歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

歯周病を最新技術で治す有楽町デンタルオフィス/歯のブログ推薦

_87A8408

歯周病で歯茎が腫れたり、歯を失ったりして長年悩んできた方も多いのではないでしょうか。歯周病は多くの方が悩んでいる病気ですが、治療をするには難しい病気です。しかし、実は歯周病を専門的に治す歯周病専門医というものがあるのです。有楽町駅近くにある有楽町デンタルオフィスでは歯周病専門医が歯周病に悩む患者さんに最新の設備と技術で対応してくれる歯医者なのです。今回は歯周病を最新技術で治す有楽町デンタルオフィスを歯のブログが推薦する5つの理由をお伝えします。ぜひ、歯周病で悩んでいる方は有楽町デンタルオフィスで相談してみてください。

1.歯周病を最新技術で治す有楽町デンタルオフィスを歯のブログが推薦する5つの理由

1−1.歯を残すための最善の治療をしてくれる

有楽町デンタルオフィスでは出来るだけ歯を保存し、歯を残すために全力で治療に取り組んでいます。もちろんすべての歯を残すことはできませんが、明らかに他の歯医者で治療をするよりも歯を残した治療を行うことができます。

1−2.歯周病の専門医がいる

日本歯周病学会の専門医が院長をしています。日本歯周病学会は日本で歯周病に関して最も権威のある学会です。日本歯周病学会の認定医である院長は歯周病に関してスペシャリストであるという証明です。

1−3.歯周病で溶かされた骨を再生させることができる

歯周病は歯周病菌によって歯を支えている骨を溶かす病気です。歯周病菌によって溶かされた骨を再生させることを歯周組織再生療法と言います。有楽町デンタルオフィスでは歯を抜くことではなく、骨を再生させることに力を入れています。

1−4.CTレントゲンやマイクロスコープなどの最新の設備がある

歯周病を治すには技術だけでなく、設備も必要になります。歯周病の状態を診断するための3次元CTレントゲンや、目では見えない部分を確認しながら治療を行うマイクロスコープなど最先端の設備が有楽町デンタルオフィスにはあります。

1−5.多くの専門医が在籍している

歯周病を治すには歯周病の専門医だけでなく、根管治療や歯列矯正などの他の技術も必要となります。有楽町デンタルオフィスではそれらの治療の専門医が在籍し、高度な専門医療を提供しています。

2.その他の診療科目

2−1.高い技術に裏付けされたインプラント

インプラントは歯を失った部分の骨に人工の根(インプラント)を入れて新たな歯をつくる治療法です。しかし、インプラントも歯周病になってしまうこともあるのです。有楽町デンタルオフィスでは日本口腔インプラント学会の専門医が、高い技術でインプラント治療を行い、歯周病にならないように専門的なケアでインプラントを長く機能させることができます。

2−2.機能も兼ね備えた審美歯科

セラミックなどの審美歯科は歯の形や色だけでなく、歯茎の位置や噛み合わせの状態が重要になります。有楽町デンタルオフィスではただ綺麗になるだけでなく、噛むことを重視し、見た目にも機能的にも美しい審美治療を行っています。

2−3.噛み合わせを重視した歯列矯正

歯並びは若い時には大きな問題とならないことが多いのですが、30代以上になると歯周病に悪い影響を与えます。そのため歯周病治療において歯列矯正は重要な治療です。有楽町デンタルオフィスでは歯茎にダメージを与えず、バランスのとれた噛み合わせを得られるための歯列矯正を行っています。

3.有楽町デンタルオフィス基本情報

_87A8408

[HP] http://www.yurakucho.or.jp/
[住所] 〒100−0006 東京都千代田区有楽町1−7−1有楽町電気ビルヂング北館3F304区
[電話番号] 03−3287−3666
[交通手段]
・有楽町駅より徒歩1分
・日比谷駅より徒歩2分
・地下鉄 有楽町線・地下鉄 日比谷線・地下鉄 三田線・地下鉄 千代田線より直結

[診療時間]
月~金 09:30〜13:00/14:30~19:00

院長経歴

顔写真 (1)

・歯学博士 片山 明彦(かたやま あきひこ)
・日本歯周病学会専門医・指導医
・日本臨床歯周病学会認定医
・日本口腔インプラント学会 認定専門医
・慶應義塾大学病院医学部歯科口腔外科学教室 非常勤講師
・東京歯科大学水道橋病院 臨床講師
・厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導歯科医

まとめ

歯周病の治療は多くの歯医者で行われていますが、溶けた骨を再生させるには高い技術が必要です。有楽町デンタルオフィスでは状態の悪い歯周病を見逃さず、歯周病が進行してから抜歯をするのではなく、できるだけ歯を残すための再生に力を入れています。ぜひ、歯周病で悩んでいる方は有楽町デンタルオフィスで一度、相談してみてはいかがでしょうか。

歯のブログの購読はFacebookが便利です