歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

ワンタフトブラシでここを磨く!7つの効果的な使い方

DSC_0545

歯ブラシで歯を磨いているがどうも奥まで磨けなかったり、歯医者の検診ではいつももう少しですねと言われてしまう方も多いのではないでしょうか。このような方におすすめなのがワンタフトブラシという小さな歯ブラシです。タフトブラシやプラウトブラシなど呼び方はいろいろありますが、歯ブラシの先が小さくまとまった1本ブラシのことです。今回はワンタフトブラシの効果的な使い方と使用法、種類をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.ワンタフトブラシとは

ワンタフトブラシとは歯ブラシの形をしていて毛先が一塊になっている歯ブラシのことです。タフトブラシ、プラウトブラシ、インプロなどの商品名がありますが、同じような使い方をします。普通の歯ブラシでは磨きにくい場所をピンポイントで磨くことができます。しかし、ワンタフトブラシで全ての歯を磨くと時間がかかりすぎるので、歯ブラシでは磨きにくいところだけに使うと効果的です。

2.ワンタフトブラシの7つの効果的な使い方

2−1.歯ブラシでは磨きにくい一番奥の歯を磨く

歯の中で一番奥の歯は最も歯周病や虫歯が進行しやすい場所です。しかし、歯ブラシではヘッドの部分が大きすぎて、毛先が奥まで届かず、歯垢が多く残ってしまいます。ワンタフトブラシはヘッドの部分が小さいため、奥歯でも磨くことができ、虫歯や歯周病のリスクが高い部分の歯垢を落とすことができます。

DSC_0541

2−2.親知らずの隙間を磨く

親知らずは横や斜めだったり、歯茎が被っていたり歯垢が残りやすい場所です。ワンタフトブラシで磨くと、斜めになっている隙間や、歯茎に覆われている歯の部分など細かい部分を磨くことができます。詳しくは「親知らずが口臭の原因となる5つのメカニズムと3つの対策法」を参考にしてください。

2−3.ブリッジの下を磨く

ブリッジは歯を失った部分を前後の2本の歯で、3本の歯を橋のようにつなげる治療です。歯を失った部分の周囲は歯ブラシだけでは汚れが残りやすく、ワンタフトブラシで丁寧に歯垢を取り除く必要があります。ブリッジは一つの土台の歯が虫歯になってしまうと、3本分全てやり替えなくてはならなくなります。詳しくは「歯のブリッジとは/治療法、費用、寿命、お手入れ法について」を参考にしてください。

DSC_0544

2−4.インプラントの周りは不可欠

インプラントは歯を失った部分の顎に人工歯根(インプラント)を入れて、歯の根から人工の歯を作る治療法です。自分の歯に比べ、細菌に対する抵抗力が弱いため、丁寧に歯垢を取っていかないと寿命が短くなってしまいます。そのためワンタフトブラシで磨くことによって歯垢をしっかりとることができます。詳しくは「インプラントの寿命を半永久的にするための7つの秘訣」を参考にしてください。

2−5.重なり合っている歯の部分

歯並びが悪く重なり合っている部分は虫歯や歯周病になりやすい部分です。ワンタフトブラシの先を間に入れ込むように磨くことによって多くの歯垢を落とすことができます。ただし、歯と歯がぶつかっている部分にはデンタルフロスで歯垢を落とす必要があります。

2−6.矯正装置の周り

矯正装置の周りはデコボコしており歯垢がとても残りやすい場所です。ワンタフトブラシは矯正装置の隙間の部分に毛先が当たりやすいので矯正治療をされている方はおすすめのブラシです。

2−7.部分入れ歯を使われている方

部分入れ歯のフックがかかっている歯には歯垢が多く残ります。入れ歯を外し、残っている歯の根元の部分をワンタフトブラシで丁寧に磨けば、残っている歯の寿命が長くなります。

3.ワンタフトブラシの使用法

3−1.口の中全体を歯ブラシで磨きます

ワンタフトブラシで歯の全てを磨くと効率が悪く、時間ばかりかかってしまいます。始めに歯ブラシで全体を綺麗に磨いてください。

3−2.歯ブラシが当たらない細かな部分をワンタフトブラシで磨く

ワンタフトブラシを使う部分はとても磨きにくい部分です。鏡を見ながら毛先が磨きたい部分に当たっているか確認しながら磨くようにしてください。

3−3.デンタルフロスや歯間ブラシを使う

口の中全てを歯ブラシとワンタフトブラシだけできれいにできる方は少ないです。その他、歯垢が残っている部分はデンタルフロスや歯間ブラシを使って歯垢を取る必要があります。詳しくは「歯医者は絶対やっている!デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ方法」を参考にしてください。

4.ワンタフトブラシの種類

4−1.歯医者で勧められるプラウト

オーラルケアから発売されているプラウトは三角形のブラシでコシもあり、汚れを取りやすいワンタフトブラシです。歯医者でもよく勧められるブラシで、通販等でも購入可能です。

DSC_0540

4−2.インプラント専用のインプロ

オーラルケアから発売されているインプラント専用のワンタフトブラシです。毛先は平らで非常に柔らかいワンタフトブラシです。通販等で購入可能です。

DSC_0538

4−3.ライオンのデンタルタフト

ライオンのクリニカアドバンテージデンタルタフトは毛先が三角形のワンタフトブラシです。ハンドル部分がストレートに近く、毛先に力が入りやすいブラシです。通販等で購入可能です。

まとめ

ワンタフトブラシは細かなところに届く優れものの歯ブラシです。ワンタフトブラシを使いこなせるようになれば磨き残しはほとんど無くなります。ぜひ、歯ブラシ、デンタルフロスと同様にワンタフトブラシも使ってみてください。

歯のブログの購読はFacebookが便利です