歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

虫歯を発見?歯に見つけた黒い点の3つの原因と治療法

shutterstock_131184746

鏡で歯を見てみると黒い点があり虫歯かと心配される方も多いのではないでしょうか。虫歯は痛みが出てからの治療では大きく歯を削らなくてはいけません。しかし、実は歯の黒い点は虫歯以外にも原因があるのです。じっくり歯を見てみると意外に黒くなっている部分が発見できると思います。ただ、削らなくてはいけない虫歯か、そのままにしていい黒い点なのかは歯医者に行かなくてはわからない場合が多いのです。今回は歯に見つけた黒い点の3つの原因と治療法についてお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

1.歯に見つけた黒い点の3つの原因と治療法

1−1.歯についた着色(ステイン)

歯の表面には凹みや溝などがあり、着色がつきやすい部分があります。自分で鏡を見てみると虫歯のような黒い点に見えることがあります。コーヒー、紅茶、タバコなど着色がつきやすいものを好む方に多く見られます。着色自体は悪いものではないのでそのままにしていても問題はありませんが、虫歯との鑑別が必要です。

治療法

溝などに入り込んだ着色は歯医者でクリーニングをしても落とすことはできません。歯のホワイトニングを行うことで綺麗にすることができます。しかし、タバコなどをやめない限りはすぐについてしまいます。詳しくは「ホームホワイトニングの6の秘訣」を参考にしてください。

1−2.初期虫歯が硬くなったもの

歯の噛む面の溝や歯と歯茎の境目あたりにできる黒い点は初期虫歯が慢性化して硬くなっている場合があります。歯は常に歯が溶ける脱灰(だっかい)と溶けた歯を治す再石灰化(さいせっかいか)が繰り返されています。脱灰が進み虫歯が進行してしまったが、再度口の中の環境が改善され、初期の虫歯が硬くなると黒い点に見えます。

shutterstock_130972454

治療法

虫歯がせっかく自然治癒しているので、虫歯ができない口の中の環境を作ることでそのまま経過を観察します。歯を削り人工のものを詰めれば、必ず劣化し再治療を繰り返しているうちに歯の寿命が短くなります。虫歯予防を徹底し、進行を抑えます。その虫歯が進行性の虫歯に変わったときに歯を削ります。詳しくは「これって虫歯?削らない初期虫歯とキレイに治す虫歯治療」を参考にしてください。

1−3.小さな穴から広がっている虫歯

歯の表面に小さな黒い点にしか見えなくても、入り口は小さく歯の中で大きな虫歯になっていることがあります。特に生えたての永久歯は大人の方に比べ歯が柔らかく、虫歯の進行が早くなります。

治療法

歯を削る治療が必要になります。歯の中で広く広がっていることもあるのでできるだけ歯の神経を残すようにします。歯の神経を失うと極端に歯の寿命は短くなります。詳しくは「歯の白い詰め物の治療/写真でわかるコンポジットレジンの治療手順」を参考にしてください。

2.歯の黒い点の検査法

2−1.レーザー光で虫歯の深さを測るダイアグノデント

虫歯が浅い場合、レントゲンでは確認できないこともあります。しかし、歯には黒い点があり、削るべきか残すべきか判断に迷います。こんなときはレーザー光で虫歯の深さを測るダイアグノデントという機械を使います。ダイアグノデントは初期虫歯を数字で表すため歯を削るかどうかの判断に役に立ちます。しかし、数値が高いからといって全ての歯を削るわけではありません。レントゲン等の全ての検査結果を総合判断して虫歯治療を行うかどうかを判断します。

pmtc11

2−2.歯のレントゲン

歯のレントゲンはある程度進行した虫歯の深さを確認するのに有効な検査です。歯の黒い点から虫歯が広がっている場合もあり、歯の神経などの位置関係などを確認します。歯医者で撮影するレントゲンには種類があり、大きなレントゲンのパノラマレントゲンでは大きな虫歯や神経が死んでいないかを確認し、小さなレントゲンのレンタルレントゲンでは歯と歯の間の虫歯や虫歯の神経までの距離などを確認します。何枚かのレントゲンで総合判断します。

3.歯の黒い点が初期虫歯だった場合の削らない方法

3−1.虫歯が自然治癒するために口の中の環境を変える

初期虫歯ができてしまった原因は口の中が虫歯ができる環境だからです。他の歯も同じような虫歯にならないように、口の中全体の環境を改善していく必要があります。虫歯ができてしまった原因を探るための唾液検査を行い、原因を突き止め、歯が再石灰化しやすい環境をつくります。環境さえ整えば初期の虫歯は進行せずに、そのまま硬くなっていきます。 詳しくは「ホームページからわかる正しい予防歯科の選び方と治療の流れ」を参考にしてください。

3−2.定期的に黒い点を歯医者で観察してもらう

初期の虫歯が進行しているのか止まっているのかは歯医者で確認するしかありません。定期的に歯医者でクリーニングを行い、必要であればレントゲンを撮影して、虫歯が進行していないか確認します。進行していない虫歯であれば削って治療する必要はありません。詳しくは「3ヶ月に一度!歯医者でPMTCを行った方がいい6つの理由と費用や手順」を参考にしてください。

3−3.自宅でフッ素などを使い歯の再石灰化を促す

初期虫歯を最も硬くできる方法は毎日行うフッ素の使用です。フッ素は歯の表面のエナメル質と結びつき、硬い層になります。初期虫歯の部分は柔らかくなっているので、毎日低濃度のフッ素を使うことが初期虫歯を改善する最も効果的な方法です。フッ素はジェルや歯磨き粉、洗口剤のタイプがありますので、自分にあった方法を行ってください。詳しくは「フッ素塗布が虫歯を予防する効果と自宅でできるフッ素の使い方」を参考にしてください。

まとめ

歯にできた黒い点は進行している虫歯の場合もありますし、削らないでいい場合もあります。しかし、歯を一度削ってしまうと一生涯、治療を繰り返さなくてはいけなくなります。ここで削るかどうかは歯の寿命を左右してしまうのです。ただし、大きな虫歯を見逃してしまえば、神経が死んでしまうこともあります。ぜひ、定期的にかかりつけの歯医者で観察しながら、治療を行うようにしてください。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です