歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

横浜市妊婦歯科検診の無料受診方法/おかざき歯科クリニック

妊娠するとお母さんのお口の中はホルモンのバランスによって変化を起こします。歯茎が腫れやすくなったり、虫歯が出来やすくなります。妊娠をきっかけに歯周病や虫歯によって、将来歯を失う方が多くいます。またお母さんのお口の環境は胎児や生まれてくる子供に影響を与えます。そのため、横浜市では妊娠期間中に1回、無料で歯科検診を受ける制度があります。今回は受診方法をお伝えしますので参考にしてください。

1.妊娠して変わるお口の環境

1-1.虫歯が出来やすくなります

今まで虫歯になったことが無い人も、妊娠すると唾液の量が減ったり、つわりで上手に歯が磨けなかったり、長時間食べ続ける習慣になったりして、虫歯が出来やすい環境になります。

1-2.歯茎が腫れたり出血しやすくなります

妊婦さんの約半数以上は歯茎が腫れたり、出血しやすくなります。妊娠中期頃に一番多いようです。つわりによる歯磨き不足も原因の一つですが、妊娠すると女性ホルモンが増えるため、歯周病の原因菌が増加して歯茎の炎症が起こりやすくなります。

2.横浜市妊婦歯科検診の受診条件

2-1.受診できる方

横浜市に住民登録のある妊婦の方が受診できます。

2-2.受診回数・料金

IMG_0596

妊娠期間中に1回、無料で受診することができます。

2-3.受診時期

出来るだけ妊娠12週~27週頃までに受診してください。早めに受診することによって妊娠期間中に治療を終えることができます。

2-4.必要なもの

母子健康手帳、妊婦歯科健康診査受診券 産婦人科の診察券をお持ちください。受診券は母子健康手帳といっしょに配布されるので、確認してください。

2-5.検診内容

虫歯、歯石、歯茎の炎症のチェック、健康指導を行います。

2-6.出来ないこと

レントゲン検査、歯石の除去、歯のクリーニングなどの治療行為は行うことができません。

他の自治体でも同じように検診や妊婦さんへの補助事業がありますので、住民票のある自治体へお問い合わせください。

3.横浜市妊婦歯科検診の流れ/おかざき歯科クリニックの場合

3-1.電話で横浜市妊婦歯科検診のお約束をお取りください

横浜市で行っている妊婦歯科検診を希望される方は、お電話(おかざき歯科クリニック045-828-6480)でお約束をお取り下さい。体調や何か不安なことや質問がありましたらお伝えください。検診時間は30分程度を予定しております。問診票等の記入がありますので、お約束の15分前までにご来院ください。

横浜市妊婦歯科健診実施医療機関の登録をしている歯科医院では無料で検診を受けることができます。HPなどで確認の上、受診してください。

3-2.受付に母子健康手帳、妊婦歯科健康診査受診券を渡してください

IMG_0095妊婦歯科健康診査券がないと検診は自費診療となります。また、保険証や産婦人科の診察券があれば検診中、体調不良になった時に産婦人科に連絡を取り、すぐに対応ができます。

3-3.問診票を記入していただきます

問診票にはご自身で現在気になるところがあれば記入してください。また、お体のことお薬のことは出来るだけ詳しく記入してください。現在、妊娠何ヶ月かもご記入をお願いします。

3-4.お話しを伺います

本日の体調や問診票に記入して頂いた内容を見ながらさらに詳しくお話しを伺います。今までの歯科の通院歴や歯磨きの状況などを中心にお話しを聞かせて頂きます。妊婦歯科検診でどのようなことを診させていただくか、本日行う内容も詳しく説明します。

3-5.お口の中を確認します

虫歯があるか、治療の必要があるのか確認します。DSC_0365

 

歯石が付いていないか確認します。

00000077

 

歯茎が腫れていないか、歯垢が多く付いていないか確認します。

DSC_0032

注意:横浜市妊婦歯科検診ではお口の中の写真、レントゲンは撮れないため、目で見てわかる範囲の状況を説明させて頂きます。歯と歯の間の虫歯や、歯周病の進行状態などはレントゲン等の検査が必要です。

3-6.改善方法をお話します

お口の中の健康を改善する方法をアドバイスさせて頂きます。虫歯治療、歯周病治療が必要かどうかの判断をいたします。また、お口の中の環境を改善する為、自宅でできる歯磨きやデンタルフロスの使い方など説明いたします。

3-7.歯科医師の確認

歯科医師による検査項目のチェックを行います。

__ 2 (2)

3-8.治療の希望があれば次回の予約をお取りします

ご希望があれば次回のご予約をお取り下さい。当院では、予約制を取っています。妊婦さんの負担がかからない様に待ち時間を少なくしたいと考えています。お口の中の健康を維持する為に歯石除去や虫歯の治療などを行っております。

参考記事
妊婦に歯科検診をお勧めする4つの理由

4.始めから歯石の除去やレントゲンなどの検査を行いたい方

横浜市妊婦歯科検診を行ってしまうとその日は検診のみで終わりとなります。定期的に定期検診を受けられている方や、その日にクリーニングを希望される方は、妊婦健診ではなく、通常の定期検診やクリーニングのアポイントを取ったほうが、来院が1回で済みます。

5.妊娠中の歯科治療

5-1.虫歯の治療

妊娠中でも虫歯の治療はでき、一般の方と同じように治療をしていきます。レントゲンを撮り、診断をして、痛みがあれば麻酔をし、しっかりと治療をします。応急的な処置をして後でやり直すよりも、今のうちにしっかりとした治療をします。

5-2.歯周病の治療

妊娠中は女性ホルモンが増えるため歯茎からの出血が多くなり、歯周病が悪化しやすい時期です。歯石や出血をそのままにすると歯周病が悪化し、年齢が若いうちに歯が揺れてきたり、抜けてしまうことがあります。妊娠中でも歯周病の治療はしっかり行っておく必要があります。

参考記事
妊婦中に歯医者で出来る歯科治療と避けた方がいい治療

6.胎児や生まれてくる赤ちゃんへの影響

6-1.妊娠中の歯周病菌がお腹の赤ちゃんに感染します

赤ちゃんのいる子宮には、妊娠中のママからたくさんの血液が入りこんでいます。そのため妊娠中のママに感染があると胎盤を通しておなかの赤ちゃんに感染することがあります。

6-2.重い歯周病は早産の原因になります

重い歯周病になると、歯茎で起こった炎症性の物質が血液を通して徐々に全身に広がります。そうすると子宮を収縮する物質の分泌がうながされ、本来の出産予定日よりも前に子宮収縮を引き起こしてしまい早産になると言われています。歯周病のママが早産になるリスクは歯周病でない人の7.5倍とも言われており、この数字は早産の他の原因であるタバコやアルコール、高齢出産などに比較して、はるかに高い数字です。 

6-3.出産後、虫歯菌は感染する

虫歯は細菌が感染して起こる病気ですが、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌はほとんどいません。ではどこから虫歯菌はやってくるのでしょうか?それは多くの場合、育児をするママのお口の中にいる虫歯菌が、赤ちゃんと同じ食器やコップ、お箸を使うことで感染してしまいます。

参考記事
歯医者がアドバイスする  「お腹の赤ちゃんのために妊婦のママが今できること」

お母さんとお腹の赤ちゃんのための歯科検診

横浜市妊婦歯科検診は、お母さんだけではなくこれから生まれてくる赤ちゃんのことまで考えた歯科検診です。現在のお母さんのお口の状況を診させていただき、お口の状況が赤ちゃんにどのように影響するのかなどお話しさせていただきます。安定期に入ってからなるべく早い時期に受診されることをオススメします。これから生まれてくる赤ちゃんにお母さんが今何が出来るのか一緒に考えさせて頂ければと思います。

おかざき歯科クリニックの歯周病治療の手順

歯周病は、自覚症状がないままに悪化してしまいます。


気づいた頃には、重症になってしまっているということもあります。


おかざき歯科クリニックでは、最新で安全な治療方法を行なうことはもちろんのこと、自分の歯で一生涯過ごしてもらえるように、日々のケア方法やクリーニング方法をお伝えして行きます。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です