歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

口臭予防の舌ブラシとその効果的な使い方

shutterstock_171688664

舌の表面に溜まっていて口臭の原因になっているといわれている舌苔(ぜったい)が気になっている方も多いのではないのでしょうか?舌ブラシを使用してスッキリしたいと思いますよね?しかし、使用方法を間違えると舌を傷付けてしまうので注意が必要です。また、舌苔は身体の状態を知るのに必要な情報になります。

1.舌ブラシとは?

舌ブラシとは、舌の表面に溜まった白い苔の様なものを取り除くブラシです。歯ブラシでは、固すぎて舌を傷付けてしまうので舌の掃除には、舌ブラシが必要不可欠になります。

2.オススメのブラシ

口臭予防の目的から舌ブラシが一般的に売られるようになりました。歯科でもオススメしている舌ブラシを何点かご紹介します。歯科専売とされていますが、インターネットなどで購入可能です。

2-1.舌フレッシュ舌ブラシ

歯ブラシの毛先より細い毛先になっています。舌苔の溜まっているといわれる部分にも入っていってくれるので舌の表面を傷つけません。また、ブラシにも幅がありスプーン状になっていて汚れを一気にかき出すことが出来ます。全体も18cmの長めの設計で使いやすいです。

値段 620円+税

zettai_brush2-2.舌苔トル

舌の表面は、カーペット状になっています。そのカーペット状になっている舌の表面を特殊な3枚のフィンが効率よく掃除してくれます。また、フィンの部分は適度な弾力があり、デリケートな舌を傷つけることなく安心して使用できます。更に、固いゴム状の素材で出来ている為使用後のブラシのお手入れも楽にできます。

価格 420円+税

3.舌ブラシの使い方

舌ブラシは、舌に優しい構造にはなっていますが基本的に1日1回以上は使用しないでください。舌ブラシの使用し過ぎは舌の細胞などを傷つけてしまいます。また、力は入れず軽く舌をなぞる程度にしてください。

①舌をできるだけ前に突き出します。

②ブラシを軽く握り、鏡を見ながら舌表面にブラシを当てます。※この時あまり奥までブラシを入れると気持ち悪くなってしまうので注意してください。

③軽い力でゆっくりと前に引き出すようにして数回ブラッシングしてください。

④使用後は、ブラシをキレイに洗浄にして風通しの良いところに保管してください。

参考記事

口臭の元!舌が白い舌苔(ぜったい)ができる9つの原因と取り方

まとめ

口臭の原因になる舌苔は定期的に取り除いてあげるのが良いでしょう。しかし、やりすぎると舌を傷つけてしまう原因にもなりますので注意が必要です。強い力で舌苔を除去しなくても消化機能などが改善すれば正常になります。舌苔にはたくさんの細菌がいますので口臭の原因になる可能性があります。1日1回を上限として効果的に舌苔を取り除いてください。

おかざき歯科クリニックの歯周病治療の手順

歯周病は、自覚症状がないままに悪化してしまいます。


気づいた頃には、重症になってしまっているということもあります。


おかざき歯科クリニックでは、最新で安全な治療方法を行なうことはもちろんのこと、自分の歯で一生涯過ごしてもらえるように、日々のケア方法やクリーニング方法をお伝えして行きます。



詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です