐ方法

  • 1日2回特に夜寝る前にデンタルフロスと歯ブラシで歯を磨く15分
  • 2週間しっかりプラークを取れば出血が止まる
  • 寝る前と朝マウスウォッシュで口をゆすぐ 

6−3.長期的に口臭を防ぐ方法

  • 1日2回特に夜寝る前にデンタルフロスと歯ブラシで歯を磨く15分
  • 歯医者で3ヶ月に1度程度、定期的にクリーニングを行う
  • 寝る前と朝マウスウォッシュで口をゆすぐ 

まとめ

マウスウォッシュは口の中の粘膜に使う液体です。あまり刺激の強い成分は使うことができないので、ほとんどの成分は濃度が高くありません。そのため効を期待することが難しいのです。マウスウォッシュの効果を上げるには、綺麗な口の中で、目的にあったマウスウォッシュを使うことです。

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*