超音波歯ブラシ本当はソニッケアーだけ!

電動歯ブラシの種類の中の一つ超音波歯ブラシ。実は、超音波を出している歯ブラシは厳密に言うとソニッケアーだけだってご存じでしたか?歯科器材を扱う業者さんから聞いた電動歯ブラシの内部事情と超音波電動歯ブラシの効果と歯医者さんがソニッケアーを選ぶ理由をお話しします。

1.超音波歯ブラシと音波歯ブラシの違い

超音波歯ブラシと音波歯ブラシの違いは、ブラシのヘッドと呼ばれる場所から超音波が出ているかどうかです。超音波とは通常人には聞こえない領域のヘルツで160万Hz〜200万Hzのことを言います。この超音波がブラシのヘッドから出ることによって歯垢(プラーク)を落とすだけではなく細菌を破壊してくれるのです。そして、その超音波により振動しただ液で水流が発生して歯と歯の間の歯垢も流してくれるのです。一方、音波歯ブラシは200Hz〜300Hzの音波しか出ていないのでその差は一目瞭然でしょう。

so2.歯科関係者が自腹を切ってまで購入するソニッケアー

歯医者さんがおススメする電動歯ブラシ!とよく耳にするようになりました。実際のところ歯科業界にはスポンサーのついている衛生士さんや歯科医師がいたりします。全てがそうだとは言い切れないのですがそういう方がいらっしゃるのも事実です。電動歯ブラシのスポンサーのついている歯科衛生士さんがいます。電動歯ブラシを関係者に配布して歯科関係者のシェアを上げているという話しも聞いたことがあります。

そんな中でも、ソニッケアーは自腹を切ってまで購入をする歯科医師・衛生士が8割を占めています。実際に歯科のクリーニングの時に使用している歯科さえあるくらいです。私自身スポンサーはついていませんが、ソニッケアーの愛用者です。お値段はやはり張りますが、使えば納得していただけるでしょう。

2-1.ソニッケアーだけの独自の効果soni

ソニッケアーの最大の売りは音波水流でしょう。ソニッケアーだけが特許を取得している音波水流。この音波水流が毛先の届きにくい歯と歯の間や奥歯などの歯垢を水流で取り除いてくれるのです。力を加えずに歯垢を取り除いてくれるので歯と歯茎に負担がかからないのです。

2-2.ソニッケアーってそんなにいいの?

HPなどを見るとどの製品も良いことしか書いていないものです。しかし、ソニッケアーは素晴らしい!初めて使用する時は超音波が何だか、くすぐったかったりかゆい感じがします。それが良いのです。音波歯ブラシでは出せない超音波が歯ぐきのマッサージや歯垢を除去してくれているのです。私は以前音波歯ブラシを使用していましたが、故障を機にソニッケアーに買換えました。その使用感は口に入れる前から振動の違いで分かりました。音波歯ブラシと超音波歯ブラシがここまで違うのかと驚きました。みなさんも是非家電量販店でその振動の違いを感じてください。

2-3.細菌を破壊!歯周病の炎症も改善できる?!

海外も含め国内外の論文でソニッケアーは歯周病の炎症を改善することが証明されています。健康な歯ぐきからはブラッシングなどで出血することはありません。歯周病の原因は磨き残した歯垢です。歯垢は4日で歯石に変わり歯周病を進行させます。ソニッケアーの何が良いかというとこの歯石に変わる歯垢(プラーク)には何億という細菌がいてその細菌を破壊してくれるのがこのソニッケアーだけなのです。

まとめ

超音波歯ブラシにはいろいろな種類があると思っていた方もたくさんいらっしゃると思います。私自身そうでした。超音波歯ブラシがソニッケアーだけだと聞いて今まで使用していた電動歯ブラシと明らかに違う使用感に納得しました。超音波歯ブラシはただ楽したいから使用するものではないと考えてください。歯ブラシの時間短縮や楽を選ぶだけなら音波ブラシで充分です。超音波歯ブラシは高い。でもそれにはちゃんと理由があります。ちゃんとした使用方法で使用すれば虫歯・歯周病とは無縁の生活が送れるかもしれません。

あなたの歯の悩みを解決します

あなたの歯の悩みを解決

ひとりで悩んでいませんか?


・歯医者で抜歯と言われたが、本当に歯を抜かなければならないのか

・歯の根の治療をしているが、いつまでも終わらないので不安

・治療してもらったが、痛みや違和感がなくならない


おかざき歯科クリニックでは、まず自分の歯の状態を知っていただいた上で、最新の治療法や保険の適用まで詳しく説明します。一人一人に合った専門性の高い治療を提供しています。
20年後、30年後も自分の歯で美味しく食事をしていただくための治療法や予防法をあなたと一緒に考えていくクリニックです。


虫歯治療の流れを見る

歯茎下がりは歯周病の始まり

歯周病治療

歯茎が下がると歯がしみやすくなります。あなたは大丈夫でしょうか?


これが歯周病の始まりなのです。


歯周病は虫歯と違って、重度になるまで痛みなどの自覚症状がないため、気付いたら歯が抜ける寸前だったということも少なくありません。歯を支える骨が溶けて、最悪歯を残すことが難しくなるケースもあります。


これから20年、30年、生涯にわたって自分の歯で過ごすためには、今が大切です。 ひどくなってしまう前に、いちど検診を受けることをおすすめします。



歯周病治療の流れを見る

歯のブログを書く私が、本当に信頼している歯医者はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

コメント

  1. まぐまぐ より:

    私もソニッケアーを購入したものです。
    歯ブラシは長期間使用すると細菌が溜まるため、1ヶ月毎に交換したほうがよいと某書で読んだことがあります。
    ただソニッケアーの歯ブラシは、手磨きの歯ブラシに比べて高価なため、1カ月毎の交換はちょっと負担です…。
    そこで歯ブラシ除菌器(歯ブラシ後に、容器内に歯ブラシを入れておき乾燥・除菌をする機械)を使用する事で、歯ブラシの交換頻度を3か月毎などに延長できればなと思っています。
    実際のところ、歯ブラシ除菌器はどの程度効果があるのでしょうか??
    歯ブラシ除菌器を購入するより、歯ブラシの交換頻度を上げた方が、衛生的にはよいのでしょうか。
    お手すきの際にご教示頂ければ幸いです。

    1. 岡崎 弘典 より:

      ソニッケアーをご使用なのですね。
      ソニッケアーの替えブラシは他の商品に比べ高めですよね。気持ちはわかります。
      交換は3ヶ月に一度でもいいのではないでしょうか。
      フィリップスのホームページにも書いてあります。
      http://www.philips.co.jp/c-m-pe/electric-toothbrushes/how-to-use
      除菌器の効果を検証したことがないので、効果がどの程度あるかわかりませんが、
      殺菌作用のある歯磨き粉を使っていて、使い終わってから綺麗に洗って、乾燥させておけば衛生的には
      問題はないと思います。

      1. まぐまぐ より:

        ご返信ありがとうございます。
        あ、フィリップスのサイトにも3か月という記載があったのですね…(笑)
        歯ブラシ除菌器の購入は今は控えようと思いました。
        歯ブラシを3か月毎に交換するようにします。

        普段は歯磨き粉はつけずに磨いているのですが、歯ブラシ自体を殺菌するという意味でも、これからは夜は歯磨き粉をつけて磨こうかと思いました(起床後に磨く時はこれまで通り歯磨き粉をつけずに磨こうと思います、すぐに飲食するので味が変わる感じは避けたいと思っているので)。
        ちなみに洗面台・浴室・トイレが近接しているので、衛生面から、歯ブラシは使用後は勉強机の上で乾燥・充電させています。

        これからも色んな記事を読んで、自分の歯を守っていきたいと思います。

コメントを残す

*