歯列矯正の苦痛から解放される新しい矯正方法!マウスピース矯正:アコルデ歯科医院(新百合ヶ丘駅徒歩1分)

【執筆・監修】岡崎 弘典

おかざき歯科クリニック 院長

あなたは歯のでこぼこや出っ歯を治して綺麗な歯並びにしたいと思っているのではないでしょうか。歯並びを治すには歯列矯正が必要です。しかし、歯列矯正を行うには多くの難関が待っています。

一つ目は歯の表面に付ける見た目の問題です。歯の表面に着くブラケットという矯正装置に抵抗がある方も多いのではないでしょうか。他人に「矯正治療始めたの?」と言われるのも嫌ですよね。

二つ目に痛みの問題です。歯を動かす時に起こる痛みや矯正器具が頬や舌に当たる痛みです。人によっては痛みが我慢できず、矯正治療をやめてしまう方もいます。

三つ目に矯正器具が取れないようにする食事の問題です。矯正器具が取れないようにお肉やお餅などを我慢しなくてはいけません。器具が取れるとその度に歯医者に行ったり、治療が進まずにいつまでも終わらないということが起こります。

このようなストレスを避けたいが歯並びを良くしたい方におすすめなのがマウスピース矯正です。マウスピース矯正は透明なマウスピースを付け替えることによって歯並びを治す方法です。今までの歯列矯正によって起こっていた見た目や痛み、食事などの悩みを全て解消できる矯正治療です。

マウスピース矯正をお考えの方におすすめなのが新百合ヶ丘駅1分にあるアコルデ歯科医院の矯正科です。マウスピース矯正専門なので、安心して治療を行うことができます。

1.マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは透明のマウスピースを付け替えていくことによって歯並びを治す方法です。歯型を取りパソコンに取りこみ、パソコン上で歯の動きをシミュレーションします。歯の動きに合わせたマウスピースを作成し、マウスピースを口の中に装着(20時間以上)しながら、1〜2週間おきに交換しながら歯を動かしていく矯正治療法です。

2.マウスピース矯正がおすすめの方

  • 矯正治療をしていることを人に知られたくない方
  • 歯列矯正をしたいが出来るだけ歯を抜きたくない方
  • 一度矯正をしたが後戻りが起きたが2度とブラケットをつけたくない方
  • 前歯のセラミック治療した部分を外したくない方

3.このような方がマウスピース矯正を選ばれています

【50代女性主婦】歯並びは気になるが、年齢的に矯正をしていることを他の人に知られたくないためマウスピース矯正で治療を行いました。

【40代男性営業】仕事上、前歯に矯正器具をつけることができません。しかし、歯並びが悪いことも仕事に差し支えるためマウスピース矯正で治療を行いました。

【20代女性学生】すきっ歯をダイレクトボンディングで治療しようとしましたが、変色や歯が大きくなることが心配なためマウスピース矯正を上の前歯だけ行いました。

4.どのような歯並びの方がマウスピース矯正で治すことができるか

  • 凸凹の歯並びの方(叢生:そうせい)
  • 八重歯の方
  • 出っ歯の方
  • すきっ歯の方
  • 受け口の方
  • 前歯がかみ合わない方(開口:かいこう)

5.マウスピース矯正のメリット・デメリット(ブラケット矯正との比較)

5−1.マウスピース矯正のメリット

  1. ・弱い力で歯を徐々に動かすために痛みが少ないです。(ブラケット矯正は月に一度、ワイヤーに力を加えるため、一時的に痛みが強くなります。)
  2. ・マウスピースは食事の時に外せますので、食事の制限はありません。(ブラケット矯正は歯の表面に器具を接着剤で付けています。食事の時に注意しないと取れてしまい、治療期間が延びてしまうことがあります。)
  3. ・歯磨きの時にマウスピースを外せるため口の中を清潔に保てます。(ブラケット矯正は装置の周りに歯垢が残り、虫歯のリスクが高まります。)
  4. ・透明なマウスピースを使うため目立たず歯並びを綺麗にできます。(ブラケット矯正は歯の表面に器具やワイヤーが目立ちます。)
  5. 歯を抜かない治療の範囲が広くなります。マウスピース矯正は歯を削って隙間を作り、動かす治療が得意です。そのためブラケット矯正より歯を抜かずに治療ができる場合が多くなります。

5−2.マウスピース矯正のデメリット

  1. 90%の歯列矯正には対応できますが、外科的な矯正やズレやねじれが著しい矯正の場合にはマウスピース矯正単独では治すことができない場合があります。
  2. マウスピースを使う使用時間によって矯正の期間や仕上がりが変わってしまいます。マウスピース矯正は装置を自由に外せることがメリットであると同時にデメリットにもなります。20時間以上の装着は絶対の条件になるため自己管理がとても重要になります。
痛み 見た目 違和感 食事の制限 治療できる範囲
マウスピース 少ない 目立たない 少ない ない 90%
ブラケット 人によって強い 目立つ 大きい ある すべて

6.アコルデ歯科医院でのマウスピース矯正の流れと費用

1日目:無料相談

予約を取り、無料相談で自分の歯並びや歯列矯正について相談してみましょう。マウスピース矯正がどのようなもので痛みや期間、費用などについて確認してみてください。相談料は無料です。

アコルデ歯科医院 電話番号 044-952-1555

対象になる方

  • 中学生以上の方(年齢の上限はありません)
  • 現在歯列矯正を行なっている方(矯正装置が付いていても大丈夫です)
  • 歯列矯正をしたが後戻りが起こってしまった方

2日目:矯正検査

口の中の検査を行います。CTレントゲン、口の中や顔の写真、歯型を取ります。これらの検査結果をパソコンでシミュレーションし、どのような歯の動きで治るか分析します。

検査費用:30,000円(消費税別)

3日目:矯正診断(検査後2週間程度)

検査結果の説明を聞きます。パソコン上でシミュレーションされた、歯の動きを見ることができます。マウスピースを交換する枚数や期間などを確認してもらいます。一枚のマウスピースをつける期間は1週間から2週間です。歯の動きやすさによって治療期間は変わることがあります。

診断費用:検査費用に含まれます

3日目か4日目:マウスピースの作成依頼・費用

矯正診断後、契約書しサインしていただき、マウスピースの作成を依頼します。マウスピースの発注後キャンセルはできませんので注意してください。

簡単マウスピース作成費用:600,000円(消費税別)、上下どちらかのみ場合は300,000円(消費税別)

通常マウスピース作成費用:800,000円(消費税別)、上下どちらかのみ場合は400,000円(消費税別)

4日目:マウスピースの引き渡し(作成依頼後10日程度)

出来上がったマウスピースをお渡しします。指示された通りの順番と期間でマウスピースを使うようにしてください。無くしてしまったり、指示通りに使わないと歯並びが治らなかったり、治療期間が延びてしまうことがあります。

5日目:歯の表面にプラスチックの出っ張りをつけます

マウスピースで歯を効率的に動かすために、歯の表面にプラスチックの出っ張りをつけます。プラスチックは歯の色と同じものなので見た目には目立たないものです。定期的に取れていないか確認していきます。

6日目:歯に隙間を作ります

歯に凸凹がある場合には歯に隙間を作って歯並びを改善します。マウスピース矯正は出来るだけ抜歯をせずに、歯並びを改善するために少しだけ歯を削り、その隙間を使って歯を並べます。一つの歯に対して0.5mm以内で歯を削ります。

*4日目から6日目までは場合によっては1日から2日間で行うこともあります。

定期的に歯の動きを確認します

1ヶ月から1.5ヶ月程度で歯の動きやプラスチックが取れていないかなど定期的に確認します。マウスピースがうまく機能していないと歯並びが悪い方向に動いていたり、歯が全然動いていないということが起こる場合があります。マウスピース矯正が早く終わるように歯の動きの確認は大事なことです。

検診費用:5,000円/一回(消費税別)

*確認の時には今使っているマウスピースの3つ前まで持っていくようにします。

治療終盤

治療の終盤にはシミュレーション通りに歯が動いているか確認します。また、自分自身でも納得いく歯並びになっているか確認してもらいます。場合によっては再度マウスピースを作り直し、微調整を行います。

マウスピース再作成費用(1回分):無料

治療終了

納得いく歯並びになったら治療は終了です。治った歯並びが戻らないように噛み合わせを固定する期間に入ります。歯並びを固定する装置には歯の裏側にワイヤーと接着剤で止める装置やマウスピースタイプのもの、ワイヤーとマウスピース両方使うものなどがあります。また、歯の表面に付けたプラスチックを外します。

定期検診

歯を固定したワイアーが取れていないか、歯並びにズレがないかなど定期検診で確認していきます。歯列矯正後の歯並びは後戻りしやすくなります。定期的な検診で大きなズレが起きないようにします。

検診費用:5,000円/一回(消費税別)

7.アコルデ歯科医院の基本情報

【ホームページ】 http://www.acorde-dental.com/wp/
電話番号 044-952-1555
住所 神奈川県麻生区上麻生1-20-1小田急新百合ヶ丘駅ビル5F 新百合ヶ丘駅から徒歩1分

【医療理念】正確な判断と確実な治療を患者様に提供すること

【治療で心がけていること】とにかく患者様のお話を聞くこと、患者様とのコミュニケーションを大切にすること

【院長】永瀬 哲弥(ながせ てつや)

【略歴】1988年3月 城西歯科大学 卒業(現 明海大学歯学部)
                            4月  医療法人社団 共友会
               1990年7月 アコルデ歯科医院開院

【資格】 日本歯科大学臨床研修指導医

まとめ

歯並びを治したいと思っていても今までの矯正治療では踏み切れずにいた方も多いと思います。マススピース矯正はストレスを少なくできる矯正治療です。ぜひあなたもマウスピース矯正で理想の歯並びを手に入れてください。アコルデ歯科医院では将来にわたってあなたの歯が綺麗に維持されることを応援しています。

歯のブログを書く私が、本当に信頼している歯医者はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆・監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*