フッ素は歯に欠かせない!虫歯を防ぐメカニズムと歯を削らない治療法

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

あなたは今まで虫歯ができて歯医者で歯を削られるということを繰り返してきたのではないでしょうか。また、子供には同じような経験をさせないように虫歯を作らせたくないと思っているのではないでしょうか。

近年、日本で発売される歯磨き粉の90%以上にフッ素が含まれていて、多くの人が無意識のうちにフッ素で虫歯予防を行っています。それほどフッ素は身近なものになっているのです。

しかし、まだまだ虫歯で悩まれている方も多くいます。実はフッ素を効果的に使えば虫歯をつくらなくても済みます。また、フッ素で虫歯の進行を止めたり、多少進行した虫歯でもフッ素によって経過観察できるものもあるのです。

今回はフッ素の効果とフッ素でできる虫歯予防と治療法をお伝えします。

目次

1.フッ素塗布が虫歯を予防する3つのメカニズム

フッ素は自然界にある元素です。歯磨き粉などに含まれるふっ素はフッ化物として配合されています。今回はフッ化物をフッ素として表示しています。

1-1.溶けた歯(脱灰)を元に戻す(再石灰化)ことを促進する

歯は食事のたびに歯垢から出される酸によってカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出し(脱灰)ます。そして唾液によって溶け出した成分を元に戻します(再石灰化)。脱灰の時間が長かったり、再石灰化が遅れてるとバランスが崩れて虫歯になります。フッ素を使うことによって再石灰化が早くなり、虫歯になる確率を下げます。

1-2.エナメル質と結びつき歯を強くする

フッ素は歯の溶け出した成分を戻す再石灰化の時に、表面のエナメル質の成分と結びついてフルオロアパタイトという硬い構造になり、歯を強化します。歯が強くなることによって、ミネラルが溶け出す脱灰もしにくくなり虫歯の発生を防ぎます。

1-3.歯垢から出る酸を減らし、歯を脱灰しにくくする

食事のたびに歯垢が作られ、歯垢から出る酸によって歯が脱灰します。多くは歯磨きやデンタルフロスで歯垢が落とされますが、落としきれなかった歯垢から出された酸は歯を脱灰させます。フッ素によって歯垢から出る酸を減らすことで歯の脱灰を防ぎます。

2.フッ素を効果的に虫歯予防に使う方法

フッ素は使い方によって濃度が変わります。使い方や状況に合わせたフッ素を使います。

3.自宅で行えるフッ素予防

3−1.フッ素入り歯磨き粉・フッ素ジェルのおすすめ商品

3−1−1.フッ素入り歯磨き粉 バトラー エフペーストα(アルファ) サンスター 90g 980円 フッ素濃度1,450ppm

フッ素濃度が新しい基準で作られているフッ素入り歯磨き粉です。フッ素濃度は1,450ppm大人用歯磨き粉として販売されています。大人の方で以前治療した詰め物や被せ物が多い方、歯茎下がりがある方におすすめです。使用法はエフペーストをつけてよく歯磨きをしてください。歯磨き後のうがいは少量の水で一回、味が残る程度で終わりにしてください。

メーカー説明 http://jp.sunstar.com/company/press/2017/0510.html
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨エフペースト amazon.co.jp

3−1−2.フッ素ジェル クリニカアドバンテージ コートジェル ライオン 60g  377円 フッ素濃度 1,450 pppm

フッ素濃度が新しい基準で作られているフッ素入りジェルで、フッ素濃度は1,450ppmとして販売されています。大人の方で最近虫歯になった方や虫歯の治療経験が多い方におすすめです。使用法は歯磨き後にコートジェルを歯に塗りこみ、軽くすすいでそのまま寝ます。

メーカー説明 http://clinica.lion.co.jp/product/advantage_gel.htm
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨コートジェル amazon.co.jp

3−1−4.フッ素ジェル ホームジェル オーラルケア 56.6g 810円 フッ素濃度 970 ppm

フッ素濃度が970ppmでフッ化第一スズが含まれています。虫歯になりやすく、ミュータンス菌の多い方におすすめの商品です。使用法は歯磨き後にホームジェルを歯に塗りこみ、うがいをせずに30分程飲食を控えます。

メーカー説明 https://www.oralcare.co.jp/product/post-27.html
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨ホームジェル amazon.co.jp

4.3ヶ月に一度歯医者で行うフッ素塗布を行った方がいい方

4-1.乳歯は永久歯よりも歯が柔らかいので行った方がいい

乳歯は永久歯よりも歯が柔らかく、虫歯の進行が早いので歯医者で定期的にフッ素塗布を行った方がいいです。子供には歯医者は虫歯を治すところではなく、虫歯を予防するところであることを覚えさせます。そうすれば一生虫歯とは無縁の生活が送れるかもしれません。詳しくは「乳歯の虫歯について母親が知っておかなければいけない6つこと」を参考にしてください。

4-2.生え始めの永久歯は成熟していないので行った方がいい

生えたての永久歯は歯の表面が弱いため、エナメル質とフッ素が結合したフルオロアパタイトを早めに作る必要があります。また、この時期に歯を削ってしまうと一生涯やり変え続けなくてはいけません。そのため永久歯が生えてから2、3年はフッ素塗布を行い、歯を硬くし、虫歯を予防します。

4-3.歯茎下がりやブリッジ、入れ歯がある方は行った方がいい

歯茎下がりのある方は歯のエナメル質が覆われていない部分が露出しているため歯の根元に虫歯ができやすい状態です。また、ブリッジや部分入れ歯が入っている方は唾液の流れが悪くなるため虫歯になりやすく再治療も増えてきます。フッ素塗布によって虫歯のリスクが高い所を集中して予防していきます。

5.歯を削らずに歯医者で行うフッ素による治療

5-1.歯の表面が白くなった初期虫歯にはトレー法を行う

お口の中をクリーニングしてフッ素が浸透しやすい状態にしてから、マウストレーを使ってフッ素が唾液に流されないようにしてフッ素塗布を行います。マウストレーを5分間保持してもらい、30分は飲食を控えてもらいます。期間は3カ月に一度が効果的です。

自宅でできるトレー法3DS

歯医者で行うトレー法を自宅で行う方法です。歯磨きの後、トレーにフッ素ジェルを入れて30分歯に浸透させます。その後は軽くゆすぎます。特に初期虫歯が多い人は3DSを行うことによって削らずに虫歯を改善できます。

5-2.進行し始めた虫歯には高濃度のフッ素で進行を止める

小さなお子さんの場合、虫歯になっても治療が難しいことがあります。高濃度のフッ素(デュラファット)を毎月、虫歯の部分にポイントで塗布します。3、4か月してくると柔らかくなっていた歯の表面が固くなります。治療ができる年齢まで経過を観察するか、生え変わるまでそのままにしておく場合もあります。

6.フッ素の使い方による濃度の違い

歯医者で使うフッ素は初期虫歯や進行した虫歯に対するもので、濃度が高く、歯にできるだけ浸透するようにクリーニングをしてからフッ素を歯に塗ります。自宅で行うフッ素は高くても1/6程度です。毎日低濃度のフッ素と歯医者で高濃度のフッ素を使うことによって効果的に虫歯を予防します。

7.フッ素使用の注意点

フッ素は自然界に存在するもので、量を間違わなければ安全なものです。海外ではフッ素の錠剤等も売られているくらいです。歯医者で行うフッ素塗布も自宅で行うフッ素塗布も、使う量の10倍塗ったとしても体には影響がありません。しかし、効果もないため適切な量を適切な時間で使うことがもっとも合理的な方法です。

8.子供におすすめのフッ素の予防商品

8−1.チェックアップフッ化ナトリウム洗口液0.1% ライオン 928円 フッ素濃度450ppm

チェックアップフッ化ナトリウム洗口液は虫歯予防のフッ素が含まれている洗口剤でフッ素濃度450ppmです。歯磨き粉やフッ素ジェルが苦手な子供におすすめです。

メーカー説明 http://www.lion-dent.com/dental/products/basic/checkupfukka.htm
楽天市場で購入希望の方はこちら⇨フッ化ナトリウム楽天市場

8−2.ライオン チェックアップジェル グレープ 60g ライオン 496円 フッ素濃度 950 ppm

子供用のフッ素ジェルです。6歳未満はバナナ:450ppm 、それ以上の方はピーチ、グレープ、レモンティー:950ppm 、大人の方はミント:1450ppmがおすすめです。

メーカー説明 http://www.lion-dent.com/client/products/basic/checkup_g.htm
アマゾンで購入希望の方はこちら⇨チェックアップジェルamazon.co.jp

9.子供のフッ素ジェルの使用量

9−1.萌出から2歳までは切った爪程度の量 3mm

仕上げ磨きの最後に保護者の方が塗ってあげてください。

DSC_0856

9−2.3歳から5歳は歯ブラシの1/3程度 5mm以下

仕上げ磨きの最後に保護者の方が塗ってあげてください。

DSC_0857

9−3.6歳から14歳は歯ブラシの1cm程度

歯磨き後に塗って、うがいをしないか、少ない水で一回ゆすいでください。

DSC_0858

9−4.15歳以上は歯ブラシの2cm程度

歯磨き後に塗って、うがいをしないか、少ない水で一回ゆすいでください。

DSC_0859

まとめ

フッ素は虫歯予防に効果的なものです。ただし、前提として歯磨きやデンタルフロス、甘いものの制限などあった上でのフッ素の使用です。将来虫歯で歯を失わないためにも効果的にフッ素を使ってください。

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*