歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

あなただけではない!歯がボロボロで歯医者に行けなかった方の治療法

shutterstock_156696989

虫歯で歯が欠けたり、歯周病で歯が抜けたりしてしまったが歯医者に行くタイミングを逃してしまい、気が付いたら歯がボロボロになって、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。ボロボロになってしまった歯を歯医者で見せなくてはならないので、行くのにも勇気がいりますよね。そのままにすればより悪化してしまいます。今回は歯がボロボロになってしまった方の治療法をお伝えします。ぜひ、勇気を出して歯医者に行ってみてください。

1.3つの治療例

1−1.前歯がボロボロになってきた

前歯の虫歯の進行によって歯がボロボロになってきました。口の中の環境を改善し、虫歯の部分を取り除き、治療を行っています。

治療はコンポジットレジンというプラスチックの材料で保険診療内で行いました。コンポジットレジンは変色しやすい材料です。将来的にはセラミック治療をおすすめします。詳しくは「一日で白く治せるコンポジットレジン/虫歯も欠けてしまった歯もその日のうちに元通り!」を参考にしてください。

1−2.前歯が欠けてしまった

歯並びの悪さが原因で前歯が欠けてしまいました。欠けてしまった歯を部分的な矯正治療で前に出し、その他の歯の方向も揃えながら治療を行いました。

前歯だけの部分矯正を行っています。詳しくは「大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間」を参考にしてください。前歯には3本のセラミックで治療を行い、歯の方向をできるだけ改善して治療を行っています。

1−3.歯周病と虫歯で噛むところが無くなってしまった

前歯も奥歯も歯が抜け、歯が折れ、噛む場所がなくなってしまいました。多くの歯を抜歯せざる得ませんが、残せる歯を部分矯正とセラミックにて治療を行っています。下の歯は入れ歯で治療を行っています。

 

根面カリエス

治療後10年近く経ちますが、定期的にメンテナンスを行うことによって、治療以来1本も歯を失っておりません。

2.治療の流れ

2−1.口の中の環境改善

何年も歯医者に通っていないために歯がボロボロになってしまった方が多くいます。まずは口の中の環境を改善するする必要があります。唾液検査を行い口の中の状態を把握し、生活習慣や歯磨きの方法を変え、口の中を清潔な状態に保つ必要があります。詳しくは「ホームページからわかる正しい予防歯科の選び方と治療の流れ」を参考にしてください。

2−2.歯石など汚れを取る

歯石や歯垢がこびりつき歯茎の腫れなどがあると出血などが多くなり治療が困難となります。歯磨き方法の改善や歯石除去を行い、出血や口臭のない環境に口の中を変えていきます。詳しくは「絶対歯石を取ったほうがいい本当の理由」を参考にしてください。

2−3.抜歯か治療かを診断

汚れや歯石を取った段階で残せないほど進行してしまった歯は抜歯が必要です。治療ができない歯を無理に残してもそこから細菌がばらまかれ周りの歯に悪影響が出ます。噛むことができる歯だけを残し治療を行います。

2−4.治療を開始

治療は長期間になることが多くあります。歯がボロボロの方は噛み合わせから改善しなくてはならないことが多く、1、2ヶ月ですぐに治せるものではありません。半年から年単位で治療を行う必要があります。

2−5.元に戻らないようにメンテナンス

費用や期間をかけても元に戻ってしまっては意味がありません。治療した状態を長期的に維持するにはメンテナンスが必要でです。1ヶ月から3ヶ月に一度は歯医者でメンテナンスを行ってください。詳しくは「3ヶ月に一度!歯医者でPMTCを行った方がいい6つの理由と費用や手順」を参考にしてください。

3.治療の際注意すべきこと

3−1.歯医者との信頼関係

多くの歯医者では予約制で治療を行っています。予約の時間は他の患者さんが予約したい時間を断って、時間を割いています。当日や無断でキャンセルをすれば歯医者との信頼関係も崩れます。約束の時間を守り、歯医者との信頼関係を構築しましょう。

3−2.治したい気持ちを維持する

歯の治療を途中で中断してしまうと虫歯が急激に進行してしまいます。場合によっては治療をしなかった方が良かったと思われるほど悪化してしまうことがあります。治したい気持ちを維持し、最後まで治療を継続するようにしてください。

3−3.治した後が重要

治療をすべて終わった後は元に戻らないように維持していく必要があります。歯がボロボロになってしまった原因はいろいろありますが、歯が悪くなった状態を早くに発見できればボロボロとまではいかないはずです。治療後には定期的なメンテナンスを行わなければ元に戻ってしまう可能性があります。

まとめ

歯がボロボロになってから歯医者に行くには勇気が必要です。しかし、いつかは行かなくてはいけないことです。ボロボロの歯がきれいになり、顔や笑顔が変わることは歯医者にとっても幸せなことです。ぜひ、相談できるかかりつけの歯医者を探し、治療だけでなく一生涯のメンテナンスを続けてください。

おかざき歯科クリニックの虫歯治療の特徴

虫歯治療は抜かれるから嫌だと思っていませんか?


または、虫歯の治療は必ず削られるから怖いし行きたくないとお悩みではないでしょうか?


歯は削れば削るほど悪くなっていくものです。


そのため、おかざき歯科クリニックでは、小さな虫歯はできるだけ削らないように治療を行ないます。


詳細はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です