前歯のデコボコを簡単に治す!症例の徹底解説!!

【執筆】青山 健一

YOU矯正歯科(銀座・青山・新宿・池袋・横浜・広島)

日本人は世界各国の人々に比べて歯並びへの意識が低いことは世界各国で話題にあがることが多いようです。特に歯並びが悪い印象としてよく目につくのが「歯のデコボコ」

海外では歯並びが悪いと「自己管理能力が低くメンテナンスができない人」、もしくは「清潔感のない人」と見られ、仕事や恋愛において不利になることが多くなります。親は子どもが仕事や結婚相手に困らないよう、社会人になる前に歯並びを矯正しておくというのが一般的です。

1.部分矯正で前歯のデコボコを治す

1-1 翼状捻転

前歯が左右対称的にハの字のように捻じれている状況です。翼のように見えることから翼状捻転(よくじょうねんてん)という名前がつきました。歯の段差が目立つデコボコの種類のため、歯が出ているようにも見える症例です。割とポピュラーで日本人により多く見られる症例です。
表側ワイヤー期間3~4か月→マウスピース期間3~4か月 合計6~8ヶ月

治療前

治療後

治療前

治療後

 

1-2 クロスバイト

部分的に歯が中へ入ってしまっていることで前歯が影になって見えるので写真を撮った時に「歯がないように見える…」というお悩みも患者様からよく聞くお悩みです。中へ入ってしまっている歯を外へ出して並べることで前から見た印象はグッと変わります。部分的に中に入っている歯があることで犬歯の歯が八重歯のように見える状況も歯の段差をとることで自然と八重歯のような印象も気にならなくなった!という患者様からの喜びのお声も。
表側ワイヤー期間4か月→マウスピース期間3~4か月 合計7~8ヶ月

治療前

治療後

治療前

治療後

1-3 叢生(デコボコ)

前歯があちこち捻じれ、段差が目立つ症例です。矯正治療を終えて「こんなにすぐ治るならもっと早く始めていれば良かった!!」と綺麗な歯並びでニッコリ♪
表側ワイヤー期間4~5か月→マウスピース期間3~4か月 合計7~9か月

治療前

治療後


 

ワイヤー矯正

マウスピース矯正

料金(片顎)

表側25~30万円
裏側45~50万円

45万円~80万円

期間

6~8ヶ月
表側
①3~4ヶ月 ワイヤー
②3~4ヶ月 マウスピース
裏側
①5~7ヶ月 ワイヤー
②3~4ヶ月 マウスピース

 1014か月
マウスピースのみ

銀座青山You矯正歯科 一例

どのような矯正治療の装置をつけるかによって治療期間や、料金が異なります。
治療をはじめる上で「目立ちたくない」「早く終わらせたい」「できるだけ安く!!」それぞれの優先順位があるかと思います。患者様の優先順位に応じて治療方法を選択できるのも、歯科矯正の医療の進歩ですね。目立つ装置しか選択肢がない!なんていう時代はもう終わりました。気軽にカウンセリングを受けてみてください。悩みの解決方法は案外簡単かもしれませんよ。

4.部分矯正の治療の流れ

4−1.部分矯正って何?

部分矯正とは、全部の歯に装置をつける全体矯正とは違い、気になっている前歯だけを治す局所的な矯正治療法です。
部分矯正は歯を動かす範囲が小さいので、多くのケースで約半年程度で済ませることができます。装置は前歯にしかつけないので、全体矯正よりも目立ちにくいことや違和感が少ないことなどで人気です。費用も、全体矯正の1/3~1/2程度で実施できます。

部分矯正のメリットをもっと知りたい→MTMが喜ばれる理由(星野)

4−2.部分矯正はこんな人におすすめ!

□ 全体的な歯並びやかみ合わせではなく、前歯だけが気になる
□ 気になるところだけを、短い期間で終わらせたい
□ 一番安い方法で矯正したい
□ 以前矯正していたが後戻りが気になる
□…

※部分矯正はかみ合わせの治療ではありませんし、元の歯並びによっては全体矯正が適応になる場合もあります。

部分矯正が難しい方
□歯並びの凸凹が重度
□八重歯の突出が大きい
□骨格的に問題がある歯並びやかみ合わせ
□…

部分矯正は、局所的な方法なので適応症が限られる治療法でもあります。まずは矯正のカウンセリングを受けてみましょう。

4−3.実際の治療はどんな風に進んでいくの?

STEP1 ワイヤー治療(3~5か月程度)

※元の歯並びの程度によって期間が変わります。

歯の表面に、歯科用接着剤でブラケットをつけ、形状記憶のワイヤーを通します。形状記憶のワイヤーを歯の凸凹に沿わせて巻くことで、撓んだワイヤーが元の形に戻ろうとする形状記憶の力によって歯が並びます。
月に1回通院でワイヤーを交換します。
ワイヤーである程度歯並びを改善したら、次はSTEP2へ!

ちなみに…
ブラケットやワイヤーの色味はメタル色や白色の目立ちにくいものを選ぶことが可能です。

・メタルブラケット ・メタルワイヤー 

・プラスチックブラケット ・メタルワイヤー

・プラスチックブラケット  ・白色ワイヤー

STEP2 マウスピース治療(3~4か月程度)

マウスピースで、保定へ向けて歯並びの微調節を行います。
マウスピースは無色透明なので見た目のストレスがほぼありません。マウスピースはご自身で着脱していただけるので歯磨きも簡単で清潔に保てます。月に一度の来院でマウスピースを交換します。                 

STEP3 保定(約2~3年)

矯正治療終了後には、リテーナー(無色透透明のマウスピース)を使用し、歯並びが後戻りをするのを防ぐ為の
「保定」期間を設けます。矯正治療における「仕上げ」のような期間です。保定期間中は半年~1年に1回程度来院が必要になります。 

上下マウスピース着用写真です。

STEPSTEP2で使用するマウスピースは同じような素材なので、見え方はほとんど同じで目立ちにくいです.

5.まとめ

いかがでしたでしょか?前歯のデコボコを治す方法をご理解いただけたでしょうか?
以前は矯正治療と言えば、治療費が100万円近くかかり、治療期間も2,3年かかり大変な治療と思われていましたが、今では「早い、安い、簡単」な治療の部分矯正が人気です。
ご興味があれば、矯正相談で詳細をご確認ください。

歯のブログの購読はFacebookが便利です

Twitter・RSSでも購読できます

【執筆】青山 健一

【監修】岡崎 弘典

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
マロ・クリニック研修オールオンフォーインプラント、ポルトガル・リスボン2010年
イナーキ・ガンボレラ研修審美インプラント、スペイン・サンセバスチャン2012年
障がい者歯科一次医療機関
神奈川県摂食・嚥下障害歯科医療相談医
がん歯科医療連携登録医

コメントを残す

*