歯のブログの広告掲載案内と注意点

歯のブログのメディアガイドと広告案内について

歯のブログのメディアガイドと広告案内については下記よりダウンロードしてご参考ください。

スクリーンショット 2016-05-29 21.08.57

媒体資料と広告メニューのダウンロードはこちら

歯のブログ広告掲載事例

実際に広告を掲載頂いている東京の世田谷区にある青葉歯科クリニックの例をご紹介します。

掲載月から新規の患者様が増え、毎月20〜30名の新規の来院を獲得

青葉歯科クリニック様では、バナー広告を掲載した月から新規の患者様の来院が増え、掲載半年が経つ今でも毎月20〜30名の新規の患者様を歯のブログの広告経由から獲得することができています。今までは医院の周辺の患者様に来院頂いていたのですが、現在では他県からも新規の患者様を獲得することができるようになっています。

歯のブログ広告のコンセプト

患者さんの中には自分の歯の悩みを解決してくれる歯医者を探している方が多くいます。広告や口コミサイトではヤラセや歯医者のアピールだけで本当の意味でのおすすめの歯医者を探すことができません。歯のブログでは患者さんに本当におすすめできる歯医者を、歯医者が厳選して患者さんの歯医者選びに役立ててもらうことをコンセプトとしています。

虫歯、インプラントなど様々なキーワードで上位を獲得

歯のブログでは虫歯・歯周病・インプラント・セラミック・親知らずなどの歯に悩んだときに検索するあらゆるキーワードで上位を獲得しています。そのため、歯に悩む患者さんが歯に関する検索をしたときに、常に歯のブログを閲覧しているという状態を作ることができています。日本中の歯に悩む患者さんに歯のブログを参考にして頂いております。

自分でキーワード上位を目指すには費用対効果が悪い

グーグルで上位表示をさせるには記事の質、継続性、スキルが必要となります。不特定多数の多くの方が上位表示を求め記事を作っているため、多くのライバルがいます。記事が上位表示されるには多くの時間と費用がかかります。そのため検索の上位ではなくグーグルの広告として載せることも可能ですが、キーワードによって1クリックいくらと課金制となります。また、広告と検索上位では記事の信用度が異なります。検索上位で信用のついた記事の最後におすすめされることによって広告効果が高まります。

3つのメリット

診療圏を拡大できる

歯科の診療圏は半径500mから1km程度と言われています。しかし、この範囲に自分のクリニックのコンセプトを理解し、通院してくれる患者はもう既に先生方のクリニックに通院しているのではないでしょうか。これから患者を増やそうとすれば診療圏を広げる必要があります。より広い診療圏にする日は多くの人が目にする広告が必要です。しかし、企業が行う広告は1回何百万円単位で行う必要があり、個人が行うには規模が大きすぎます。歯のブログの広告は自分の悩みを調べて、悩みを解決するためのおすすめクリニックとして広告が載せるためにより効果的にクリニックをアピールできます。

自分の得意な治療の患者を集める

グーグル検索から来る患者は一つの悩みを検索し、それを解決してくれる歯医者を探しています。そのため自分の得意な治療を希望する患者さんを集めることができます。また、患者さんにとっても不得意な治療をされるよりも、専門性の高い治療をしてもらう方が幸せです。

保険外診療も増える

保険診療では行うことのできない重症度の高い治療や専門性の高い治療を求めている患者さんも多くいます。今まで保険診療で行っていてうまくいかず、保険外診療でも自分の歯を残したい方や入れ歯を入れたくない方も多くいます。

デメリット

キャンセル率が高い

ネット経由の患者さんは紹介や近隣の患者さんより比較的キャンセル率が高い傾向にあります。無断キャンセルや当日キャンセルされると他の患者さんの迷惑にもなり、アポイント制を取り入れている歯医者では医院経営にも影響を及ぼします。キャンセル料の徴収など対策が必要となります。

相談だけの患者様も来る

治療について悩んでいる患者さんは他の歯科医の意見を聞きたいセカンドオピニオンを希望される方もいます。真摯に対応し、当院で行う場合にはどのような治療法を選択できるかお話しします。

審査をさせてもらいます

歯のブログは全ての歯医者を載せることができるわけではありません。患者さんに有用な情報だけをユーザーに提供するため、歯科医による審査をさせていただきます。

問い合わせはこちらから

歯のブログの広告運用は株式会社ルーシーが代行しております。広告掲載に関するご質問やお問い合わせは下記よりご連絡下さいませ。

ご質問・お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

御社名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お問い合わせ内容