歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯のホワイトニングの値段/歯医者から海外通販まで使用法と効果

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

簡単に安い料金で歯のホワイトニングができないかと思っている方も多いのではないでしょうか。歯医者に行ってホワイトニングをすると時間や値段が気になりますよね。しかし、実は海外では自宅でできる歯のホワイトニング剤が多く売られているのです。先進国では歯並びや白い歯はエチケットなのです。そして現在は通販の並行輸入で海外で売られているクレスト3Dなどのホワイトニング剤を簡単に安い料金で手に入れることができます。今回は並行輸入で買えるものから歯医者で行うホワイトニングまで費用と効果を比較してみました。ぜひ、参考にしてください。

1.スティックで塗る海外のホワイトニング

商品名 Teeth whitening pen SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA
値段 $13.99(1,700円)
買った所 ネオプラザ(ホノルル)
購入方法 通販(3,899円)、ハワイのお土産

この値段に驚きます。1,700円でホワイトニングができるのです。60回以上使うことができるそうです。ただし、日本では認可されていませんのあくまでも自己責任で行う必要があります。

1−1.使用法:歯の表面に塗るだけ

スティックの中には粘り気の強いホワイトニングのジェルが入っています。一番初めに使う時は中のジェルがスティックのブラシに浸透するまで回していきます。回す回数は意外に多いです。ただし、回しすぎると後からブラシに多く出てきてしまうので注意が必要です。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

鏡を見ながらブラシでジェルを塗っていきます。30秒ほど放置し、うがいをせずそのままにします。スースーする感じがします。説明書には1日最大4回までと記入してあります。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

スティックを回転させてでてくるジェルはゆっくり出てくるため、回転してから少し待って、塗らないと歯にホワイトニングジェルがしっかり付きません。たっぷり歯に塗るようにしてください。

始めはなかなか白くならないが、徐々に白くなってきます。 

1−2.効果:着色は落ちる

歯の表面に付いた着色などは落とせますが、歯自体を白くすることはできないようです。ホワイトニング剤がすぐに唾液によって洗い流されてしまうので、歯の中まで浸透しないようです。費用はとても安いので、歯磨きでは取れない着色を落とすにはとても経済的です。

2.テープを貼る海外のホワイトニング

商品名 Crest 3D whitestrips professional effects 
値段 7,450円
購入方法 通販

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

箱の中には1パックづつに小分けされ、1パックに上下のシートが2枚入っています。20シート入りです。

2−1.使用法:歯の表面に貼るだけ

クレスト3Dは歯の表面にテープを貼るタイプのホワイトニング剤です。上下の20セット入っています。1日1回30分、20日続けます。テープは歯にフィットしやすく、取れにくいものです。1パックに上下のテープが入っていて味はあまりしません。

シートからテープをはがし、歯の表面に貼り、残った部分を裏側につけ、そのままにしておきます。30分したら歯からテープをはがし、軽くすすぎます。剥がす時も歯に対する密着力を感じます。

日本人にはテープが大きすぎるようです。テープを半分に切って使っても十分な幅があります。シートからテープをはがす前に切ると、きれいに切れます。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

2−2.効果:歯に密着度が高く効果あり

クレスト3Dは効果のあるホワイトニング剤です。歯によく密着し、ホワイトニング効果も高くなります。ただし、歯と歯の間の部分にはテープが入り込まないため、色が残ります。気になる方はスティックタイプを使ってください。また、効果が高い分、歯がしみやすくなったり、歯茎が痛くなったりする人がいますので、合わない人は使用を中止するようにしてください。 

3.マウスピースのホームホワイトニング

ホームホワイトニング
値段 1万円〜3万円程度
歯医者で型取りをしマウスピースを作る
購入方法 ホワイトニング剤は通販でも購入可能並行輸入1,700円〜(5本入り)

3−1.使用法:マウスピースを作って、ホワイトニング剤を入れる

ホームホワイトニングは歯医者で歯型を取り、マウスピースを作ります。このマウスピースの中にホワイトニング剤を入れ、歯をホワイトニングしていきます。

 

手順2

使用は自宅で1日2時間、1週間から2週間行います。マウスピースによって歯にホワイトニング剤がよく浸透し、効果は高いです。また、マウスピースはしっかりとお手入れをすれば2、3年使えます。ホワイトニング剤だけを通販で海外の並行輸入でも買うことができます。海外製品は日本の認可が下りていないために自己責任で使うようにしてください。

手順3

3−2.効果:歯によく浸透し、白くなる

マウスピースを使用するため、唾液に洗い流されず、長時間ホワイトニング剤が歯に付いているためとても効果が高いです。マウスピースを一度作れば、長期間使え、ホワイトニング剤も通販で買えるために経済的にもお得です。詳しくは「ホームホワイトニングの6の秘訣」を参考にしてください。

4.光をあてるオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング
値段 3万円〜5万円程度
歯医者で歯の表面に薬を塗り、光を当てる
歯医者でしか行うことができない

4−1.治療法:歯の表面にホワイトニング剤を塗り、光を当てる

オフィスホワイトニングはホワイトニングの中で最も効果があり、早く歯を白くできる方法です。しかし、歯医者でしかできなかったり、費用も他の方法に比べて高いなどのデメリットもあります。

歯医者で歯の表面をクリーニングし、歯の表面にホワイトニング剤を付けていきます。ホワイトニング剤を活性化させるために光を当てます。その後ホワイトニング剤を洗い流します。この方法を3回繰り返し、3日行います。

DSC_0488

4−2.効果:即効性があり、すぐに白くなる

他の方法に比べ1日で効果が現れるため、即効性があり、すぐに白くなります。ただし、白さは時間とともに戻ってくるために、他の方法と併用して、白さを維持するとより効果が高いです。詳しくは「オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くする」を参考にしてください。

まとめ

海外製品がネットで自由に購入できるようになった今、ホワイトニングは歯医者で行うものではなくなりつつあります。ただし、その分自分自身の責任やリスクも伴います。定期的に歯医者でクリーニングをして、ホワイトニングによる歯のダメージがないか確認してもらいながら進めるようにしてください。

おかざき歯科クリニックのホワイトニングの手順

自宅で歯を白くしたいと思っていませんか?


ホームホワイトニングは、自宅で歯を白くすることができる方法です。


ただし、正しい知識と正しい手順で行なわないと、ホワイトニングの効果が薄れてしまうことがあります。


おかざき歯科クリニックで行なっているホワイトニングの方法をご説明します。


詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です