歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

見えない裏側矯正で他人に気づかれず綺麗な歯並びを手に入れる方法/費用と期間

あなたは今、歯並びを治したいけれど矯正器具が目立つのは困ると思っているのではないでしょうか。知り合いに「矯正治療始めたの?」と言われたくないし、いちいち説明するのも面倒ですよね。また、仕事上、矯正器具が見えてしまうと困る方も多いのではないでしょうか。

それでは通常歯の表面につける矯正器具が、歯の裏側に付いていたらどうでしょう。人から見えない矯正器具で、綺麗な歯並びが手に入れられれば最高ですよね。

この治療法を裏側矯正(うらがわきょうせい)や舌側矯正(ぜっそくきょうせい)と言います。裏側矯正は矯正器具を裏側に付け、歯を動かすため、他人から分からず、精度の高い歯列矯正治療を行うことができます。

今回は裏側矯正のメリット・デメリット、自分にあった矯正方法の選び方についてお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.裏側矯正のメリット

1−1.矯正治療をしていることが他人に知られたくない

日本ではまだ大人になってからの矯正治療が珍しがられてしまいます。そのため他人にあれこれ言われたり説明するもの面倒ですよね。裏側矯正は矯正装置が裏側についているので他人に知られず安心して、きれいな歯並びを手に入れることができます。

shutterstock_155143142

1−2.精度の高いきれいな歯並びになる

裏側矯正は歯の1本1本にブラケットという装置をつけます。歯を1本1本動かすことができるため、歯のねじれや傾きをきれいに治すことができます。目立たない矯正治療の方法にマウスピース矯正があります。マウスピース矯正では簡単な治療は行えますが、ねじれが強かったり、しっかりとした噛み合わせまでは改善することができないのです。

shutterstock_155143157

1−3.ほとんどの治療が裏側矯正で行うことができる

裏側矯正では歯を抜かなくてはいけない矯正治療や出っ歯や受け口などほとんどの治療を行うことができます。マウスピース矯正や部分矯正などでは歯を抜いて歯の移動距離が大きくなる場合では行うことができないか、時間が余計にかかってしまいます。裏側矯正で行うことによって他の治療法では難しい治療もきれいに治すことができます。

2.裏側矯正のデメリット

2−1.違和感が強い

裏側矯正の装置はブラケットという矯正器具を歯の裏側に付けます。歯の裏側の空間には舌があるために食事や話す時などブラケットが擦れて違和感が強くなります。裏側矯正の最大のデメリットがここにあります。大きく動く舌側に装置がつくため、人によっては耐えられない方がいます。対応策としてハーフリンガル法を使います。矯正装置が目立つ上の歯だけ、裏側矯正を行い、舌が擦れやすい下の歯には頬側に矯正装置を付ける方法です。

2−2.費用が割高

裏側矯正はすべての歯列矯正医が行える技術ではなく、高度な技術が必要になります。また、通常の矯正治療よりも1回の処置時間が長くなります。そのため費用は通常の矯正治療に比べ1.5倍程度の120万円程度で、1回の処置料が1万円程度になります。

2−3.食事には細心の注意が必要

裏側についた矯正装置が取れないように食事の際は細心の注意が必要になります。矯正装置は歯並びがきれいになった後、取れるようにしっかりと付けてあるわけではありません。銀歯などのように噛むために付けているわけではないので、硬いものが当たったり、歯ブラシなどを強く引っ掛けてしまうと取れてしまいます。矯正装置が取れてしまうとその間は歯が動かないので時間が余計にかかってしまいます。

3.矯正治療方法の選び方

3−1.歯の凸凹は多いが矯正治療を絶対他人にばれたくない方は裏側矯正

他人にばれずに精度の高い治療を希望の方は裏側矯正をお勧めします。歯の表面には矯正装置を絶対つけたくない、しかし、歯列矯正で噛み合わせをきれいに治したい、このような高いモチベーションがある方は矯正装置が裏側に付く違和感も乗り越えられると思います。費用は120万円程度、期間は2、5〜3年程度です。

3−2.すきっ歯や小さな凸凹で絶対他人にばれたくない方はマウスピース矯正

凸凹が少なく、すきっ歯などあまり治療が複雑でなければマウスピース矯正がお勧めです。マウスピース矯正は透明なマウスピースを作り替えながら歯並びを治していきますので、他人にばれる心配がありません。マウスピース矯正は食事か歯磨きなどの時は自分で外すことができます。費用は80万円程度で期間は1〜2年程度です。詳しくは「マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正」を参考にしてください。

shutterstock_100322954

3−3.歯の凸凹が多く矯正装置を目立たなくしたい方は透明ブラケット

一般的な矯正装置のブラケットを透明なものにすることによってあまり目立たなく矯正治療を行うことができます。歯列矯正をしたいけれど銀のものは付けたくない、だけど費用も抑えたいという方にお勧めです。費用は70〜90万円程度、期間は2〜3年程度です。

shutterstock_189260435

3−4.コストを安くきれいな歯並びにしたい方はメタルブラケット

歯列矯正の期間中の見た目は気にならないがきれいに歯並びを治したい方にお勧めなのがメタルブラケットによる歯列矯正です。海外では矯正治療を行うことは当たり前でメタルブラケットでほとんどの人が治療を行っています。費用は60〜80万円程度、期間は2〜3年です。

shutterstock_217123840

3−5.前歯の一部だけを治したい方は部分矯正

部分矯正は気になる前歯の一部だけに矯正器具を付けて治療する方法です。状態によって裏側矯正やマウスピース矯正、透明ブラケット、メタルブラケットのすべての治療法が行えます。費用は5〜80万円程度、期間は3ヶ月〜2年程度と状況によって幅広くなります。詳しくは「前歯だけを矯正する部分矯正/短期間で治す5つの方法と費用」を参考にしてください。

4.矯正治療法の比較

  目立たない 治療範囲 精度 違和感 コスト
裏側矯正 すべて 強い 120万円〜
マウスピース矯正 簡単なもの 少ない 80万〜
透明ブラケット すべて 普通 70万円〜
メタルブラケット すべて 普通 60万円〜
部分矯正 ◎〜X 簡単なもの 少ない 5万円〜

5.治療例写真

新宿の常盤矯正歯科医院より写真提供

5−1.裏側矯正

見た目には歯列矯正をしているようには見えませんが、歯の裏側に矯正装置のブラケットが付いています。

stb00462_0970236

stb00462_0971236

stb00462_0972236

5−2.下の歯だけ透明ブラケットを使っているハーフリンガル

下の歯は舌があり違和感が強いため、ブラケット装置を外側に付けています。

kurz7th00620_9274236

kurz7th00620_9276236

まとめ

歯並びを治したいけれど、大人になってからの歯列矯正は周りの目が気になり、なかなか踏み出せませんよね。しかし、歯並びを治すことは噛み合わせや歯周病、虫歯を悪化させないためにとてもいいことです。自分にあった歯列矯正の方法で是非、きれいな歯並びを手に入れてください。

歯のブログを書く私が、本当に信頼している歯医者はこちら

歯のブログの購読はFacebookが便利です