歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

取れたら大変!仮歯の時に注意する6つのこと

shutterstock_148504871

治療中の仮歯が取れてしまった経験がある人も多いと思います。仮歯とは最終的な被せものが入るまでに入れておく仮りの歯のことです。この仮歯は治療のたびに外したり付けたりするため、取れないようにしっかり付けてあるものではないのです。そのため何かのきっかけで取れてしまうことがあります。今回は仮歯が入っているときの注意点、取れてしまった時の対処法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.仮歯が入っているときの6つの注意点

1-1.硬いものは噛まないようにする

仮歯は形をその場で修正しやすいようにプラスチックでできています。最終的な被せもののセラミックや金属と違い強度がないため、硬いものを噛んでしまうと割れたり、欠けたりしてしまいます。そのため仮歯の歯では硬いものを噛まないようにします。

1-2.粘着性の物は噛まない

仮歯は取り外して操作がしやすいように弱いセメントで歯に付けています。そのためガムやキャラメルのような粘着性の強いものを噛んでしまうと取れてしまいます。また、取れた時に間違ってて壊してしまったり、飲んでしまうこともありますので、仮歯の間は粘着性の物を噛まないようにします。

1-3.治療中の歯はもろい

治療中の歯は細い部分が残っていたり、補強されていないため歯がもろくなっていたりします。治療中の歯に強い力が加わってしまうと歯自体が欠けたり、割れてしまうことがあります。その場合型取りのやり直しや完全に割れてしまうと抜歯をしなくてはいけないこともあります。そのため治療中の歯では絶対噛まないようにしてください。

1-4.根の治療中の仮詰

根の治療中の仮詰は根の中に唾液の細菌が入らないようにするものです。治療のたびに取り替えるため、強度は弱く、縁の部分が取れることもあります。上の部分が多少欠けたり、取れたりしても問題はありませんが、仮詰が全て取れてしまった場合は歯医者に連絡して詰め直してもらうようにしてください。

1-5.仮歯は長くは使えない

仮歯は強度が弱かったり、劣化やすり減りが早かったり長く使うことを想定していないため、仮歯のままにしておくと噛み合わせが変わってしまったり、すき間から虫歯になることがあります。しっかり作られた仮歯は長期間取ないこともありますが、仮歯の中では虫歯が進行している場合もあるのです。

1-6.デンタルフロスは横から抜く

DSC_0761.jpgフロス (4)歯茎の腫れを取るための仮歯が入っている時には歯ブラシや、デンタルフロスを行ってください。歯茎が引き締まり、被せ物の精度が高くなります。しかし、デンタルフロスを上に引き抜いてしまうと仮歯が取れてしまうために、入れて横に引き抜くように使ってください。

2.仮歯が取れた時の対処法

2-1.ポロッと取れてしまったら

仮歯が取れてしまったら壊れないように容器に入れ、歯医者に連絡し、付けてもらうようにしてください。無くしてしまうと再度作り直さないといけない場合もあります。ただし、前歯などどうしてもないと困ってしまう場合は自分でそっと戻してみてください。接着剤などでは付けずにただ戻して歯医者にすぐ行くようにしてください。詳しくは「歯の詰め物が取れた時、歯医者に行くまでにやってはいけない3つの事」を参考にしてください。

2-2.仮歯が欠けたり、割れてしまったら

部分的に欠けたり、割れてしまった場合は破片すべてを歯医者に持っていくようにしてください。仮歯は修理しやすい材料のため破片を使うことが出来ます。

2-3.食事中に間違って飲み込んでしまったら

間違って飲み込んでしまった場合、ほとんどはお尻から出てきます。心配な方は内科を受診するようにしてください。ただ飲み込んだ後咳が止まらない場合は気管に入っている場合もあるのでその場合取り除く必要があります。

3.仮歯が必要な理由

3-1.噛み合わせが変わらないようにするため

仮歯が無いと前後の歯や噛み合う歯が動いてしまい、精密な治療の際、型取りした時の歯の位置と変わってしまうために仮歯を入れておく必要があります。出来上がった被せものがぴったり合うように仮歯を入れておきます。

3-2.歯が汚れないようにするため

di030211お口の中には常に細菌が多く存在します。仮歯によって歯の表面に細菌が着くことを防ぐことができます。細菌によって汚染された歯は被せものを付けるときに接着力が落ち、虫歯になりやすかったり、取れやすくなったりしてしまいます。

3-3.歯茎の位置を整えるため

仮歯によって歯茎の形を変えることができます。仮歯の厚みや形態によって歯茎を周りとなじむような形に整え、最終的な被せものが歯茎にぴったり合う様に形を整えます。被せたら根元が黒く見えてしまうなどの失敗を減らすためにも重要です。

3-4.歯茎の腫れを引かせるため

歯茎に合っていない被せものが入っていると、周りの歯茎が腫れています。歯茎に合わせた仮歯を入れることによって汚れが溜まりにくくなり歯茎の腫れが改善します。腫れたままの状態で型取りをしてもまた合わない被せものが出来てしまい再治療の原因となります。

3-5.被せものの最終形態を確認するため

仮歯を入れることによって最終的に出来上がる被せものの大きさや形、発音、唇のあたり具合、色、噛み合わせの状態などをあらかじめ決めることができます。仮歯を使ってみてから担当の歯科医に不具合をいうことによって最終的な被せものに反映させることができます。詳しくは「オールセラミック/美と健康のために」を参考にしてください。

3-6.仮歯によってずれてしまった顎の位置を改善する

長期間噛み合わせのズレが起こっていた場合は仮歯で改善する必要があります。高さや左右のズレを仮歯を調整しながら元の噛み合わせに戻るようにしていきます。

4.仮歯の費用

保険診療内の仮歯は3割負担で500円程度です。前歯などで型取りをした後、見栄えを整えるものです。自費診療の仮歯は3,000円~10,000円程度です。自費診療の場合、審美性、精度、色、形など決定する際とても重要なものとなります。そのため仮歯の調整を何度も行うこともあり、最終的なかみ合わせや形を調整していきます。

まとめ

仮歯はとても繊細です。取れなくてはいけないし、取れてもいけない。このような仮歯ですので最終的な被せものができるまでは注意をして扱ってあげてください。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です