歯のブログを書く私が勧める歯医者一覧

あなたに合った歯医者の選び方/7つのタイプの歯医者とおすすめの方

shutterstock_226929574

歯医者に行きたいけれどどんな歯医者に行ったらいいのか迷われている方も多いのではないでしょうか。歯医者がたくさんあって迷いますよね。実は歯医者には多くのタイプがあって、みんな同じではないのです。どんな治療をして欲しいかで、自分にあった歯医者があるのです。自分のタイプとは違った歯医者に行ってしまうと、自分が思っていたこととは違う治療から始まったり、歯医者にとってもやりにくい場合もあるのです。そのため自分に合わなかった歯医者に行った方が口コミサイトなどで発言をしてしまうのです。今回は歯医者の7つのタイプとおすすめの方をご紹介します。ただし、多くは筆者の私見ですので全てが当てはまるわけではありません。参考程度に留めておいてください。

1.7つのタイプの歯医者とおすすめな方

1−1.虫歯を作らないようにする予防中心の歯医者

こんな方におすすめ

  • 虫歯ができないように丁寧に磨いていたつもりだったけど、鏡で見たら歯に黒い部分を見つけた
  • 虫歯ができてしまったがこれからは虫歯を作りたくない
  • 歯医者に行ったら虫歯と言われたができるだけ歯を削りたくない

予防中心の歯医者の特徴

将来にわたって自分の歯で食事をしたい方におすすめです。毎日の歯磨きと、定期的な歯医者でのメンテナンスを行い、できるだけ歯を大切にしたいと思っている方に合う歯医者です。

予防中心の歯医者の特徴はできるだけ歯を削らないようにしていることです。虫歯のできない環境作りをして、小さな虫歯は削らず、進行性の虫歯だけを治療します。口の中の検査項目も多く、レントゲンや写真、唾液の検査をして、口の中を管理していきます。定期的なメンテナンスを行い、虫歯ができてからの治療ではなく、できないように予防をしていきます。詳しくは「ホームページからわかる正しい予防歯科の選び方と治療の流れ」を参考にしてください。

5B6A1334

注意点

予防的な歯医者では口の中の環境づくりから治療が始まります。そのため検査や項目も多く、歯石取りなどにも多くの時間がかかり、痛い時や取れた時だけしか歯医者に行かない方にはおすすめできません。

1−2.すぐに削って詰めてくれる歯医者

こんな方におすすめ

  • 金属が取れてしまったのでその部分だけすぐに治療してほしい
  • 歯医者は行きたくないので痛みだけ取ってほしい
  • 仕事が忙しいので早く治療してほしい

すぐに削ってくれる歯医者の特徴

忙しく歯に何かあった時にしか歯医者に行けない方におすすめです。日曜診療や比較的時間も遅くまでやっている歯医者が多いために通いやすい歯医者です。

歯が取れたり欠けたりした時、歯医者に行けばすぐに削って詰めてくれたりしてくれる歯医者です。症状がある部分だけを治療してくれるので早く治療が終わります。

shutterstock_123309112

注意点

すぐに治療をしてくれる反面、高い精度の治療を求めている方はおすすめできません。比較的若い先生が多くいる歯医者で担当医制ではなく、来院した順番に治療を進めていくことがあります。

1−3.地域に密着した歯医者

こんな方におすすめ

  • いつもの歯医者で安心して治療を受けたい
  • 近くの歯医者に行きたい
  • 家族から紹介された

地域密着の歯医者の特徴

歯医者を変えたくない方におすすめです。小さい時から通っていると安心感があるものです。歯に何かあった時にはそこに行くと決めている方も多いです。

両親や小さい頃から通っている方が多く、自分の家族構成や人の体のことをわかってくれるので、安心して治療が行えます。最新の機材が揃っているわけではありませんが、親身になって相談に乗ってくれるのが特徴です。

shutterstock_26591773

注意点

最新の治療器具は少なく、以前から行われている治療を続けています。高度の治療や最新の治療が必要な場合は紹介をしてもらってください。

1−4.矯正歯科や小児歯科などの専門的な歯医者

こんな方におすすめ

  • 子供の治療は専門的な治療を受けさせたい
  • 子供の虫歯は多いがうまく治療ができないので小児歯科で治療させたい
  • 子供に虫歯治療の恐怖心を与えたくない

矯正歯科など専門的な歯医者の特徴

専門性の高い診療を受けたい人におすすめです。虫歯や歯のメンテナンスはかかりつけの歯医者で行い、専門的な治療は矯正専門医などで行います。

歯列矯正は虫歯などの治療と違い専門性の高い治療です。また、子供の治療なども大人の治療とは違い専門性が高くなります。そのため専門医として行っている歯医者が多くいます。詳しくは「子供の歯並びを治す!矯正治療の事例と適切なタイミング」を参考にしてください。

shutterstock_178288754

注意点

矯正などの専門医の場合は専門以外の虫歯治療などは行わないところが多いため、かかりつけの歯医者で行う必要があります。また、小児歯科専門医では審美的なセラミックなどの治療などはあまり行ったことがない場合が多いです。

1−5.通常の歯医者では治せない歯の根や歯茎の専門医

こんな方におすすめ

  • 近くの歯医者で歯の根の治療をしているがいつまでたっても終わらない
  • 歯茎下がりが気になるがかかりつけの歯医者では治療ができないと言われた
  • 歯周病で溶けた骨を再生させたい

歯の根や歯茎の専門医の特徴

かかりつけの歯医者でいつまでも治らない歯の根の治療や、歯茎下がりを再生したい場合などに高度な治療を求めている方におすすめです。

歯の根の治療や歯茎下がりなどかかりつけの歯医者では治らない治療を専門的に行うのが根管治療専門医や歯周病専門医です。歯茎や歯の根の治療は通常は一般的な歯医者でも行っています。しかし、同じ治療でも機材や技術が異なるため難しい治療や成功率は専門医の方が高くなります。詳しくは「根管治療の専門医が行っている最新治療法と一般歯科との治療の違い」を参考にしてください。

shutterstock_120421672

注意点

歯の根の治療や歯茎下がりの治療などは保険診療内では複雑な治療は行うことができません。そのため保険外診療で行うため、費用は高くなります。

1−6.セラミックやインプラントなど専門に行う審美歯科

おすすめの方

  • 銀歯ではなく歯を白くしたい
  • 噛み合わせからしっかり治したい
  • 長期間綺麗な歯を維持したい

審美歯科専門医の特徴

お金が掛かってもいいから歯をしっかり治したい方におすすめです。

 セラミックやインプラントなど審美的な治療を行う専門の歯医者です。歯茎や根の治療なども含め、すべての治療を高度な技術で治療を進めていきます。詳しくは「前歯をオールセラミッククラウンにしたほうがいい7つの理由/費用と期間」を参考にしてください。

shutterstock_129106181

注意点

審美歯科の中にはただ削ってセラミックを被せるような歯医者もあります。精密な治療を行うにはそれなりの費用や時間が必要です。極端に安い費用で治療を行っている歯医者には要注意です。安易に削ってかぶせるのではなく、噛み合わせや土台の治療をしっかりと行ってくれるところを選ぶようにしてください。また、審美性を維持するには事前の準備と治療後のメンテナンスが重要です。

1−7.大学病院などの医療機関

おすすめの方

  • 最先端の治療を受けたい方
  • かかりつけの歯医者では治療が難しいため紹介された方
  • 癌や大きな嚢胞など口腔外科での治療が必要な方

大学病院などの医療期間の特徴

大学病院での診療は紹介状が必要なことが多いです。最先端の治療や専門的な治療を受けたい方におすすめです。

大学病院では歯の治療でも多くの専門分野に分かれています。歯を抜歯する口腔外科、歯周病科、補綴科、予防歯科、矯正科、小児歯科など多くの診療科があります。そのためそれぞれのスペシャリストや経験豊富な教授が指導しているため、一般歯科では治せない特殊な治療を行っています。

図1

注意点

大学病院の治療だからといって全てが最先端ではない場合も多いようです。新しい機材を入れるのにも大きい組織は時間がかかります。また、大学病院は研修の場でもあるため経験豊富なスペシャリストの治療ではなく、若い先生による治療が行われる場合もあります。

2.歯医者のすべてが当てはまるわけではない

すべてのタイプが当てはまるわけではありません。地域密着型歯医者でも大学で診療していたスペシャリストの先生もいれば、海外の学会に定期的に参加している方もいます。また、新しい技術をいつも学んでいる人もいれば、最新の技術を開発している人もいます。その歯医者の実力は外からではわからないのです。今後、歯のブログでは歯医者にしかわからない、歯医者が勧める歯医者をご紹介していく予定です。

3.おかざき歯科クリニックのタイプは予防歯科型+専門+審美型

おかざき歯科クリニックのベースは予防歯科型のため初めに多くの検査を行い、口の中の環境改善を行います。その上でCTレントゲンやマイクロスコープを使い、精密な治療を行います。また、セラミックやインプラント、矯正治療を組み合わせ、噛み合わせを重視した審美的な治療を行っております。治療後は定期的なメンテナンスを行い、できるだけ綺麗な状態を長期間維持できるようにしていきます。

5B6A1433

まとめ

かかりつけの歯医者を決められず、自分にあった歯医者を探している方が多くいます。歯医者がありすぎて選択肢が多すぎるのかもしれません。しかし、歯医者選びで将来自分の口の中の状態が決まるのです。また、自分自身で知識をつけ、治療に臨むことも重要です。皆さんが自分にあったいい歯医者に出会うことをお祈りします。

歯のブログの購読はFacebookが便利です